TOP ABOUT SITEMAP POLICY HELP
ジャーナリスト。1961年生まれ。大手新聞社で警視庁捜査一課、遊軍などを担当し、殺人事件や海外テロ、コンピュータ犯罪などを取材する。その後、1999年10月、アスキーに移籍。月刊アスキー編集部などを経て2003年2月に退社。現在フリージャーナリストとして、週刊誌や月刊誌などで活動中。
2016年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
前月 翌月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
インターネットの理想と実態
顧客のコアデータに連動させるビジネス
モラル社会を取り戻せ?
国産検索エンジン「マーズフラッグ」にインタビューした
ライブドアへの強制捜査にからんでのうわさ話
『911 ボーイングを捜せ』から見えるもの
ヤフーの社風とweb2.0
ワイヤレスP2Pの行方
進化を模索するラジオ局
世の中の事象をコンピュータ上で可視化する手作業
BLOG


MATRIX

Vol.33 Web2.0的信頼の構築

URLをメールで送信する URLをメールで送信する
(for PC & MOBILE)

XML

Powerd by gooBLOG


※ご意見・ご要望は編集部へ
佐々木俊尚の「ITジャーナル」
Hotwired / Blog / 佐々木俊尚の「ITジャーナル」
 インターネットブラウザ「NetFront」で知られるACCESSの荒川亨社長を取材したことがある。今でこそ携帯電話向けブラウザ市場を制覇している同社だが、決して順風満帆だったわけではない。過去には失敗もある。

 もっとも大きな失敗は、1991年にネットワークテレビを発売したことだった。「これからはすべての家電がネットワークに接続される」と確信し、満を持して発表したものの、製品はまったく売れなかったのである。

 1991年は、インターネットはまだ一般社会に認知されていない。ISPが登場し、ごく普通の人々でもネットに接続するようになったのは、1994年以降の話である。WWWも電子メールも普及していないような時代にテレビをネットに接続しても、確かに使い道はなかった。それでもある電機メーカーが製品化の道を探ってくれ、プロトタイプも作られたが、メーカー側の企画担当者のこんな言葉で、商品化は立ち消えになった。

 「で、これはいったい何に使うんですか?」

 荒川社長はこの疑問にうまく答えられなかったのである。インタビュー取材の際、荒川社長は当時を振り返ってこう述懐した。

 「家電をネットワークにつなげたのはいいけれど、それをいったい何に使うのかという提案がまったくなかった。すばらしい技術を持った製品を出せば、使い道は後からついてくると思っていたのが、完全な誤りだった」

 話は改まって先日、通販大手のジャパネットたかたに取材した。通販番組への出演で有名な高田明社長にインタビューし、その人物を描くという取材である。東京から片道六時間、長崎県佐世保市の海に近い高台にジャパネットたかたの本社はある。

 この高田明という人は、テレビであれほどまでに電化製品やパソコンの魅力を語っておきながら、不思議なほどに物欲というものがない。車は社有車しかないし、自宅には大型液晶テレビこそ社員の手によって据え付けられているものの、それ以外にはめぼしい電化製品は見あたらない。

 「最近買ったモノは?」と聞いてみると、携帯電話を取り出して、ストラップを見せてくれた。「この二つは沖縄旅行で買ったもの。もうひとつは人からもらった沖縄みやげ。この二年で買ったのは、これぐらいかな」。そしてこう言うのである。「モノ自身にはあんまり興味はないですね」

 高田社長のメッセージは、明快だ。モノ自身へのこだわりではなく、モノを媒介にして、いかにわれわれの生活を豊かに楽しくできるのかということなのである。マニアックにモノを愛するという発想はそこにはない。確かにジャパネットたかたの通販番組やコマーシャルフィルムを見ていると、「どうやってモノを使うか」というメッセージが前面に打ち出されていることがわかる。

 「メーカーの打ち出す新機能ってのは消費者を見ている部分ももちろんあるけれど、それと同じぐらいにライバル社を見ている部分もある。他社との競争の中で、他社に負けないような高性能をアピールしてるんです。だから実際に必要のない高性能へとどんどん走っていってしまう。だからテレビで紹介する時に、そこをわかりやすい言葉に置き換えることが大切だと思います。カタログの最後のページにしか載っていない小さな部分を、頭に持ってきて解説することもありますね」

 彼の思想は、モノ文化へのアンチテーゼなのかもしれない。モノ文化の権化のような通販番組をビジネスにしておきながら、こうした発想を持っていることは非常に興味深い。
Trackback (4)


« シニカルな日本の...日用品化するイン... »
 
コメント
 
 
 
で、いったに何に使うの? (J.P.フィールド)
2004-12-14 22:56:14
これを言われると技術者は一瞬、沈黙してしまったりする。いや、そのあれが実に20倍の処理でそれが従来の何と!などとしどろもどろにしか見えない。

家電と言う実用世界では厳しいが、本当に何のためになるのかまったく判らないような事に一生を投じて悔いなしの普通ではない人々もいるのだ。こうした基礎研究に投じられるエネルギーの余力の大小によって文化の深度の度合いも知れるだろうとは思う。



 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
この他の先端人Web日記

高橋靖子の
「千駄ヶ谷スタイリスト日記」

田中秀臣の「ノーガード経済論戦」
goo
Hotwired Japan