TOP ABOUT SITEMAP POLICY HELP
ジャーナリスト。1961年生まれ。大手新聞社で警視庁捜査一課、遊軍などを担当し、殺人事件や海外テロ、コンピュータ犯罪などを取材する。その後、1999年10月、アスキーに移籍。月刊アスキー編集部などを経て2003年2月に退社。現在フリージャーナリストとして、週刊誌や月刊誌などで活動中。
2016年9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
前月 翌月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
インターネットの理想と実態
顧客のコアデータに連動させるビジネス
モラル社会を取り戻せ?
国産検索エンジン「マーズフラッグ」にインタビューした
ライブドアへの強制捜査にからんでのうわさ話
『911 ボーイングを捜せ』から見えるもの
ヤフーの社風とweb2.0
ワイヤレスP2Pの行方
進化を模索するラジオ局
世の中の事象をコンピュータ上で可視化する手作業
BLOG


MATRIX

Vol.33 Web2.0的信頼の構築

URLをメールで送信する URLをメールで送信する
(for PC & MOBILE)

XML

Powerd by gooBLOG


※ご意見・ご要望は編集部へ
佐々木俊尚の「ITジャーナル」
Hotwired / Blog / 佐々木俊尚の「ITジャーナル」
 2002年春ごろのことである。渋谷のセルリアンタワー東急ホテルで「P2P Conference in Japan」が盛大に開かれ、ネット世界の論客として知られるGLOCOMの公文俊平氏らがP2Pの将来について熱く語った。当時のパンフレットを資料棚から引っ張り出してみると、こんなふうにうたいあげられている。

 「米国ではP2Pをコアコンピタンスにした企業の起業ラッシュが一巡し、現在はグループウェアやコンテンツ配信など、第2世代ともいうべきP2Pテクノロジーが広がっています.また日本でもコンテンツ配信、検索、プラットフォーム、ワイヤレスなどの分野で次々と製品が発表され、P2Pはすでに著作権問題などの話題先行型のテーマから、実際にビジネスを行う段階へ確実に移行したと言えます」

 P2Pというのは、ご存じのようにピア・トゥー・ピアの略。クライアント・サーバモデルと異なり、中央サーバを介さずにマシン同士を直接結びつけるという仕組み。このトポロジーは決して新しいものではないが、中央サーバのコントロールを受けないという特徴が注目され、1990年代末から再び脚光を浴びるようになった。

 その代表的な存在は、NapsterからKazaa、WinnyへといたるP2Pファイル共有ネットワークの系譜である。だがこの系譜は一方で、P2Pにアングラなイメージを与えてしまう結果となった。

 この系譜とは別の場所で、P2Pをビジネスへと生かしていこうという流れもあった。P2Pは、これまでのサーバ・クライアントモデルでは実現できなかったようなビジネスモデルを生み出し、インターネットビジネスに新たな地平線を切り開くのではないかと期待されたのである。

 なんといってもP2Pはとても新しかったし、P2Pが作る新たな技術のパラダイム、新たなビジネスのかたちを語るのは、猛烈に楽しかったのだ。多くの人がP2Pに熱中し、興奮しながら夢を語り合った。その結実のひとつが冒頭に紹介したP2P Conferenceで、アリエル・ネットワークスやスカイリー・ネットワークス、アンクル、ビットメディアといったP2Pベンチャー企業群が世間に紹介され、一世を風靡したのである。

 しかし現在、P2Pをターゲットとしたビジネスはわれわれの前から姿を消し、どこかに消え去ってしまったようにもみえる。華々しく離陸できた企業は非常に少なく、インターネット業界で「P2Pビジネス」という言葉が語られる機会も、ほとんどなくなってしまった。ただひとり盛り上がりを続けているのは、Winnyに代表されるP2Pファイル共有ネットワークのみである。しかしこれはビジネスではない。

 2002年当時、P2Pビジネスブームの立役者だったキーマンのひとりは、最近こんなふうに漏らしていたと聞く。

 「うーん、儲からないんですよね……。だからとりあえずはちょっと、P2Pとは距離を置いてみようと思って」

 そもそも2002年当時はネットバブルの崩壊直後で、P2Pベンチャー各社が開発資金を十分に調達できなかったという背景もあった。盛り上がったのはいいが、カネが続かずに失速してしまったというわけだ。あるP2Pベンチャー経営者は、こう話している。

 「会社を立ち上げたころはすでに氷河期の真っ最中。心の底から冷え切るような状況の中で、会社を軌道に乗せるまでにはたいへんな苦労をした」

 ネットバブルの反省から、投資側は収益の期待できないビジネスモデルには投資しなくなていた。技術力よりも、まず第一に収益が上げられるかどうかが求められたのである。「夢を買う」と言われたネットバブルの時代とは、180度の転換だった。

 別のP2Pベンチャー経営者は、こう話す。「P2Pに対する期待が大きすぎたのに加え、ファイル交換などでダークな部分が強調されてしまったこともあったんですよね。イメージで負けてしまったのかも」

 彼の企業は独自のすぐれたP2P技術を持っているが、現在の収益源はまったく別のところにある。ソフト開発の下請で何とか糊口をしのいでいるのだ。彼は、こうため息をついた。「まあP2Pはマイドリームということで……。これからも開発は続けていきますが、あくまで夢の世界ですね。生活とは別」

 分散協調の枠組みを持つP2Pテクノロジーにはわくわくするような夢と楽しさがあり、2002年ごろにはみんなが熱中していた。だが彼の言うとおり、夢と生活は別なのである。わくわくする技術だからと言って、それが収益につながるとは限らない。

 P2Pは「ビジネス」と「テクノロジーとしての面白さ」の間で揺れ動き、結局はビジネスが優先されて天秤がガタンと落ちてしまい、そうして2002年以降は失速してしまったのである。

 だがここに来て、再びP2Pは注目を集め始めている。通信業界をひっくり返しそうな勢いのSkypeは、アンダーグラウンドなP2Pファイル共有ソフトのKazaaを開発していたメンバーが作り上げたものである。日本のP2Pベンチャーの雄、アリエル・ネットワークスもSkypeと組み、Skypeと連携できるスケジュール共有ソフトを昨年末に発表した。

 日本でもそろそろ、新たなP2Pの夜明けが見えてくるころかもしれない。
Trackback (9)


« 技術論争に対...かつて、キュ... »
 
コメント
 
 
 
数少ない生き残り組のメインストリーム (tomo)
2005-01-06 17:17:45
実に真っ当なP2Pの使い方。



http://www.ariel-networks.com/
 
 
 
Unknown (Unknown)
2005-01-06 23:38:39
「P2Pがビジネスを変える」という本を持っています。

そのほか2冊くらい、P2Pとビジネスに関した本をブックオフで見たことがあります。

僕がP2Pに興味を持ったのはWinny以降ですので違和感を覚えましたが、

ようやく時代背景がわかりました。

 
 
 
ずっと夢を見て、安心してた!? (名無し)
2005-01-09 16:07:41
P2Pに、ブログに、Skype!

ネット界隈の面白可笑しい出来事に群がる連中は、

毎度おなじメンバーのような気がします。

 
 
 
Unknown (km)
2005-01-10 00:55:52
多分、ネットビジネス界の方々は、SkypeのP2P云々とか技術的な面よりも、Skypeが「海の向こうで話題になっている」といるから、群がっているんでしょうね。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2005-01-10 13:39:44
みんなわかっていないでP2Pなんていっているけど、要は中心的なサーバを持たないだけでインターネットからアクセスされるという部分はサーバと同じ機能ですからね。個々のノードとなるPCがサーバと同等な機能を持つということです。そして過去から現在に至るまで世の中のサーバがどれだけセキュリティ侵害を受けていることか。まったくの素人が管理するサーバを想像してみてください。そのうち何が起こるかは察して知るべしです。
 
 
 
みんながんばってるなぁ (wowow_turk)
2005-01-10 23:52:15
http://blog.goo.ne.jp/wowow_turk/e/c487166e1022810f9438c4e7e1fc596b



で(ネット上の《功夫》にウィルス プロモータが海賊版への対策として)というニュースを紹介したことがあります。
 
 
 
Blogは ()
2005-01-11 17:20:16
こんにちは

まさにこのBlogはP2Pではないの?

と思うのですがどうでしょう。

電話やメール、メッセンジャーと比べると言葉にたいしてのリアルタイム性は劣ると思いますが、Blogはトピック単位でのコミュニケーション力は上だと思うのですけど(笑)
 
 
 
HDDレコーダーでP2P (Foxx)
2005-01-14 09:26:54
誰か作ってくれないかな。

子供の運動会の映像を田舎の祖父が自分で選んで持っていくなり、ウチのHDDレコーダーに見に来るなりすれば便利なんだけど。
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
この他の先端人Web日記

高橋靖子の
「千駄ヶ谷スタイリスト日記」

田中秀臣の「ノーガード経済論戦」
goo
Hotwired Japan