ふるさと加東の歴史再発見

少し気をつけて周囲を見回してみると、身近なところにふるさとの歴史を伝えるものがある。

水と光の道-6月の田圃

2017年06月18日 05時20分38秒 | Weblog
 遅れていたわが家の田圃にようやく水が入り、しろかき、田植えへと進み始めました。夕方、帰りに寄ってみると、水路に流れる水が西に傾いた太陽の光を反射して光の道のように光っていました。
 すでに周囲の田圃は田植えが終わっており、その上を心地よい風が渡ってきました。もうすぐわが家の田にも稲が植わる、と思うと何か充実したような気が満ちてきました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« つぼさ池のかっぱの話 | トップ | 加東四国霊場第六十三番-南... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL