ふるさと加東の歴史再発見

少し気をつけて周囲を見回してみると、身近なところにふるさとの歴史を伝えるものがある。

秋の日の播州平野-播磨高野五峰山からの展望

2016年10月17日 04時14分12秒 | Weblog
           

           

 16日(日)の朝、9時前に加東市上滝野の体育センターで行われるバレーボールの大会に出席しようと車を走らせ、赤信号で止まったときに、ふと正面に見える五峰山の中腹の駐車場へ行ってみたくなりました。

 天気もよく、秋の日に包まれた播磨平野の景色を眺めてみたくなったのです。登山道をゆっくりと走らせ、駐車場へ上りました。眼前には東、南方向に大きく展望が広がり、三草山から遠く六甲連山が逆光で少しかすんでいましたが見通せました。また、眼下には加東市滝野の市街、その向こうには中国自動車道、国道175号、JR加古川線が見えました。大きく秋の空気を吸い込むと気持ちがぐっと膨らんで満たされました。

 駐車場にはサイクリング自転車でゆっくり回っている人がいました。播磨中央公園も近く秋の北播磨路をこれから走るのかなと思ったりしました。
 秋本番です。この駐車場からの雄大な景色、そして坂をさらに登って播磨高野と称される光明寺の紅葉をを楽しみにお越し下さい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ほぼ満月-東の空に大きな月... | トップ | 加東の秋の空-武家屋敷、鯉... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL