ふるさと加東の歴史再発見

少し気をつけて周囲を見回してみると、身近なところにふるさとの歴史を伝えるものがある。

加東四国霊場第二十番-森の観音堂

2017年05月19日 05時38分53秒 | Weblog
         

 加東市森の中国自動車道を南北に抜けるボックスの南、ゆるやかなカーブの東側にお堂があります。公民館の向かいで消防団の詰所の隣です。
 このお堂が加東四国八十八ヶ所霊場の第二十番、森の観音堂です。お堂の横には水路があり水が流れていました。お堂の前はきれいに草が刈られ、涼しげな木陰に心が安まるようでした。
 御詠歌は「思う哉誰しも慈悲のみめぐみと森の下かげ雨やどりしつ」です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 加東四国第十五番霊場-少分... | トップ | 加東四国霊場第二十九番-上... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL