ふるさと加東の歴史再発見

少し気をつけて周囲を見回してみると、身近なところにふるさとの歴史を伝えるものがある。

加東市の花-コスモスが一面に

2016年10月25日 05時23分06秒 | Weblog
 

 23日(日)、加東市河高地区では恒例のコスモスまつりが行われました。今年は地区の約1.6ヘクタールの田圃にコスモスが植えられ、見事な花を咲かせました。地区の人も今年が最高と話すほど見事なコスモス畑が広がっていました。
 踏切の音とともにJR加古川線の上り電車がやってきました。コスモスと電車を一枚。見渡す限り、という言葉は今年のコスモス畑にピッタリです。加東市の木は桜。そして、花がコスモス。赤、ピンク、白の三色のコスモスの花が秋の心地よい風に一斉に揺れていました。
 11月3日には加東市沢部地区のコスモスまつりが行われます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 加東の秋-朝雲、夕焼け雲 | トップ | 昭和18年-鶉野飛行場工事... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL