ふるさと加東の歴史再発見

少し気をつけて周囲を見回してみると、身近なところにふるさとの歴史を伝えるものがある。

ほぼ満月-東の空に大きな月が光る

2016年10月16日 05時08分56秒 | Weblog
 

           

 15日(土)の夕方、庭の柿を穫って布で磨いていると、表の方で何やら賑やかな会話が聞こえてきました。「大きな月・・・」という言葉が聞こえたので、カメラを持って表に出てみました。
 東の空低く、大きな円い月が出ていました。明日が満月。見た目にはもう満月でした。わが家の前の道はほぼ東西方向に延びており、東の方を臨むと大きなお月さんが光っていました。しばらく「ええ月やなあ」などと話しながら見とれていました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昭和18年-農林用地下足袋... | トップ | 秋の日の播州平野-播磨高野... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL