TATSURO SHIBUYA + ARCHITECTURE LANDSCAPE DESIGN STUDIO

滋味な建築都市の設計に取組んでいます

いきなりディテールを考える

2010-06-23 23:53:02 | 地域活動や学会活動などその他の活動
建築を考えるときに、その全体像を考えるのと同時に、「実際にどうやってつくるか」、「実際に何でつくるか」を考えている。

というのも、模型やスケッチ上で成立してしたとしても、実際にそれが実現できなければ、ただの「絵に描いた餅」に過ぎないからだ。(けっして模型やスケッチを否定しているわけではなく、どちらも必要だと思っているが。)


いわゆる詳細図(ディテール)は、設計の終盤もしくは現場で検討するものだが、新しいことをしようとするときには、最初から様々な材料(マテリアル)を集めて検討している。


個人的には建築設計もしくは建築生産の世界でデジタル化がどれだけ進んだとしても、建築は、実際に見たり触れて確かめながら形にしていくアナログなものだと思っている。

二元論をするつもりはないが、ペーパーレスといわれても紙がなくならないように建築も含めたものづくりの世界でも素材感や手わざといったアナログ的なものを大切にしていきたいものだ。

※写真は、壁面緑化時に土の代わりに用いる「パフカル」という均質な保水性能をもつ新素材。
ジャンル:
ウェブログ
Comment   Trackback (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 藤屋からの封書 | TOP | チームでつかんだ勝利 »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
☆クックパッド☆モバれぴ好き~☆ (MAMI’S★BLOG)
クックパッドで作ったレシピや写真、おすすめレシピ