ふるさと加東の歴史再発見

少し気をつけて周囲を見回してみると、身近なところにふるさとの歴史を伝えるものがある。

加東四国第十五番霊場-少分谷の延寿庵

2017年05月17日 04時19分30秒 | Weblog
 

 加東市少分谷の集落に入った辺り、東条花園の向かいにお堂があります。ここが加東四国八十八ヶ所霊場の第十五番、少分谷の延寿庵です。
 入口には立派な石柱が建てられ、「加東四国八十八所第十五番 大日如来 平松山 延寿庵」と刻まれています。石碑には御詠歌も刻まれていました。
 「本尊は大日如来名は延寿 誰か言ひ初めて少分谷とは」
 庵は白壁の美しい建物で、境内は広くないものの美しく保たれていました。そして、なによりも西方に向かって東条川の谷筋の田園と集落が広々と見渡せる景色が素晴らしく感じました。十四番の今寺(西戸)から十六番の貞守の薬師堂への巡拝路にあります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 加東四国霊場第十一番-下鴨... | トップ | 加東四国霊場第二十番-森の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL