TOP ABOUT SITEMAP POLICY HELP
ジャーナリスト。1961年生まれ。大手新聞社で警視庁捜査一課、遊軍などを担当し、殺人事件や海外テロ、コンピュータ犯罪などを取材する。その後、1999年10月、アスキーに移籍。月刊アスキー編集部などを経て2003年2月に退社。現在フリージャーナリストとして、週刊誌や月刊誌などで活動中。
2016年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
前月 翌月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
インターネットの理想と実態
顧客のコアデータに連動させるビジネス
モラル社会を取り戻せ?
国産検索エンジン「マーズフラッグ」にインタビューした
ライブドアへの強制捜査にからんでのうわさ話
『911 ボーイングを捜せ』から見えるもの
ヤフーの社風とweb2.0
ワイヤレスP2Pの行方
進化を模索するラジオ局
世の中の事象をコンピュータ上で可視化する手作業
BLOG


MATRIX

Vol.33 Web2.0的信頼の構築

URLをメールで送信する URLをメールで送信する
(for PC & MOBILE)

XML

Powerd by gooBLOG


※ご意見・ご要望は編集部へ
佐々木俊尚の「ITジャーナル」
Hotwired / Blog / 佐々木俊尚の「ITジャーナル」
 ライブドアの堀江貴文社長は、何とも不思議な魅力をたたえた人物である。実のところとっつきはきわめて悪く、性格には温厚さがかけらもない。以前私がある月刊誌で編集者をしていたころ、若い女性ライターに創業間もないオン・ザ・エッヂ(現ライブドア)の取材を頼んだことがある。その彼女は堀江社長への取材を終えて、編集部に戻ってくると、半泣きになってこう言った。

 「もうあんなところ、二度と取材に行きたくありません!」

 聞いてみると、どうも堀江社長にさんざん無知を馬鹿にされ、なかば逃げ返るようにして取材を終えたらしい。彼女の気持ちは分かる。堀江社長は相手がモノを知らなかったり、自分よりもバカだと思うと、露骨に白けきった顔になり、態度も変わってしまうのだ。
 その一方で、自分にないものを持っている人間に対しては、かなりていねいに遇する。尊敬の念もきちんとあるし、決して冷たい人間ではない。

 その心持ちは、どう言葉で説明すればいいのだろう。人間性が単純というのではない。それは言ってみれば、「身も蓋もない」のである。それが証拠に、「どうしてそんなにひどい扱いをするんですか?」と聞くと、「だってバカですよ?」と答える。その時の堀江社長の表情には、「どうしてそんなことを聞くんだ?」という驚きがあるのである。バカだ、低能だと思えば相手にしないし、そうでなければきちんと相対する。そんなのは当たり前だ、ということなのだろう。

 だから彼のビジネスも人間性と同じように、身も蓋もない。儲かればやるし、儲からないものには手を出さない。能力のある人間には高給を約束し、そうでなければ最低限の給与しか払わない。本人は「当たり前のことをしてるだけじゃないですか。なんでみんなやらないの?」と不審がる。

 でも普通の世間は、それほど身も蓋もないわけではない。しがらみもあれば人情もあり、四の五の論を言わなければ、ものごとが進まないことだってある。そう簡単に「身も蓋もない」という境地には行き着けないのだ。

 しかし堀江社長は、四の五の言わない。最近は「老害はけしからん」「若者の力で社会をぶっこわせ」と持論をぶち上げ、社会変革の騎手になりつつあるが、言い始めたのは最近である。イーバンクへの出資が失敗し、長銀や三井物産出身のエスタブリッシュメント役員たちと衝突した事件が起きて以降ではないか。

 そして、そうした「身も蓋もなさ」「四の五の言わない」感じというのは、古いメディアの記者にはなかなか伝わらない。オールドメディアは身も蓋もないことは好きじゃないし、四の五の言うのが大好きだからだ。人間のさまざまな行動の背景には、必ず高邁な精神や深い人情などがなければならないし、記事にそういう部分を盛り込まないと、必ずデスクに怒られる。

 「人間が書けてないぞ!」というのである。

 でも本当に書けてないのだろうか。四の五の言わず、身も蓋もなく仕事や遊び、生活に邁進するというあり方は、若い人たちの間で最近すごく増えている気がする。

 しばらく前、2ちゃんねる管理人の「ひろゆき」こと西村博之氏を取材し、4ページの記事にまとめたことがある。その時の印象は、「なんて身も蓋もない人なんだろう」というものだった。

 私の受けた印象では、彼の能力は途方もなく高い。優秀な人々を自分の周りに集め、その人たちをうまくとりまとめて仕事を進めていく運営能力のような部分は秀逸だ。そして知識も豊富で教養もあり、弁舌もさわやかだ。彼の社会に対する鋭い分析を聞いていると、ときどきはっとさせられることがある。

 だがひろゆき氏は、その能力をほとんど自分のためには使っていない。議論をする高度な言語能力を持ちながら、しかし自分自身についてはふわふわとしか語らない。ネット社会の行方や分析では饒舌に持論を展開するが、自分自身の話になったとたんにするりと言葉が上滑りしてしまう。

 そんな彼をどう書くか。その記事は新聞社系の雑誌に掲載するものだったから、やっぱり四の五の言わなければならない。それで私は、こんなふうに書いた。「高度なスキルや知識を持っておきながら、その『知』をひたすら浪費し、遊びに明け暮れている』――。

 堀江社長とひろゆき氏は、見た目も性格も年齢も目指すものもまったく異なっているけれども、その「身も蓋もなさ」においては、どこかに共通点を持っているような気がするのである。
Trackback (61)


« はじめにSkypeは戦争を... »
 
コメント
 
 
 
っていうじゃない… ()
2004-10-01 16:23:04
佐々木マンセー



ついでに、私のブログもぜひ見てください!できるだけ、できれば全部見てください!

↓コメントも絶対ください!!お願いします!

http://blog.goo.ne.jp/projectking/1



 
 
 
なるほど。。 (Q)
2004-10-02 13:28:57
「身も蓋もない」ってただ単純に「身も蓋もない」事だと思ってましたが、こうして相対するモデルケースを並べてみると「身も蓋もないっぷり」が異なった意味で浮き彫りになりますね。。
 
 
 
はじめまして (ルーン)
2004-10-02 23:37:09
私はひろゆき氏を存じ上げませんが、堀江社長は最初は冷たい感じの人だなと思いました。

日曜の討論番組なんかに出演しているのを見ても、なんか他人を馬鹿にしたような表情に見えて…

今の若い人は仕事にしても人生にしてもドライな考え方をする人が多いと聞きますが、堀江社長もそんな人なのかもしれませんね。

それが「身も蓋もなさ」に見えるのかしら…
 
 
 
Unknown ()
2004-10-03 08:27:40
つまらん。表層的だな。
 
 
 
おもしろい (koko)
2004-10-03 11:27:03
情報の早さが今後もっと加速していき

そうですね、ひろゆき氏が野球チーム

作ってもおもしろそう。

 
 
 
ポストモダンの申し子? (グノ)
2004-10-03 13:15:02
はじめまして。グノと申します。

よろしくお願いします。



その昔、ポストモダンというのが流行りましたよね。

その時に、盛んにいわれていたのが、ロマンからの超克ということでした。



四の五の言い、身も蓋もないことが嫌い、というのはまさにロマンですよね。

人間を描く、っていうのもロマンです。



そう言う意味で、ライブドアの社長もひろゆきも、ポストモダンの申し子と言えるのではないか、と拙い頭で考えてみました。
 
 
 
文に力がない ()
2004-10-03 16:00:23
 文章に力がないようです。

 気の利いたことを言うそぶりはわかりますが・・・・。

 新聞記者あがりの人の文章に多いスタイルで、内容空疎です。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2004-10-04 00:24:07


空疎な香具師
 
 
 
ちょっとそれは (温泉饅頭)
2004-10-04 22:58:06
堀江社長の行動に違和感があったのですが、なぜかわかりました。自己中のルールじゃないですか。自分よりバカは相手にしない。自分より優秀な人には相手にして欲しい。ということでしょ。

これはまずいよ。

自分よりバカを相手にしないなら、自分より優秀な人に相手にされない。



自分より優秀な人に相手してもらうなら、自分よりバカの面倒をみてやる。

のどちらかのルールにしないと。

バカに反撃されるか、優秀な人に愛想つかされるかのしっぺがえしがこないことを祈ります。
 
 
 
あほくさ (さゆ)
2004-10-04 23:29:48
たまたま上手くいってる例を二つ挙げただけで、

それを「若い人たち」一般に拡げるって

無理がありすぎるんじゃない?

あの二人だって、「若い人たち」のあいだじゃ

むしろ例外なんだと思うけど。



結局、この文章書いてる俺(=佐々木)も、

若くて、新しい、って言いたいだけなんでしょ?

で、二人をダシにして、普段いじめられてる「オールドメディア」への愚痴を言ってみたかっただけなんじゃないの?



 
 
 
sage (sage)
2004-10-05 00:01:15
昔なら石ころのような人にお願するべきだった仕事が、

今は機械に頼める時代になりつつありますからね。

 
 
 
 ()
2004-10-05 00:25:46
ひろゆきは見ているとどうも大人になりきれていない感があったんだけど、つまりはそういうことだったんかな。
 
 
 
age ( age)
2004-10-05 01:32:35
意外性のある文章書いてるだけ という印象



 
 
 
Unknown (Unknown)
2004-10-05 13:43:21
シンプルイズザベストです。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2004-10-05 14:45:42
ふ~ん
 
 
 
Unknown (ひろ)
2004-10-06 01:43:46
googleとか,典型的な,「馬鹿は相手にしない」会社ですよね。

別に珍しいことじゃないと思いますよ。

今までの社会の,「馬鹿でも許される」方がおかしいんじゃないですかね。
 
 
 
身も蓋もない (めぐ(主婦))
2004-10-06 02:23:20
あ~・・・良く言われる。世代ってヤツかなあ。珍しくは無いよね。ただ、身も蓋もない人は、目立つのもそれほど重要視してないから、今までそれほど世間に出てこなかったのかも。めんどくさいんだろうね、たぶん。
 
 
 
Unknown (です)
2004-10-06 23:43:02
しょせん金儲けのヘタなひろゆきのが下。

というか比較するのすら笑えますガ
 
 
 
Unknown (わたしはもっとバカ)
2004-10-09 01:07:09
ここのコメントおもしろいですね。

みんな辛らつ。
 
 
 
そんなもんでしょ (考える人)
2004-10-15 21:45:27
まぁ堀江社長は大学出だというエリート意識が強いんでしょ。

記事を鵜呑みにすればこの社長の前途はもはやおわってる。というのもまだ日本は百姓根性がいきてるから。新参者には殺してでも阻止しようとする社会ですから。ましてやこの社長どうも性格もそうだがなんか独裁者の雰囲気を漂わせてる。うまくいっている間はみんな彼を支持するし失敗が続けば離反者が続出。ましてやこの社長は人を2つに分けるタイプだし。とても商売をする人じゃないよ。ましてや副社長との確執も気になる。今のところ副社長は下にまわっているがいずれ台頭してくるだろう。どういう手段を使って副社長をとめるんだろう。興味津々。

 
 
 
少し述べさせてください。 (マチコ)
2004-10-19 22:34:00
女性ライターの方に対する堀江氏の対応が、

はなはだ不遜であった由、当然のことだと

推察します。

ライターの事前の情報収集の未熟さを棚に上げて、

堀江氏の対応のみを批判するのは筋違いです。

堀江氏にしてみれば、超多忙な中時間を割いて

インタビューに応じているのに、まったく

初歩的なことさえ把握していないライターに

あきれ果てたのだと思います。

以前 同様のことを堀江氏自ら語っているのを

目にしたものですから・・・。
 
 
 
それはそれは (Unknown)
2004-10-19 22:55:41
わざわざ 無知で不勉強はインタビュアーこそ公害でしょう。

二度といきたくありません ってどのツラで言えるのでしょうか。

厚顔無恥としか言いようのない馬鹿を擁護する馬鹿はだれ?
 
 
 
Unknown (Unknown)
2004-10-21 11:54:26
彼女を責めるのは筋違いだ
 
 
 
Unknown (Unknown)
2004-10-21 12:34:06
バカは相手にしないのが普通なんだよね?

じゃあ堀江が球界に相手されないのも当然。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2004-10-21 13:08:12
堀江氏に人間的魅力が感じられない人ってかなり多いでしょう。理論的じゃなくても感覚的に見てて分かるんだよ。アイツあんまりイイ奴じゃないなって。

彼の能力が高いことは実際そうだし、自分より能力の低い人を小馬鹿にするというのもおそらくそうだろう。ま、擁護してる人々も彼よりは能力が低いと考える方が自然ですから、実際にあって話したら簡単に敵に回るでしょう。

人に愛されないで力だけの人間は、衰えたら一気に周りの人間に捨てられるよ。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2004-10-21 15:40:13
堀江氏はなんていうか人間味がないよね。

笑っていても目が笑っていない、不気味。

仕事での付き合いならともかく、プライベートでは付き合いたくないタイプだな。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2004-10-21 17:14:57
堀江氏の「身も蓋もない」ってのは単に「彼が商売人だから」だと思います。



で、それは時代性とは関わりの無い事柄かと。
 
 
 
堀江氏のとった態度 (nao)
2004-10-21 19:55:20
その女性記者がかわいいのかどうか、画像をうp汁!

話はそれからだ。

 
 
 
仕事と人情 (ハルさる)
2004-10-21 23:39:36
取材(仕事)に来たから仕事の対応をする、まして一から十まで説明では、彼のロスが大きすぎるでしょう。



会って本人に聞かなければならない事だけ聞く、或いは確認する。



取材って、そういう仕事ではないでしょうか?



又それで泣いて「もう二度と・・・」では、お話になりません。



馬鹿とは知恵を出さない人の事でしょうね、彼には。
 
 
 
Unknown (◆LEE)
2004-10-22 00:16:03
堀江氏がそんなに理解できない人かな?と思います!ある程度社長として会社を興してやっていくレベルにおいては特別変な人でないと思うケド・・・

考えもシンプルでわかりやすい!

逆に三木谷氏の様な人とは仕事したくないですね・・・
 
 
 
もやもやしてた部分が (アプロダ工兵)
2004-10-22 02:37:14
熱意があるように見える堀江社長を指示できない、

そういった”もやもや”が、ようやくわかりました。



あと、ライブドアのネットサービスは、

どれも中途半端というか、質が悪すぎます。

どれも楽天と比べてバッタモン的です。



野球に手を出すのではなく、本業の方のレベルを

上げるほうに時間と労力を費やして欲しいです。

 
 
 
Unknown (へる)
2004-10-22 07:28:32
目的を設定して突進していくその方針は、費用の削減や

人の掌握、顧客の確保、アイデアの共有、

既存制度の見直し、結果から見れば分かりやすく

効果的だと思いました。

今やっている事は、分かりやすい部分もあれば、

テレビ出演や無料又は激安を打ち出す経営方針等、

不思議なところもあります。



堀江社長の人格を評価するなら、

「人として」ではなく「企業家」として評価する

べきだと思いました。

「身も蓋もない」とは、「人として」。



自分なら「先陣の奇才児」と「企業家」として評価したいです。
 
 
 
本当の悪は他にいる (Unknown)
2004-10-22 14:19:19
堀江は起業した人間なんだから色があるのはしょうがないと思う。彼が雑誌とかで答えているインタビューを観てると理にかなった発言でやはり社長として優秀だ。

今は野球関係とかネットベンチャーの勝ち組企業家として良くも悪くも取り上げられているだけ。

本当に問題なのは三菱自動車とかUFJ銀行とかコクドや西武鉄道。

金儲けの為に隠蔽や改ざんを繰り替えすような企業はこの他にもまだまだたくさんあるはずだ。

livedoorが仙台といわなければ楽天も仙台とは言わなかったはずだしストライキや新規参入の話もなかったはずだ。

やはり堀江は今回随分野球界全体に貢献していると思う。

俺は堀江を応援するな。
 
 
 
経営者として古いかな (むらい)
2004-10-22 15:16:06
まあ、経営学的に見ると、堀江さんのような『身も蓋も無い』経営感覚って実は前世代的で、今は社会貢献とか環境配慮とか『会社は公共財』という意識を押し出すほうが主流なんだけどね。そういう意識は持ち合わせていないみたいだ。
 
 
 
でも (和希)
2004-10-23 18:24:40
やっぱ凄い人だと想う。



裸一貫で始めてあの年で今がある。



野心を持った人間としては非常に惹かれる。



今、自分がスタートラインに立ったから。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2004-10-24 02:20:15
読んでいてちょっと嫌な気分になった。

無知な人間がいたら教えてやって成長させてやるのが器の大きさなんじゃないかなあ。

それって昔風なら師弟の関係でしょ。

経営者なら人を育てる努力しないと会社は傾くよ!

誰だって最初は無知なんだから。

いくら知識あっても法律知らない、人間的付き合い知らないヤツはいるし、そういうのに限ってあとで問題起こすんだからね。

その女性ライターは若い、駆け出し中だったのなら世間知らずで当然。

経験浅いから知識だって乏しい。

取材依頼したときにどういう依頼したかにもよると思う。

どうなんですかね?

最低限の資料渡してこの人はこんな人だからこういう感じの取材記事をという形で依頼したんだろうか?

もちろん彼女も自力で調べただろうけど、わからないことは聞いて当然。

それも取材のうち。

今後の勉強にもなりますしね。

そういう経験を重ねて一人前になるんじゃないかな。

それを無知だとバカにするならその人はその程度のただのタカピーってだけだと思う。

どんな仕事も最初は無知からはじまるんだから、それをバカにするのはえらくもなんともない。

高いとこから相手を見下すだけのみっともないヤツなだけ。
 
 
 
Unknown (やっぱり)
2004-10-25 11:27:53
何も知らない赤ん坊に難しい哲学を説明するのは無駄だよな。

そのくらいの差があったんだろうよ、堀江とその女性ライターに。ただ無知を馬鹿にする必要はない。もっと勉強してから出直すよう指示すればいいだけ。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2004-10-26 18:49:41
大学中退で高卒だったはず。
 
 
 
受け継がれるもの (606)
2004-10-28 16:23:55
企業なり人なりが後世に残せるものは、財産とか業績とかもあるけど、

やっぱり人材だと思うんすよ。

先の人間が育てて、後の人間は意思を受け継いでいくというか。

思ったのは堀江社長は何を残していくんだろうと。自分の歩いたあとに。

この記事読んだあとだと(お声がかかるかどうかは別として)

やっぱこの人のしたで働きたいとは思わないっす。

ライブドアの社内ってやっぱなんかピリピリしてるのでしょうか。

そんなネガティブな想像をしてしまいました。

でも反面教師にはなったと思うのでこれはこれで堀江社長が残したものかな。
 
 
 
馬鹿で~す (馬鹿で~す)
2004-10-30 02:30:56
貧乏人が嫌いな堀江社長

馬鹿が嫌いな堀江社長

でもライブドアのユーザーの馬鹿はオーケー!

馬鹿は搾取しやすいから商売相手としてはオーケー!

ライブドアの割安株の小口株主達は貧乏人だがオーケー!ライブドア証券では馬鹿なデイトレーダーと小口ゴミ貧乏顧客大歓迎!







 
 
 
堀江は (のんぶれ)
2004-10-30 22:01:22
単に知識がないことを理由に人をぞんざいに扱ってるわけじゃないと思うよ。

悪質なのは無知であることではなくて、無知の上にあぐらをかく人間。

自分の仕事なのに人が全部1から説明してくれることを当然のことだと思っている人間。

ネットで言うと、Googleで調べないで人に聞くような人。

それで、聞いていることが知ってて当然じゃない?と聞かれた人が思えば、ぞんざいに扱われてもおかしくない。



確かに堀江はいいやつではない。いいやつってのが損得度外視で人の面倒を見てくれるやつのことだとすれば。

でも、儲かるか儲からないかで態度がはっきりしているのは、ある意味爽快。

情に流されず、儲からないと判断したことにはかまないなら、話を持っていった側としても安心できる。

後で儲からないと文句を言ったり、交換条件で儲からない話を飲ませようとしたりしてくる「いいやつ」、

情で仕事して、感情的にこじれると厄介なことを言ってくる「いいやつ」よりはずっと明快。

あと、堀江は身も蓋もない反面、誰に対してもあまりウソは言わないような気がする。

これが当たってるとしたら、それは堀江のいいところじゃないかと思う。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2004-10-31 00:09:18
こっちでも無愛想とか書かれてるなw



http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0410/29/news033.html



でも人間性をうんぬん言ってもしょうがない気がする。



ただし問題もあってライブドアが利益の内訳を教えない会社であること。自社で製造してないソフトでも自社製造とパーケージに表示して販売するなど隠ぺい体質があることも事実だ。まず情報を開示して透明性を高めること。それから堀江社長がメディアに露出するのをやめれば株価が一気に上がる可能性はある。利益事態は確実にあがっている会社だから場合によったらlivedoorは買いかもよw



 
 
 
Unknown (Unknown)
2004-11-01 18:40:58
オン・ザ・エッヂ時代に仕事関係で何度も

堀江氏と打ち合わせをしたが、書いている

文章のような冷たさは無かった。

自分が年上のためなのか、礼をつくしてく

れた気がする。

仕事も順調に完了して双方ともかなり利益

になったのだが、急成長するだけあって、

決断力は非常に早い。

頭の回転力は高速回転なのだが、幼児言葉

が局所的に見られ、苦笑も禁じえない。

もっぱらネット関係の人間は自らを誇大に

みせたがる習性があるようだが、人に対し

ては厳しく追及するものの、自分に対しては

防御が非常に弱いのではないだろうか。

自分が表現できない幼児性が見られるのも

ネットベンチャーの経営者を見ると不思議な

共通項として浮かび上がっている。

うまくいっている限りにおいてはお金持ちの

お坊ちゃん同様、わがままを通しても世間で

なんとかなるものだと思っている感覚に近い

が、その攻撃性を認識できないに違いない。

ひとり勝ちもそう長く続くものでもない。



西村ひろゆき氏に関しては、愚かな人間だと

感じた。

非常に軽薄である。

ちやほやされて浮かれるタイプの人間か。

さかんに自らの自慢話と有名人ぶりを語って

いた。

会社の経営にはまったく向かない人間である。

 
 
 
Unknown (こまつ)
2004-11-07 21:13:46
ハードボイルドって言葉知ってる?
 
 
 
Unknown (Unknown)
2004-11-08 21:32:55
堀江社長の印象、最初は良かったんだけど、6:4で悪印象に傾きました。

だって「草葉の陰から~」だもの・・・・
 
 
 
Unknown (Unknown)
2004-11-12 00:13:26
会ったことないのでこういうことは書くべきではありませんが、両者とも感覚で生きている人間なんでしょう。

その感覚が世間の空気より、自分の利点になるように配慮しているのでしょう。

お城の大名だから許される特権ですね。
 
 
 
Unknown ([名前あり])
2004-11-19 12:41:09
まぁ上昇する時はドンドン伸びるだろ。

下降が始まった時見ものだな。
 
 
 
Unknown ()
2004-12-12 05:28:36
こういう見方もあるんですね。

堀江氏の身も蓋も無さってのは

対象に興味があるかないかで決まってるからかな

とおもいました。

 
 
 
Unknown (sugar)
2004-12-14 11:55:17
確かにそうだと思いましたが、一つ違うような気がします。

この記事を読んでいると、堀江社長、ひろゆきさんは遊びに明け暮れているのではなく、遊びを知らないような気がしました。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2004-12-20 18:07:06
堀江のような種の人間が増えたら、

「タンス預金している老人から、金を

排出させ、景気を良くする」なんてこと

を、「正論だ」と思うんだろうな。

 
 
 
Unknown (バイク犬)
2005-01-18 15:04:03
今更ながらに表層的なような。



堀江君は面識無いが、典型的な挫折知らずの万能感の人って印象。

一方、ひろゆきはその辺を通り越してる。

なんせ、今まで2ちゃんでキチガイをごまんと見て相手して来てる。

達観というか諦念なんじゃないかしら。彼の身も蓋もなさって。
 
 
 
Unknown (7641)
2005-01-24 05:29:48
「身も蓋もない」とは、ナイス。よく言い表わしてるなぁ。少なくとも、私と違って、彼らは精神的に安定しているんだなというのは感じますね。



私も生産的でありたい気持ちは常にあるけど、どこか、自分の心の声を信じたほうがいいんじゃないかと思い、集中力が無くなることがありますな。心配事を常に解消しつづけていても、どうなんだろうなぁ。やはり、最終的には「経済的自由」がモノを言うのかね。カネが無くなって自由が失われることに恐怖しちゃう。そういう不安が、もう元からスッパリ無いというか、これが自己管理ってやつなのかしら。無力さ知って挫折して、精神がグダグダになって、ああ、なぜ生きているのかと。悩んだり。



雇って自動的に儲かる人材なら、それは経営者は雇うし、手間かかったりするなら、それは雇わない。実に単純。身も蓋も無いっていうのは、これが競争社会、資本主義なのよね。仕事に対する特別な思いというか、スピリチュアルな感性を信じたい気持ちとか、そういう複雑な問題は置いといて、一直線のすごろくゲームにまい進するできるところが、資本主義の申し子の才能なのだと思うのですよ。
 
 
 
Unknown (7651)
2005-01-24 05:42:02
身も蓋もなく勝負に徹するストイックさにカッコよさを感じるのかも。そういう意味で、精神的な強さの源になっているかもしれませんね。それを妬むのは、やはり自分と現実の相性の悪さをマゾ的に酔ってるだけかも? やはり自己との対面、自分がホントのホントはどうしたいかを明確にしないとあっという間に打ちのめされるタフな世の中になっているのは、これは客観的に見ても真実だと思うんですよ。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2005-02-09 06:46:18
もう少し面白い記事を書いてもらいたいですね。

つまらない。やっぱり若者のライティングと、昔の人のライティングはちがうんですかね。
 
 
 
潔くて優しい (炎氷)
2005-02-18 20:25:11
>佐々木俊尚 様



初めてコメントさせていただきます。

堀江社長の「世間ずれ」を簡潔に書かれており、興味深く拝読しました。



「身も蓋もない」というのは、自分の言動に「自己責任」を貫徹させる、つまり潔い。

「四の五いわない」というのは、敵対しようとも「嘘をつかない」、つまり相手に対して正直に接する、優しい。

という風に私は解釈しています。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2005-02-22 18:35:08
身も蓋もないっていうか

大義名分じゃなくて

やりたいことやってるだけってことだろ
 
 
 
やりたいことやれてるのかな (7641)
2005-03-02 14:04:32
堀江社長は、株主様のためにがんばろうってんで、そのためのモチベーションを高めるために、メディアに出てみたりしてるんじゃないかしら。必ずしも、やりたいことを無尽蔵にできるわけじゃないどころか、厳密にいえば「やりたいこと」と社会性を両立させるのはほぼ不可能で、そんな偶然の一致あるわけない。



自分のためにリスクをとってもらえる他人って親以外いますか? 今の資本主義の世の中、よっぽどのことがないと無いですよね。リスクをとってくれた人のために、がんばろうっていうのは、尽きることのないモチベーションだと思います。カネの恐さを知ってる人ならなおさら。そこを機軸に、あとは四の五の言わず身も蓋も無く、株主様のために生産的であろうっていうのが、これが、パワーのある経営者の思考の底流、モチベーションの水源だと思うんですよ。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2005-03-03 00:37:37
>四の五の言わず、身も蓋もなく仕事や遊び、生活に邁進するというあり方は、若い人たちの間で最近すごく増えている気がする。



若い人は、昔からそういうものだったりしません?

特に若いうちから有能で物事がうまくいっている男の人は。



ホリエモンの身も蓋もなさは、自身について語る場合にも発揮されてるので、そこは見てあげないといけないような気がする。それができない人もいますからね。



個人的には日枝見てる方がおもしろかったりするね。



 
 
 
身と蓋ね (48)
2005-03-24 12:03:13
それって義理とかネゴとかでしょ

若いうちは人間関係が少なくて当然

爺が言っても無駄ですよ



でも,時代を切り開くのは良くも悪くも若い人

変化を恐れる爺に投資家は投資しませんって
 
 
 
若さゆえ (さと)
2005-04-02 06:43:31
堀江さんが身も蓋もない、ひろゆきが身も蓋もないのは

若さ故だと思うのですが。

経験がないという事は、自分のベストを出しきるしかない

わけで、自分の判断にストックがたくさんある老人(又は

あると信じている)達は、その中から選択して最終決定を出すのかもしれないけど、ストックがない若者はそういう訳にはいかない。出たとこ勝負になるわけで、目的を定めて一直線に走る事が出来る所に若者の良さがあるんだと思う。そういう意味で身も蓋もないというのは若者ゆえだと

思うんだけど。
 
 
 
ん? (unknown world)
2005-06-21 09:53:04
堀江ってだれ?ひろゆきってだれ?

まったく興味なし。
 
 
 
ばか (Unknown)
2005-06-25 11:04:46
↑じゃあ書くな。中卒乙
 
 
 
Unknown (たか)
2005-09-10 19:08:46
 今はそうでも、両氏は年をとってから何か社会のためにとんでもないことをやらかしてくれそう。期待。

 若い頃にトンガッテいる奴の角は時とともに削れて、いつの日か人のありがたさを知り、柔和さや使命感を抱いた時に、とんでもないことをやってくれると思う。
 
 
 
別にそういうわけでは (佐々木裕伸)
2005-11-21 10:45:10
> バカだ、低能だと思えば相手にしないし、

別にかばうわけではないですが。。

私はインターネット関連技術者ですが、一般の方に聞かれても基礎知識、背景事情を、ご存じない方に説明できないことって結構ありますよ。

現に私は網内設備関係なのに、WEBサイトの技術者だと思われたりしているわけです。

そういう気持ちもわかって欲しいです。



http://www.fujitv.co.jp/fujitv/ir/pressmenu.html
 
 
 
そして (真実)
2006-01-29 18:00:37
彼は地に落ちたわけですな。ざまあみろ。
 
 
 
表層的感 (カリビアン)
2006-08-14 14:07:10
きっと、割り切って仕事しているんだよ。仕事で温情とか語りだすと切れが悪くなるよね。それでも人がついてきたというのは分からないけど。世風なのかしら。
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
この他の先端人Web日記

高橋靖子の
「千駄ヶ谷スタイリスト日記」

田中秀臣の「ノーガード経済論戦」
goo
Hotwired Japan