TOP ABOUT SITEMAP POLICY HELP
日本のスタイリストの草分け的存在。現在も、広告、CMなど第一線で活躍中。71年、ロンドンで山本寛斎氏とファッションショーを成功させ、その後、「ジギー・スターダスト」期のデヴィッド・ボウイの衣装を担当。鋤田正義氏によるデヴィッド・ボウイやT・レックスの撮影をアレンジしたことでも知られる。エッセイ『家族の回転扉』(『小さな小さなあなたを産んで』読売新聞社所収)で第19回読売「ヒューマン・ドキュメンタリー」大賞を受賞。
2017年6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
前月 翌月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
3月24日 ローリング・ストーンズのファッションチェック
3月19日 ことの始まり
3月6日 読売新聞「本よみうり堂」著者来店に
2月12日 フラワートラベリングバンド
2月11日 表参道ヒルズ
1月22日 「表参道のヤッコさん」
1月11日 ホームレス
12月12日 原宿表参道エコ・パーティ、そして、、、
12月18日 雪の名古屋へ
12月16日 Pretty Things
BLOG


MATRIX

Vol.33 Web2.0的信頼の構築

URLをメールで送信する URLをメールで送信する
(for PC & MOBILE)

XML

Powerd by gooBLOG


※ご意見・ご要望は編集部へ
高橋靖子の「千駄ヶ谷スタイリスト日記」
Hotwired / Blog / 高橋靖子の「千駄ヶ谷スタイリスト日記」
いつだったか、胸の中で、モンキーズじゃなくて清志郎さんの 「Day Dream Believer」が鳴り響いたまま、道玄坂を歩いていた。
そして何故か吸い寄せられるように立ち食いそばの「富士そば」に入ったのだ。そしたら、何たる奇跡、店の有線でその続きをやっていた。
その符合に、「うれしい、清志郎さんと私は見えない糸で結ばれて いる!」と思い込むことにした。
その後、その糸は、見えたり見えなかったりして、細々と繋がっている。
いくつかのCMの仕事もあったし、プロモーション・ビデオの仕事もあった。
いちばんすごい思い出は、私の誕生日(7月5日)と清志郎さんの日比谷の野音のコンサートが重なった時のこと。
事務所の方の配慮でステージ正面の真ん中あたりに「お誕生席」をつくっていただいて、私は10数人の友人達と誕生日コンサート(私だけの勝手な思い込みです)を楽しんだのだった。
野音のコンサートは始まりの時間が早い。夏のまだカンカン照りの余韻を残した時間から始まり、次第に夕方になってゆく。空が夕焼けに染まる頃は、公園からネグラに帰るカラスたちが、 ステージの上をかーかーと鳴
きながら飛んでゆく。
とっぷりと日が暮れてまもなくステージは終わったのだった。

さて、毎年行っている代々木のアースデイの野外コンサートに清志郎さんが初出演した。

私は相当ギリギリの時間に会場に入ったけど、満員にもめげず、後ろから徐々に前に進み、前から4、5番目ぐらいまで進出した。
ところが演奏が始まったとたん、みんなのウエーブでもみくちゃ。そこでトシを感じて(肋骨折ったりしかねない)右の方にずれた。
アースデイ初出演の清志郎さんも、オーディアンスもノリノリですっごく楽しい。
衣装のスーツも、誰が作ったのかしら?と、スタイリストとして、やきもちを焼きたいぐらい素敵だった。
演奏中、2度ぐらい、会場のいちばん前から、一番後ろまで往復する。こうしていろんなところで聴くのが好きなのだ。
私の印象では、清志郎さんはいつも自分自身のコンサートでは平和のメッセージをみんなに伝えている。でも、こういう誰かが企画 した催しに参加するのは、ほとんどはじめてなのではない
かと思う。
アースデイのステージで「Love and Peace 」、「愛し合ってるかい?」
という清志郎さんの言葉を聴くのはうれしいことだ。
最後の曲が終わりそうなころで、楽屋に向かって外にでた。
会場の中より、外で溢れたまま聴いている人たちのほうが何倍か多かった。こんなにひとがいっぱいなのに、外でそっと聴いている息子にばったり会う。
カメラマンの仲さん(知り合ったばかりの若い女性カメラマン)と目配せしてステージの裏に回る。 しばらくしたら、SUGIZOさんが出てきた。 「僕のステージは6時から」と
いうので、一度家に戻ってココ(犬)のえさと散歩をしてまた戻ることにした。
ところが夕方近く、急に風が冷たくなり、私の身体に潜在している風邪の症状もガッと現れ、SUGIZOさんを仕方なく断念した。

写真 (撮影・Yacco) 素敵なジャケットを脱ぎ捨ててからのスナップです。
Comment (6) | Trackback (2)


« 73年の原稿発...ミック・ロン... »
 
コメント
 
 
 
デイドリーム・ビリーバー (saimon)
2005-05-04 11:48:25
いやあ~、出ました清志郎さん、「ずっと夢ーみてー安心してた・・・」と、何とも楽しくて、もの悲しくて、そんなん街中で突然流れたら涙もんですよ。彼はどんどん変わって行っちゃう、そんなところがずっと変わらない。それがすごいし、嬉しいです。

アースデイのライブは彼にはぴったりですよね。イェーって出てきただけでワクワク興奮しちゃいますよ。聞いてるとパワーもらえちゃう感じで、そのまま寝ちゃったら、風邪も寄りつかないんじゃないですか。
 
 
 
ごぶさたしてます (波多野ユリカ)
2005-05-06 12:45:22
ごぶさたしております。

事情があって前のメールアドレスが使えません、お知らせしてませんでしたすみません。HPもまだリニューアル中です。



私もキヨシローとRC好きでした。渋谷の屋根裏では上から下まで長蛇の列でごく一部しか中に入れなかったですものね。他の場所では何度か見てますが、高橋さんもお好きとは知りませんでした。

そう、変らない所が素敵です。
 
 
 
衣裳格好いい! (sakura)
2005-05-06 17:15:46
やっぱり気になります?清志郎さんのライブの衣裳、素敵ですよね。

「スタイリストとして」と書いていますが、みんなが気にしていると思います。

もちろん良い意味ですよお!地味とか派手とか、そう言う判断基準じゃないんです。

格好いいかどうかで、清志郎さんいつもいいでーす。

ご本人のイメージを具体化する方がいらっしゃるんでしょう。

以前ヤッコさんがどこかで言ってらした

「デザイナーやカメラマンのイメージを具現化するのがスタイリストの役目」

と言う役割、スタイリストか衣裳をデザインされる方、

清志郎さんとはピッピー、ツーカーの関係なんでしょう。

嫉妬しちゃいます。うらやましい。
 
 
 
7月4日の夜音、 (K)
2005-05-08 20:50:46
懐かしい~。ヤッコさんのお誘いで、(ヤッコさんが勝手に思ってる・笑)誕生日コンサート、拝見させて頂いたものです。初夏の夕暮れ、だんだんと日が落ちて、夏祭りにでも行くようなワクワク感。楽しかったです。

今回のアースデーコンサートも行きたかったです!すごく残念。
 
 
 
いつも刺激的な、 (Ponta)
2005-05-08 21:00:23
清志郎さんと、いつもキラキラ高橋さん。

引き合う感じがわかるような気がします。

前から4,5番目まで行っちゃう所がスゴイ!

日々の音楽活動の中で、「平和」や「愛」をカッコよく(さりげなく)言えるのって、素敵ですよね。今後もどんどん・バンバン、突っ走っていって欲しいです。高橋さんも頑張れ。

SUGZOさんとご対面ってのもすごい話!ドキドキ。
 
 
 
毎日新聞夕刊に (Yacco)
2005-05-11 16:29:49
5月9日から12日まで、「この人、この時」に清志郎さんのインタビューが4回にわたって、連載されています。タイトルは「ロックな神様」とてもよい記事です。
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
この他の先端人Web日記

佐々木俊尚の「ITジャーナル」

田中秀臣の「ノーガード経済論戦」
goo
Hotwired Japan