ふるさと加東の歴史再発見

少し気をつけて周囲を見回してみると、身近なところにふるさとの歴史を伝えるものがある。

昭和19年-家庭用食料油の配給

2016年09月18日 04時48分37秒 | Weblog
 今日は、昭和19年(1944)1月の家庭用食料油の配給通知を紹介します。この通知は、先日紹介した褌(ふんどし)の引換券を印刷した紙の裏を使ってありました。
 油も紙も貴重な物資だったことが伝わってきます。



 昭和十九年一月二十五日
                   社 町 役 場
社 区長殿

  家庭用食料油割当ノ件

標記ノ件左記ノ通リ配当候条及通知候也

  記

一、配当量   一五九、六合  
                一合券  三一六枚
                二合券  一六〇枚
                三合券  三二〇枚

一、基礎    人口

一、胡麻油   
        一合 二十四銭
        二合 四十九銭
        三合 七十三銭
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昭和17年-家庭用応急米の... | トップ | 昭和18年-生魚(鯖、鯵)... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事