TATSURO SHIBUYA + ARCHITECTURE LANDSCAPE DESIGN STUDIO

滋味な建築都市の設計に取組んでいます

西根の家が第37回東北建築賞 作品賞を受賞いたしました

2017-06-18 18:03:16 | Prize
このたび「西根の家(山形県長井市)」が日本建築学会の第37回東北建築賞作品賞を受賞いたしました。
白鷹の家につづき2回目の受賞となりました。



西根の家は一見すると平屋寄棟のシンプルな住まいですが、隅木が実は45度じゃないので、つくるのにはとても技術がいります。それを実現できたのは、地方の職人さんたちの優れた技術力があったから。
雪のこと、断熱のこと、窓のこと、木のこと、クライアントのライフスタイルのこと、ひとつひとつを丁寧に紐解き設計させていただきました。
現地審査をふまえ、一貫して取組んでいる雪国の建築のあり方について、その本質的なところを評価いただけたことが嬉しかったです。
クライアントとの素敵な出会いや、施工いただいた優れた技術をもった職人さん達とのご縁に感謝いたします。
ありがとうございました。

http://tohoku.aij.or.jp

審査講評
この住宅は、現代における雪国の農村集落における住宅のあり方をシンプルに体現して いることが評価されました。除雪の負担となっている長い引込み道(序口)を短くし、前面道路と平行に建物を構えることで、伸びやかな屋根の姿が強調されています。外装には 杉板が貼られ、杉材の縁側も軒下の心地よい風景を作り出しています。前面道路からの視界は、盛土によってほどよく遮断されていますが、垂木が表しになった室内からの空間的 な広がりは十分に確保されています。建具の納まりがディテールまでよく検討されている ことも評価されたポイントの 1 つです。加えて、この住宅にはペレットストーブや地元メ ーカーの木製サッシが採用されていますが、冬季の温熱環境やコスト、夏季の風の抜けや開け放たれた窓辺の風景など、適切に考慮されていることも好感が持てました。ストーブ、 木製サッシ、散水消雪システムは、設計者が過去の数々の住宅設計でも試行錯誤しながら採用してきた経緯もありますが、西根の家はその集大成のような位置付けであるようにも感じました。
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 登録建築家になりました | TOP |   
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL