ふるさと加東の歴史再発見

少し気をつけて周囲を見回してみると、身近なところにふるさとの歴史を伝えるものがある。

加東四国霊場第七十番-吉井の薬師堂

2017年05月12日 04時56分41秒 | Weblog
 加東市吉井の集落の中、見晴らしのよい所にお堂が建っています。新緑のまぶしい光にお堂の白い壁が目立ちます。
 このお堂は吉井の薬師堂で、堂の前の石碑に刻まれた再建記によれば、平成6年に再建されたとありました。ご本尊は薬師如来。新定の安国寺から小沢の大日堂への順路にあります。
 御詠歌は「此際や悪魔魔民も窺わし 吉井は水に威霊あらばぞ」(このきわや あくままみんも うかがわし よしいはみずに いれいあらばぞ」。吉井という地名の由来は「古昔良水の出づる名井ありしを以て名づけしもの」(『加東郡誌』)とあり、御詠歌にも詠われています。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 加東四国霊場二十一番-天神... | トップ | 加東四国霊場第六十八番-東... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL