gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本語の誤用

2010-03-01 23:34:17 | 日記
日本語の誤用(にほんごのごよう)では、規範的な日本語(標準語)とは異なる日本語の表現や運用を記す。誤用には、文字、綴り、音韻、形態(語形)、意味、統語など様々なレベルのものがありうるが、ここでは主に形態、意味、統語論上の現象を扱う。誤用は、言語学上の概念ではない。記述的な言語学では母語話者の言語の運用について、正誤の判断をしない。しかしながら、一般的には日本語に正用・誤用があると考えられている。また言語教育の場面では正用・誤用の区別は必要である。誤用が定着した言葉については、日本語の変化を、外来語における本来の意味との乖離については日本語における外国語の誤用を参照されたい。誤った批判専門用語日常的な用語を特殊な分野で特殊な意味に用いて、特殊用語・隠語などと呼ばれる。たとえば、「視野に入れる」を「視野はおのずと目に入ってくるもので、能動的に入れようとするものではない」とか、事業を起こすことを意味する「立ち上げる」はおかしいとか、また「立ち上がる」は本来であれば起立、または奮い立つ意味で、これが「湧き上がる」と混用されてはならないという意見が聞かれる。「焼きを入れる」を体罰・扱きの意味で使うのは誤りであるという意見もある[要出典]。俗語・新語スラングや若者言葉などの俗語・新語に関しても同様である。方言標準語や共通語では誤用とされる表現も、方言によっては正用法として認められていることがある。例として、「違っていた」を「違かった」などと言う場合である。文法に起因する誤用意味の取り違え諫める(いさめる)目上の人の過ちを正すために、その人を戒めること。→×目上の人が目下の人を戒めること。または、厳しく叱ること。元来、諫言(かんげん、諫めること)とは、忠義に逆らうことから自分の地位や生命を引き換えにするほどの強い意志が必要であった。時代背景が変わって目上・目下や忠義の意識が薄れてきたことから誤用されるようになった。「戒める」(いましめる)もしくは「窘める」(たしなめる)とするのが相応しい。ただし、「窘める」も以下のような誤用がある。窘める(たしなめる)主に目下の人に対して、軽く注意を促すこと。→×厳しく叱ったり、注意したりすること。窘めるとは、軽く袖を引く程度の注意の仕方である。一姫二太郎第一子が女児、第二子が男児であること。→×娘一人と息子二人。元々は、最初の子が女であると、比

雪だるま 歓迎の49個壊される 北海道旭川(毎日新聞)
足利再審 「無罪の言い渡しがされるべきことは明らか」論告全文(産経新聞)
<天皇公的行為>統一ルール「非現実的」 政府見解公表(毎日新聞)
強盗に「包丁置きなさい」 コンビニ店員一喝 吹田、容疑の女逮捕(産経新聞)
<五輪スノーボード>国母も決勝へ 男子ハーフパイプ(毎日新聞)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 刺身パックに針混入=75歳男... | トップ | チリ地震、邦人32人の無事確... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。