ふるさと加東の歴史再発見

少し気をつけて周囲を見回してみると、身近なところにふるさとの歴史を伝えるものがある。

五峰の細道と霊場巡り②-参道の句碑

2017年07月31日 05時49分15秒 | Weblog
         

 先日、このブログで紹介した加東市滝野の五峰山の光明寺参道の句碑をさらに紹介します。
 「五峰の細道と霊場巡り」の句碑一覧のパンフレットには、一基ごとに刻まれた句碑の写真が掲げられています。五峰山中腹の駐車場から本堂までの参道に建てられた72基の句碑。すべてをゆっくりと巡ったことはありませんが、こうしてパンフレットでじっくりと読んでみると季節の良い頃にぜひ時間をつくって巡ってみたいと思いました。
 写真は参道にある石に刻まれた役行者像です。今日もいくつか句を紹介します。

 25番 「極楽をしる与志も奈久法師蝉 高芳」
 26番 「年寄りの足を石段脇で待ち 賢次」
 15番 「酒樽もて作りし茶箪笥色さびて 開けば仄かに酒の香にほふ 純子」
 16番 「限りなき空のひろごり雲ありて ゆくはいのちのあるごとくゆく 正司」
 28番 「古戦場五峰の山寺緑映えて 諸行無常と鐘の音ひびく 三郎」
 34番 「我が道 この外になし 杉間光明を浴びて 鶯郎」 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハスのつぼみが大きくなりました | トップ | 加東四国八十八ヶ所霊場祈り... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL