ふるさと加東の歴史再発見

少し気をつけて周囲を見回してみると、身近なところにふるさとの歴史を伝えるものがある。

朝の空-日を浴びるムクドリと関電タワー

2017年06月14日 05時30分35秒 | Weblog
 

 大陸の高気圧に覆われているせいで、朝の空気は透明で、肌寒いぐらい清々しい朝が続いています。
 まぶしい朝の日に社の市街地のランドマークともいえる関電タワーが青い空に向かって立っています。空を見上げると、電線にムクドリがとまり、遠くを見ています。じっと見ていると、頻繁に向きを変えています。朝の日を独り占めにしたいかのように全身に浴びているようです。体が温まるだけではなく、濃い朝日の光には殺菌効果もあるのではないかなどと思ってしまいました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 加東四国第六十七番霊場-小... | トップ | 播州弁の思い出 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL