ふるさと加東の歴史再発見

少し気をつけて周囲を見回してみると、身近なところにふるさとの歴史を伝えるものがある。

羽化の場所を探して-14日夕

2017年07月15日 05時46分39秒 | Weblog
 

 14日(金)の夕方、玄関に入ろうとして、ふと動く物が目に入りました。塀の上をクマゼミの幼虫が這っていたのです。のそのそというよりは急いで、といった感じで歩いていきます。しばらく見ていると、門柱の所でよじ登り始めました。毎年、この門柱や塀でも、また、家の壁をよじ登り、さらに軒の下でも羽化する姿を見てきました。この幼虫はどこで始めるかなと楽しみにしていましたが、門柱の上を通り過ぎて、また下り始めました。どこまでも這っていくのです。
 そのうち、用事で家に入っているうちに見失ってしまいました。羽化を見届けたいと思ったのですが残念でした。子供の頃から見続けたセミの羽化。わが子等にもよく見せてきました。そして、還暦を過ぎてもセミの羽化の神秘性は変わりません。不思議ですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10日のクマゼミの羽化-神... | トップ | 第35回平池まつり-総踊り... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL