ふるさと加東の歴史再発見

少し気をつけて周囲を見回してみると、身近なところにふるさとの歴史を伝えるものがある。

加東市制10周年で太鼓屋台が集合

2016年10月31日 04時47分53秒 | Weblog








 加東市の誕生10周年を記念して、30日(日)、秋のフェスティバルが開催されている市役所広場(南駐車場)に市内7地区から太鼓屋台8台が集合しました。
 各地区で保存され、秋祭りなどに出る太鼓屋台が一箇所に集合するとあって、会場には多くの見物の人が詰めかけました。
 この日集合したのは、高岡、東古瀬、上滝野、新町、上中、社上組、社下組、牧野の8地区の屋台。布団太鼓とよばれる形の太鼓屋台ですが、色や形、飾りなどがそれぞれに違っており、秋晴れの青い空をバックに金や白、赤や黄色の鮮やかな色が光り輝いていました。練りの際に歌われる伊勢音頭も歌詞やリズムが少しずつ違っており、地域の特色がでていました。
 昔はもっと多くの地区に屋台があったそうですが、維持していくのが大変です。しかし、地域の大切な伝統文化、宝である太鼓屋台を保存して次の世代にしっかり継承していこうという思いが高まっています。今日の催しは滅多に見ることのない太鼓屋台の競演となり、担ぐ者も見る者もそうした思いを強く持つ機会となったのではないでしょうか。

 写真(順に) 社上組3枚、高岡、東古瀬、上滝野、新町、上中、社下組、牧野、全景
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昭和18年-特別指定酒配給... | トップ | 昭和19年-空き地利用で食... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL