TOP ABOUT SITEMAP POLICY HELP
弁護士。中央大学法学部兼任講師。1968年生まれ。著作権等の知的財産権、IT関係はとりわけ強い。これまで、中古ゲーム差止訴訟、「mp3.co.jp」ドメイン名訴訟、対WinMXユーザー発信者情報開示請求訴訟などで勝利を収め、ファイルローグ事件では、高裁での逆転勝利をねらう。主な著書として『著作権法コンメンタール』(編著:東京布井出版)、『インターネットの法務と税務』(共著:新日本法規)などがある。
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
前月 翌月
Au Revoir!!
汚れたどぶ川には、清冽なる鮎は住めない
EFFは卑怯かつ陰湿に振る舞うことを勧めているのか?
YomiuriWeeklyの波紋
コメントスクラムについて
インターネット上の誹謗中傷と責任
fpop氏への回答
ACCS不正アクセス事件
ネットで流行るデマとこれを信ずる国会議員(つづき)
ネットで流行るデマとこれを信ずる国会議員
BLOG


MATRIX

Vol.32 ブログ2.0




URLをメールで送信する URLをメールで送信する
(for PC & MOBILE)

XML

Powerd by gooBLOG


小倉秀夫の「IT法のTop Front」
Hotwired / Blog / 小倉秀夫の「IT法のTop Front」
 今日は、六本木ヒルズでお仕事をした後、新宿に行き、InternetMagazineで連載されている真紀奈さんからのインタビューを受けてきました。今回は、白田先生も一緒でした。
 
 その中で、今回のはてな騒動に関連して、一部反対者の要求は、資本主義社会ではありえないという話をしていたのですが・・・。

 はてなが住所登録義務付け案を撤回してしまいましたね。

 CCCDの時は不買運動がプラスの方向に動いたわけですが、はてなの時は退会運動がマイナスの方向に動いてしまいました。これで、BLOG事業者は発言者のトレーサビリティを確保するためのシステム作りを行うことは自主的には行い得ないということになってしまいました。
 
 はてなが民事訴訟に耐えられなくなったり、近藤さんが児童ポルノ公然陳列罪の正犯として逮捕されるなりしてはてなが倒産しても、別のBLOGサービスに乗り換えればいいだけなので、良かった良かったと胸をなで下ろしているユーザーたちも結構いるのでしょうね。
 
 とはいえ「匿名発言の自由は何にも増して重要だから、匿名者に権利侵害された被害者は泣き寝入りしましょう」なんてコンセンサスが社会的に生まれるわけはないので、BLOG事業者団体で共同出資した利用者情報管理会社が発行するID、パスワードを使用する等、トレーサビリティを確保するための仕組みを早急に作り上げないと、何かの事件をきっかけに、国家が利用者情報を管理するようになっていく可能性が高くなってきましたね。市場原理のもとでは、民間事業者は利用者情報を管理することができず、権利侵害情報が流布されても発信者情報を正しく被害者に開示することができないということになるわけですから、市場の失敗を修正するためには国家の出番ということにならざるを得なくなるわけです。
 
 今回住民登録に反対した人たちは、それがインターネット社会の国家による管理に繋がる重要な一歩であることをどこまで認識していたのでしょうね。もちろん、それを望んで、民間による管理の可能性の芽を摘むためにあえて煽っていた方々もおられたようですが。
 
 それはともかく、被害者を泣き寝入りさせることも、新たなITサービスの導入が禁止されることも、ネット社会の国家による管理を招き入れることもないようにするために、はてなのみならず、現在利用者の氏名・住所を正確に把握していないBLOG事業者には、速やかに利用者情報管理会社の設立に向けて協議を始めてもらいたいものです。
 
 
Comment (33) | Trackback (14)


« バランスが大切告発サイト »
 
コメント
 
 
 
Unknown (野猫)
2004-11-26 06:59:51
はてなは、調査したように、どんどん調査してほしい。



あと、ユーザーが独自にブラックリストをつくったり、優良ユーザーを紹介しているので、嫌がらせの内容や逆にすぐれた活動の民間でのデータベース作り。



ネット関係の弁護士さんで余裕がある方は、ハンドルとメールだけでも商標登録ではないけど、そんな風に預かってあげて、一種の身元保証みたいなことを無料できないのかしら。万が一事件性の自体になれば営業もできるのだし。



飲酒者は、バランスを欠く人でもあるから、事業者は啓蒙活動をしてほしい。

 
 
 
杞憂よりも過去に実際に起こった現実のほうが重かった (otsune)
2004-11-26 07:07:16
民事訴訟に耐えられなくなったり、児童ポルノ公然陳列罪の正犯として逮捕されたりするかどうかは、まだ五分五分ぐらいの確率でしか起こらないのでは想像しているユーザーは多そうですし。

そこらへんの画像アップローダー系管理者ならともかく、はてなは厳格な著作権の処理をしていると感じられるのでしょうし。



一番重要なのは、

・悪徳だと思われている企業を、すくなくともネット上では多数が納得できる手法で告発していたはてなユーザーがいて

・その企業がいやがらせと思える手法で刑事・民事告訴をしてきて

・捜査照会の段階で警察に個人情報を開示した

という過去に実際にはてなという会社で起こった事件があります。



これから起こるかどうかわからない事件よりも、過去に実際にあった事件のほうが判断材料になるのは、ユーザーの心理としてはしかたが無い面があるでしょう。

つまり、はてな以外の事業者で、はてなと同様の誠実さ見られたと仮定したら。もし同様の個人情報の登録を求めてきた場合。過去の事件がないぶん信用に値すると判断されて、登録するユーザーは多くなると予想しています。



過去実際にはてなで有った事件に触れない。というのは「不利なことはあえて言わなくても良い」という弁護士の特性で納得できます。

とはいえ、今回の騒動のポイントがずれて論じてしまう懸念があるように思えます。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2004-11-26 17:34:01
国家に規制されるのも自主規制するのも同じだというのがなんでわからんかな。

 
 
 
H_Ogura@NetLaputa.ne.jp (小倉)
2004-11-26 18:34:20
「国家に規制されるのも自主規制するのも同じだというのがなんでわからんかな」



で、「匿名による発言の自由はとても重要だから、匿名による発言によって権利を侵害された人はおとなしく泣き寝入りすべき」とか「匿名による発言であれば、何をしても構わない」という社会的コンセンサスが得られる見込みはあるのですか。
 
 
 
Unknown (yoosee)
2004-11-26 23:44:42
そんな社会的コンセンサスは初めから求められていないし、逆に「権利侵害から身を守るためにはあらゆる匿名性は破棄されなければならない」みたいな話も極論過ぎて通らないでしょう。



その手の議論に「あらゆる」や「全ての」をつけた瞬間に現実社会への適合性が失われると思うんですが、いかがですかね。



で、今回の場合ははてながやり方を間違った(失敗した)、以外のなんでもないと思うのです。
 
 
 
Unknown (tablog)
2004-11-27 03:01:35
匿名個人による権利侵害よりも、企業と公共機関による法の名を借りたによるユーザーの権利侵害の方が深刻だと思うのですが……。
 
 
 
匿名 (otsune)
2004-11-27 04:28:09
先日の小倉氏の「バランスが大切」というエントリーで

>もっとも、コメント欄とか見ると、匿名での書き捨てが多いんですよね。紀藤先生がそのBLOGで「匿名コメントは無責任になりやすいと考えていますので、その意味でも、答えるつもりはありません。」とコメントされていましたが、匿名のコメントに対する反論というのは徒労感が大きいですね。だから、匿名のコメント等は、基本的に相手にしないようにしようとは思いますが



とかかれている割には、流石に看過できない意見にだけはたとえUnkownの人でも反応はしてもらえているみたいですね。

私のコメントに反応が無かったことで、ある意味では的外れ過ぎないことを書いたのだと安心できました。
 
 
 
やり方の問題? (小倉)
2004-11-27 10:42:11
一連の議論を見ていると、はてなのやり方を問題視していた者もありますが、それ以前に、BLOG事業者が利用者の氏名・住所という個人情報を把握すること自体がけしからん(あるいははてなのような社員が7人しかいない会社がそのようなことをするのはけしからんという見解がかなり多かったと観測しているのですが。
 
 
 
捜査関係事項照会 (小倉)
2004-11-27 12:09:02
 捜査事項照会に応ずるかどうかですが、悪マニの管理人自身、

 

 捜査事項照会書については、確かに強制力はありませんが、NTTや多くのプロバイダは協力していることや、サイト全体への影響のリスクを考慮すると、「協力すべきときは協力したほうが良い」のではないかと考えます。また、元々「令状など」の中に含まれると考えておりますが、今後は「協力する場合の方が圧倒的に多い」と言うことを明確にするために、付け加えました。



http://beyond.2log.net/akutoku/archives/qa/pslg78305.html



 といっていますが、捜査事項照会に応じて捜査機関に一定の情報を開示すること自体は仕方ないよなあとは思います(もちろん、それを「法的拘束力のある」云々という条項で正当化しようとしたはてなにも、問題があったとは思いますが。)。

 私自身は、訴訟を提起しなくとも、弁護士会照会で発信者情報を開示せよと主張していますし、違法性阻却事由が存在しないことの証明まで求めるなと主張していますし、しっかりした根拠があって悪徳だと思われる企業を告発しているのであれば、何も匿名で逃げ隠れする必要はないわけですし、やっている本人は正しいと思って告発を行っていてもどこかで事実認識に間違いがあって不当に告発先の名誉を毀損してしまっている可能性があるので、告発先の企業にも、警察による捜査を求めたり、民事訴訟を提起したりする手続的な権利があるわけですから。

 (名誉毀損の疑いで告訴がなされた場合、捜査機関としては、告訴の対象となった事実摘示が告訴人の社会的評価を低下させるようなものであることを確認すれば、違法性阻却事由があるか、具体的には、被疑者に真実性の抗弁を満たす事情があるかどうかを捜査するわけで、そのためにはまず被疑者を特定して被疑者から事情を聞くことから始めなければならないわけで、告訴の目的がいやがらせ目的であるとしてその先の捜査をしないことは捜査機関のあり方として妥当ではないというべきでしょうね。)。

 

 もちろん、匿名での告発に意義がないとはいいませんが、正しくない告発である可能性も少なからずあることを考えると、匿名での告発を公表する個人・団体は、正しくない告発を受けた企業が被った損害について責任をとることができるように、被害企業が訴訟を提起できる程度に事故の情報を開示すべきでしょうね。
 
 
 
Unknown (tablog)
2004-11-27 14:42:34
> しっかりした根拠があって悪徳だと思われる企業を告発しているのであれば、

> 何も匿名で逃げ隠れする必要はないわけですし、



訴訟されるという事が個人にとってリスクです。つーか裁判なんて金と時間のある奴が勝ちでしょう?民事訴訟が個人と企業の双方にとって公平なシステムだとでもおっしゃるんでしょうか?

(弁護士と言う立場からすれば『公平』だと言いたいのでしょうが)



匿名性の排除は企業にとって有利になるだけで、個人にとっては何の利益もありません。

つまり小倉さんの言う事は、「金の無いやつは何も発言するな」という、非常に危険な思想だと思います。





法廷は社会的な正義を争う場ではなく、法にのっとった正義を争う場です。ゆえに社会的にしっかりとした根拠があったとしても、そんなものは腹の足しにもなりはしません。法は時代によって廃れますから、状況によって適度に改正が必要ですが、金と権力があるものの立場から行われているというのが現状だと思います。



私もはてなには同情しますがねぇ……。
 
 
 
個人 (野猫)
2004-11-27 15:05:26
個人情報が登録された方がその人の基本的人権が守ってもらえるなら広まる。誰からも守ってもらえないと感じているから匿名にして自分を守るのだと思う。



ネットワークの歴史でいえば、本来「匿名」という概念はなかった。当初は、「GUEST」で、発言の価値がなかったし閲覧しか認められないのが普通。大手のパソコン通信では、そういう状況でもすき放題できてはいたみたい。



ところが、「匿名」になってからは、トラブルが異常に多いのは、ネット人工が増えたからではというより、「匿名」とは関係なく自分自身の姿が見えないからだとも考えられる。単純に、今、私が書いている、この私が小学生なら? もしかしたら、酔っ払っているかもしれない…



あと、最近の警察はネット関係の取り締まりには積極的になったような実感はある。それと、「匿名」だからといって、取り締まれないという考えは大きな間違いだと思う。そもそも、捜査は、そういう個人情報がないところで、犯人をつきとめているようだし。



 
 
 
Unknown ()
2004-11-27 16:32:28
匿名を信用するかしないかは本人の勝手ではないのか。井戸端会議を蹴散らす警官のようだな。
 
 
 
資本主義って (こじま)
2004-11-28 00:35:31
>一部反対者の要求は、資本主義社会ではありえないという話



「資本主義社会ではありえない要求」って何ですか? 資本主義社会では要求しちゃいけないことがあるってことでしょうか?



# 正直「キチガイがいる」と思いました。ちゃんと説明されればキチガイじゃないと思えるかもしれませんが

 
 
 
H_Ogura@NetLaputa.ne.jp (小倉)
2004-11-28 01:11:12
>訴訟されるという事が個人にとってリスクです。



それはそうですね。

ただ、表現活動を行う以上、常に潜在的に負わないといけないリスクですね。



>つーか裁判なんて金と時間のある奴が勝ちでしょう?



 そんなことはないです。というか、何を根拠にそう思いましたか?

 ネット上の発言に関する名誉毀損訴訟で発言者たる個人が不当に負けた例って、私が知る限りないですし。



>民事訴訟が個人と企業の双方にとって公平なシステムだとでもおっしゃるんでしょうか?



 それなりに公平といえると思いますが。

 

>匿名性の排除は企業にとって有利になるだけで、個人にとっては何の利益もありません。



 匿名者により誹謗中傷されるのは企業に限りませんね。

 

>つまり小倉さんの言う事は、「金の無いやつは何も発言するな」という、非常に危険な思想だと思います。



 つまり、「金のない奴が自由に発言できるようにするために、企業も個人も匿名の発言者に事実無根の噂を流され、その名誉が毀損されても泣き寝入りすべきである」ということがいいたいのでしょうか。
 
 
 
Unknown (radicalargument)
2004-11-28 01:27:16
>>つまり小倉さんの言う事は、「金の無いやつは何も発言するな」という、非常に危険な思想だと思います。



> つまり、「金のない奴が自由に発言できるようにするために、企業も個人も匿名の発言者に事実無根の噂を流され、その名誉が毀損されても泣き寝入りすべきである」ということがいいたいのでしょうか。



何故これで「つまり」と言って要約出来たと解釈出来るのか不思議なのですが、

tablogさんは「訴訟される事が個人にとってリスク」であると言う前提から

現状では金が無ければ訴訟を起こされた側が例えその請求が不当なものであったとしても

個人としては経済的・時間的なコストが見合わない危険があると言う事を言ってるのでは

ないのでしょうか?



ポジショントークでしか語れない不自由さはお察し致しますが、はてなの件に限定して言えば

「個人情報登録の導入・管理の方法」を問題にして反対している人達に向かって

住所登録の問題の片面である法的観点からしか評価を加えずに、

反対者をまるで人権侵害者予備軍の様な目を向けているのは、いかがなものでしょうか。
 
 
 
不可視の関係 (kagami)
2004-11-28 01:54:12
国の情報管理とはてなの情報管理の

どちらが信頼できるものであるかは自明です。



なぜ、ベンチャー私企業のオーナーである近藤氏を

当てにならない国という仮想の命題を引き合いに

だしてまで、まるで他者を裏切ることなき

聖人のように小倉弁護士は告知されておられるのか。



きっとそこには不可視の世界、

秘された世界があるのでしょうね。



小倉弁護士様、顧問の事業、頑張って下さいね♪

弁護士はクライアントの利益を上げてナンボですからね。
 
 
 
批判はわかった、では対案はあるの? (yukiusagi)
2004-11-28 02:15:04
小倉弁護士の主張はよくわかりました。危惧されている状況も、リーガルリスクマネジメントとして想定してしかるべきもので、それに対して、先生の立つ所からの当事者同士の公平の観点からの対処方も述べられています。

これに対して、様々な観点からの批判がなされていますが、私が見たところ批判を述べているだけで、いざ小倉弁護士が危惧されている状況になったとき、その批判をしている人たちが想定しているような状況(個人情報のトレーサビリティがない、あるいは限られている)でどのような対処がなされうるべきか、という「対案」が示されてませんね。

そうである以上、ある人がいかに批判しようとも、対処の必要性から実効性のある規定、方法が求められた場合、一つの方法として小倉弁護士が主張している方法がとられることになるのではないかと思います。
 
 
 
Unknown (radicalargument)
2004-11-28 03:24:16
yukiusagi様

別にそれでいいんじゃないですか?

yukiusagi様はこの問題を短絡的な二項対立に捉えていらっしゃる様子ですが、

yukiusagi様がご自身で述べられている通り、今回小倉弁護士を批判する人間は

様々な観点からの批判をしている訳です。当然その中には個人情報の登録をする事自体は

問題が無いが、その方法や手際のまずさがあったから反対したと言う者も居る訳ですから、

批判をした者が必ず対案を示す必要は無い訳です。



また根本的な話として「国家による情報管理」という事態が、今回のはてなの件が

それを引き起こす程にネット全体に対して影響力を持ち得るかと言う点でも

論理の飛躍が見られる為、疑問を感じます。



論点のずれをお分かり頂いてない可能性を危惧して念の為にもう一度書いておきますが、

BLOG事業者に対して個人情報を登録すると言う事は、法的な観点以外にも

それを安全に管理しうる技術的な観点での信頼性が語られなければ実効性の問題を語れず、

よって現実的・建設的な意見交換は果たせないものと考えます。
 
 
 
対案は必要ないか? (yukiusagi)
2004-11-28 11:01:52
>批判をした者が必ず対案を示す必要は無い訳です。



そうでしょうか?批判は小倉弁護士がだした論理の帰結を否定することにはなりますが、当初にだした(想定した)問題を治癒することにはつながりません。

「はてな」の問題は、法的観点からいえば、はてな自身にこれからおきると予想される法的リスクをどう回避するか、という想定のもとにおこなわれたものですから、問題がなくならない以上、やはり必要だと考えます。(もちろん、この「問題」は対応のまずさ等もありますが、ここは法的リスクのみにしぼります)



>技術的な観点での信頼性

それは全体の統合としては必要ですが、法的観点に絞った場合、議論の主要な部分を占めるものではありません。(なぜなら、例えば技術的に不可能だったということが、必ずしも法的責任が免除されることにはならないからです)Blogのタイトルに「IT法」とありますし、そのような主張のほうこそ、論点のすり替えではないでしょうか?



 
 
 
H_Ogura@NetLaputa.ne.jp (小倉)
2004-11-28 11:07:55
自分は匿名でそのポジションを隠しておきながら、私に対しては、弁護士であるということから、想像力を働かせて「ポジショントーク」とレッテル張りをするのは、公平性を欠くなあと思ったりします。
 
 
 
H_Ogura@NetLaputa.ne.jp (小倉)
2004-11-28 11:20:05
>国の情報管理とはてなの情報管理のどちらが信頼できるものであるかは自明です。



法律屋的な感覚だと、国に情報管理される方が、民間事業者に管理されるより、問題だということになるのですが。



そのあたりの根本的な部分で認識の違いがあるということでしょうか。
 
 
 
Unknown (km)
2004-11-28 20:25:51
日本において、悪マニの管理者のような「告発」をすることが、その告発者にとってどのような利益を生むのでしょうか?

私は自己満足以上ものは得られないと思います。しかしながら、この「告発」が社会全体の利益になることは多々あります。

加えて、アメリカのような社会懲罰的な賠償金が課せられた企業など、日本ではまったく聞きません。



私は、企業側のリスクと公平性を考えれば、小倉様の仰っていることは理解も出来ます。しかし、個人で訴訟に巻き込まれること自体が大きなリスクとなる現行の社会システムにおいて、社会全体に利益をもたらし得るかもしれない個人の告発者に、匿名性の排除というリスクを負わせることが、本当に我々一人一人にとって良いことになるのかは懐疑的です。
 
 
 
小倉さまへ (スープ)
2004-11-29 01:26:34
レッテルをはればレッテルをはりかえされるのは当然かと思います。

匿名相手だからレッテルをはりまくってよいというものではありませんからね。いや気づいておられないなら仕方ないですが。
 
 
 
それから (スープ)
2004-11-29 01:34:58
>資本主義社会ではありえない

資本主義にそんな面白い定義があるとは知りませんでした。
 
 
 
訴訟社会を望まれておられるのですね (kagami)
2004-11-30 00:17:28
>法律屋的な感覚だと、国に情報管理される方が、

>民間事業者に管理されるより、

>問題だということになるのですが。



それは勿論、弁護士さんは争いが増えれば増えるほど

儲かりますから、争いに満ちた社会を望んでいるが

ゆえに、そういった考えになると思いますが、

一般市民の多くは弁護士だけが跳梁跋扈する

無限の訴訟社会の誕生を望んでおりません。

一般市民の声など当てにならぬ!弁護士のような

民間エリートが人々を訴訟社会という特殊化によって

支配せねばならぬのだ!

(訴訟社会では法律家は特権階級になることができる)

ということでしたら、同じく民間エリートの教授さん

とかはこう仰っていますが…。



http://d.hatena.ne.jp/shinichiroinaba/20041129



「小倉先生は自分の飯の種に本能的に

反応しているだけだと思います!

揉め事を自分で処理できずに、

かといって国家にも頼らないで、

民間の弁護士のお客になってくれるカモ

いやいや善良な皆さんを守りたいというだけなのだす!」
 
 
 
1つ上の人へ (Unknown)
2004-11-30 02:12:04
人を煽るのはおやめなさい。

本人はそれで優位に立ったつもりであっても、傍目から見れば見苦しいだけです。



曲解もそこまで来ると、冗談として笑い流す気にもなれない。

 
 
 
建前と本音 (kagami)
2004-11-30 16:24:09
>曲解もそこまで来ると、



世の中には建前と本音というものがありまして、

実際の利益のフローを

調べる事で相手の本音(利益による行動前提)

を割り出しそれを土台に行動を予想・予測して

先打ちに対応することによって

ビジネスは動いてゆくのです。



物の見方において、

人々がどのように考えるかはご自由です。

ただ、私としては稲葉教授の見方に

賛成であり、曲解ではなく、利益前提から

この見方は真を突いていると

考えているということです。
 
 
 
はてなの失敗 (ramsy)
2004-11-30 18:49:56
今回、はてなが猛反発を食らったのはやり方がまずかったからでしょう?それを無視しての話の展開は暴論だと思います。



いかに最終的に正しい事(私としては異論がありますが)をやろうとしていても、ユーザを納得できない形で強制すれば反発が出るのは当然です。



「はてな」が住所というプライバシーを渡しても大丈夫か、濫用されないかという信頼をもてる企業ではなかったということが下地にあります。

 
 
 
「曲解」という表現に関しては (Unknown)
2004-11-30 22:57:03
私は小倉先生の

>法律屋的な感覚だと、国に情報管理される方が、

>民間事業者に管理されるより、

>問題だということになるのですが。

という文を単に「国に管理させると法律的な問題がややこしくなる」という意味にとっておりました。

それに対してkagamiさんは「弁護士という仕事の利益上、国に任せると訴訟が起きなくなって俺らが困る」と言う意味にとられたのでしょうか?

先生の真意が不明である以上、どちらもまだ単なる一つの見方に過ぎなかったですね。「曲解」という表現は撤回させていただきます。決め付けをしてしまったことを、申し訳ないと思います。







 
 
 
で、仮に建前だとして (nanashi)
2004-12-01 03:55:38
あくまで「予想」に過ぎず、わざわざ

「建前と本音」なんて言う必要はないですよね?

「私の個人の想像ですが」と言うのが適切では。



少なくとも「建前と本音」の部分には、

悪意が感じられ、見苦しいということには

違いないです。一般的に見て。
 
 
 
そもそもの話はきわめて単純で (Unknown)
2004-12-01 13:48:05
単にはてなが個人情報を扱うに相応しい組織ではなかった。

きちんと管理できる能力がなかったにも関わらず収集しようとしたから、要らぬ勘繰りを受けて頓挫した。



ただそれだけの話を、よくもまあここまで誇大に喧伝できますね?

おっしゃるような運動の神輿として相応しかったかどうかの検証くらいされてはいかがですか?

前提が正しくなければ結論も正しくない。当たり前のロジックだと思いますがね。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2004-12-01 15:30:24
「バランスを取る訓練を受けている」と言う根拠を「弁護士」と言う職業に求めれば、「弁護士」故のレッテルを貼られるのは仕方がないでしょう。



自分に有利になる部分でだけ「弁護士」と言う肩書きを使うことは許されない。それだけのことです。

 
 
 
Unknown (Unknown)
2004-12-01 19:01:40
有利になる部分でだけ「弁護士」と言う肩書きを使うことは許せないのはわかりますが、中傷を容認するのもどうかと思いますよ。

 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
この他の先端人Web日記

高橋靖子の
「千駄ヶ谷スタイリスト日記」

佐々木俊尚の「ITジャーナル」
goo
Hotwired Japan