ふるさと加東の歴史再発見

少し気をつけて周囲を見回してみると、身近なところにふるさとの歴史を伝えるものがある。

大正14年-佐保神社新嘗祭の案内

2016年11月20日 04時44分08秒 | Weblog
 もうすぐ23日、国民の祝日、勤労感謝の日ですが、この日は戦前は新嘗祭の祭日でした。新嘗祭は、天皇陛下が新穀を神に供え、御自らそれを食するという祭儀です。
 大正14年(1925)、加東市社の佐保神社から区長宛てに新嘗祭の案内が出されています。


拝啓時下晩秋ノ候愈々御清適奉賀候
陳バ来十一月二十三日午前九時三十分当神社ニ
於テ新嘗奉幣祭典執行仕候間何卒御参
列被成下度此段御案内申上候  敬具

 大正十四年十一月十八日

   縣社佐保神社々務所

社町区長殿
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋の朝の月と鳥 | トップ | 43柱の尊名が-のじぎくの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL