TOP ABOUT SITEMAP POLICY HELP
弁護士。中央大学法学部兼任講師。1968年生まれ。著作権等の知的財産権、IT関係はとりわけ強い。これまで、中古ゲーム差止訴訟、「mp3.co.jp」ドメイン名訴訟、対WinMXユーザー発信者情報開示請求訴訟などで勝利を収め、ファイルローグ事件では、高裁での逆転勝利をねらう。主な著書として『著作権法コンメンタール』(編著:東京布井出版)、『インターネットの法務と税務』(共著:新日本法規)などがある。
2017年4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
前月 翌月
Au Revoir!!
汚れたどぶ川には、清冽なる鮎は住めない
EFFは卑怯かつ陰湿に振る舞うことを勧めているのか?
YomiuriWeeklyの波紋
コメントスクラムについて
インターネット上の誹謗中傷と責任
fpop氏への回答
ACCS不正アクセス事件
ネットで流行るデマとこれを信ずる国会議員(つづき)
ネットで流行るデマとこれを信ずる国会議員
BLOG


MATRIX

Vol.32 ブログ2.0




URLをメールで送信する URLをメールで送信する
(for PC & MOBILE)

XML

Powerd by gooBLOG


小倉秀夫の「IT法のTop Front」
Hotwired / Blog / 小倉秀夫の「IT法のTop Front」
 私へのインタビューも掲載されているYomiuriWeeklyの記事がいろいろなところで波紋を呼んでいるようです。

 あの記事がきっかけになってというと言い過ぎでしょうが、あの記事が掲載された前後から、週刊誌等の既存メディアがblogの功罪について論ずることが増えたような気がします。そして、blog論を実名で論じている法律家というのはそう多くないこともあって、私がblog論に関してマスメディアの取材を受ける機会も増えました。

 この期に及んで既存メディアがblogについて論じ始めた意図について、必ずしもポジティブなスタンスをとっていないことなどと相まって、一種の陰謀論的に捉える見解もネット上にはあるようですが、実際に取材を受けたり、その後記事になったものを読んだりした印象から言うならば、それはあたっていないのではないかと思います。

 ある領域において「不正義」が横行すれば、マスメディアがこれを取り上げるのは自然な話です。そして、関係者たちがその「不正義」をある程度自主規制できなければ、国家権力がこれを規制するようになります。

 関係者たちが、その領域の特殊社会性を強調し、治外法権たるべきことを訴えてみても、大体うまくいきません。その領域を特別扱いすべき理由が見つからないからです。

 もちろん国家権力による「不正義」規制の完全実行などできた試しはないのですが、そのことは国家権力が「不正義」規制を一切行うべきではないという根拠にはなり得ないのであり、実際なっていません。ある規制を行うことによって「不正義」が少しでも克服されることは何もしないことによって「不正義」がそのまま放置されるよりは「良きこと」なので、完全実行できない「不正義」規制は必ずしも「不当」なものではありません。

 blogにおける「不正義」規制についても同様のことがいえます。blog上において、匿名による誹謗中傷、差別的な言動、ある種のストーキング等の「不正義」が横行している以上、マスメディアがこれを取り上げるのは自然な話です。そして、blog業界がこの「不正義」を自主規制できなければ、いずれ国家権力がこれを「法」により規制しようとすることでしょう。

 木村剛さんは、「ただ、指摘しておきたいのは、世の中の規制を決めるのは、ネット上の世論ではなく、リアルワールドの中で蠢いている永田町のオジサン・オバサンたちだという厳然たる事実です。」と仰いますが、正確には、その「永田町のオジサン・オバサンたち」を動かすのはネット上の世論ではなく、その選挙区にいる普通の人々の世論なのです。したがって、どこにでもいる普通のおじさん、おばさん、おにいさん、おねえさんたちが思わず目を背けてしまうような言動が横行している状態を克服できないままでは、何かきっかけとなる事件が起こったときには、一気にblog規制論が広まっていくことでしょう。

 規制の方向としては、発信者の匿名を制約するという方向と、ブログサービス提供者に違法コンテンツ探知・削除義務を負わせるという方向と、2通りあります。blogによる表現の自由をより確保したければ、できる限り、後者の方向での規制を回避すべきです。後者は、少なくとも日本国内について言えばblogにおける誹謗中傷等の撲滅という立法目的をほぼ完全に実行することも可能とはなりますが、これを実行するためにはblogサービス提供者に過大な負担をかけることになりますし、blogサービス提供者はグレーゾーンでもコンテンツ・コメントを削除してしまうという萎縮効果を発生させる虞が生ずるからです(違法コンテンツを削除しきれなかった場合のサンクションをどうするのかにもよりますが。)。

 Dennis Baileyさんが仰るとおり、匿名での攻撃的発言が容認される場合には、「It's also impossible to hold people accountable for their words when they are hiding their identity. For instance, individuals are more likely to spread libel or use hate speech when they know they won't be found out.」という性質があること、「インターネット上での紛争は当事者間で解決すべき」といえるためには、紛争の一方当事者が他方当事者から逃げ隠れできる道をふさぐ必要があること等を考えると、発信者の匿名性を制約する方向でシステムを改革していくことが、blog等での発言の自由を守るために必要だといえると思います。
Comment (38) | Trackback (46)


« コメントスク...EFFは卑怯かつ... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (Unknown)
2005-04-23 18:15:55
まず、薄い内容に形容詞句を入れて数行に引き伸ばす悪文をどうにかしませんか?

「○○、××、▽▽、…ます。」みたいな文章が多すぎです。

要点は箇条書きにして下さい。



あと、世間の不正義をとやかく言えるほど、弁護士が人一倍正義感にあふれて

いるとは思えません。

成功報酬を払ってくれる人の味方と反日弁護士が多いのが実情ではありませんか?



宜しく。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2005-04-23 18:44:02
まぁ~マスコミは自分達で言い出すのは

嫌いですから・・・

彼らはあくまで、伝達者という名目が

あるので、誰かが言いだすのを待って

から記事にしたりする。

ケツ持ちを自分がしたことに気付かず、

自分が影響と言っている時点で

幸せな弁護士だと思いました・・・
 
 
 
Unknown (Unknown)
2005-04-23 19:23:35
匿名性の議論は既に終わっています。それでも議論を

続けたいならばJSF氏とサスケット氏の意見に議論

のすり替えなしで反論してくださいよ。
 
 
 
バランス (福田)
2005-04-23 19:54:49
“国家権力が「不正義」規制を一切行うべきではない”という思潮は

人権擁護法案反対派を支える前提にもなっていました。

こういう考えというのはやっぱり戦後民主主義思想の延長線上に位置づけられるもので、

国家権力に対する「漠然とした抵抗」として皆なんとなく「規制反対」と

連呼しているだけのように見えます。

そういう意味ではネット言論は基本的に左翼的なのでしょう。



とはいえ、こうした左翼感覚が社会民主主義としての日本をバランスよく保ってきたことも

事実ですので、ちょうどその中間点である「匿名制約(匿名排除ではなく)」という形で

ネットの規制について模索することは大いに意義深いことであると思います(レッシグもまた

この中間点に帰結しているという点で小倉さんとの同一性を見出せると言えます)。
 
 
 
Unknown (っていうかこのコメント出すなら)
2005-04-23 20:26:36
http://www.eff.org/Privacy/Anonymity/blog-anonymously.php

広範な影響を持った主張である、エレクトリックファウンデーションのHow to Blog Safely (About Work or Anything Else)をきちんと紹介してからでしょう。

ちなみに、これはいかに企業からの訴訟を受けないでブログの匿名性を維持するるか、という話です、

それに対するとてもマイナーな一反論だけを紹介するのでは、あまりに、この論調は「不正義」ではないですか?

アメリカ人の99.9%は、「発信者の匿名性を制約する方向でシステムを改革していくことが、blog等での発言の自由を守るために必要」だなんて思っていないと思います。



「発信者の匿名性を制約する方向でシステムを改革していくことが、blog等での発言の自由を守るために必要」といっている人が世の中に多数いる、ということを論証してください。



それに。このエントリを要約すれば、あなたは「マスコミと国家権力の一走狗になりたい」ってことですか??



 
 
 
Unknown (Unknown)
2005-04-23 20:32:58
瞬間的に論破されたようです・・・
 
 
 
Unknown (Unknown)
2005-04-23 20:40:02
 ネット上における発言の自由を「護る」ためにも匿名性を排除するべきだと言いたいみたいですが、そのような議論はもう何年も前からやり尽くされています。今更何を言っているかというのが正直な感想です。また、誹謗中傷と匿名が無関係なのはネット上を少し見渡せば容易に理解できます。

 また、木村剛さんの文章をセンセは誤読しているとしか思えません。YomiuriWeeklyの記事が各地で言及されているのは、あの記事で出てくる弁護士はこういう人ですよ、と言いたいがために他ならないと思うのですが違いますでしょうか。そういう意味では「コメントスクラム」が各所で言及されたのと同じスタンスでの取り上げ方だと思いますが穿ち過ぎでしょうか。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2005-04-23 21:01:18
このブログを見ると自分を客観的に見ることの大切さと難しさを痛感いたします。司法試験を突破されて物事には常に多面的な見方があることを必死に学んだ方がこのようなテキストをお書きになられるのですから。
 
 
 
Unknown (こう)
2005-04-23 21:13:22
>福田さん



>“国家権力が「不正義」規制を一切行うべきではない”という思潮は人権擁護法案反対派を支える前提にもなっていました。こういう考えというのはやっぱり戦後民主主義思想の延長線上に位置づけられるもので(略)



自由主義的憲法観では、戦後民主主義思想なんてこの手の話には全く関係ないんですが・・・自由主義の思想のために民主主義制度が採用されているわけで、戦後民主主義とか、左派とかそういうのは関係ないですよ。自由主義思想からすれば、国家は規制をすべきではないと言うのは常にそこにある主張に過ぎませんよ。



左とか右とかにこだわりすぎだと思います。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2005-04-23 22:36:23
なんか意図的に不正義である「誹謗中傷、差別的な言動」とそれとは別の概念である「匿名」を結びつけようとしているところが作為的だと思いますが、そういう人だと言うことは十分理解しているのでスルーしておきます。

匿名が規制されれば言論そのものが萎縮してしまうのでblogサービス提供者の萎縮とは比べ物になりません。匿名を規制して出る弊害を一切無視しつづける姿勢はある意味すばらしいと言えますが、世間一般の認識から言えば、ずれているとしか言いようがありません。

と言うか、本気でネットにおける発言が匿名で出来ると思ってるんでしょうか?いまだに匿名幻想を信じているとも思えないし、そこが理解できません。
 
 
 
レス (福田)
2005-04-23 23:35:41
>こうさん

>自由主義の思想のために民主主義制度が採用されているわけで



戦後民主主義というのは自由主義と民主主義とが「混同」された上に成り立っている思考だと思います。

しかしながら本来、自由主義と民主主義とは両立不可能な正反対のものだと考えられます。

ここでは割愛しますが、自由主義の果てに民主主義がある、というのは幻想だと私は思います。

自由主義の果てにあるのは先鋭化した資本主義でしかなく、要は「何でもアリ」の世界観です。

ホリエモンなんかもこの類です。まあその辺は置いておいたとしても、

この複雑化した社会民主主義国である日本で徒に自由主義を謳歌するのは

現実的だとは思えない、というのが正直なところです。

結局先鋭化した資本主義というのは「国家」を否定する地点へ行き着くしかありません。

これはこれで理解できるのですが、そうなってくると右や左なんて話がとても重要な

意味帯びてくるのではないかと思うわけです。ホリエモン問題にしても、

人権擁護法案や匿名性の問題にしても、背後に横たわっているのは

戦後民主主義的な「混同」に由来するのではないでしょうか。

そう考えると全く無関係な話だとは言い切れないのではないかと思うこの頃です。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2005-04-23 23:56:52
福田。

議論は言葉遊びではないぞ。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2005-04-24 00:06:27
福田。

長文は自分のブログでお願いします。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2005-04-24 00:08:36
1. 2005年01月30日 公開フォーラムとしてのテレビの機能と政治家の器量

テレビ朝日ーNHK問題に対して・・・・「政府高官が、番組に含まれる主張とその主張が主題とする問題についての自分の主張と隔たりが自分の許容範囲外にあるからといって、番組を政治的に「偏向」しているとして、その放送を中止したり再編集したりすることを求めるのは、問題があるといえます。」との発言。



1)「政治家がNHKに中止したり再編集することを求めた」と断言した根拠はなにか?



2.2005年03月13日 人権擁護法案(まとめ2)

「  副作用を少なくするためにこういう点を改善しようという意見よりは、副作用を大げさにあおり立てて法案自体を潰そう(そして、これまで通り匿名の陰に隠れて安心して差別表現を楽しもう)という反対論の方が威勢がよいように思うのですが。 」

1)その反対論はどこにあるか。サイトを示せ。

2)威勢がいいと判断した根拠はなにか?



3.2005年03月20日 ネットで流行るデマとこれを信ずる国会議員



「 インターネット等で主に匿名ブロガーなどによって語られているデマを真に受ける国会議員が自民党の側に現れ、内閣提出法案として提出されることが予定されていた法律案が自民党の部会決定を得られず提出が滞るという現象です。 」



1)どのデマサイトを見て信じたか。アドレスを示せ。

2)なぜデマサイトを見て信じたと確信したか。

3)もし根拠がなければ、小倉先生がデマを流したことにはならないか。
 
 
 
Unknown (匿名保護希望法曹)
2005-04-24 00:10:23
自分を批判するHNに対しては、個人情報を特定して反撃(攻撃・曝し)を加えたい、という傾向はパソコン通信時代からありました(良い悪いは別として)。だけど「匿名性の制約」とまでするのは人権擁護(プライバシー)や表現の自由の尊重(萎縮効の防止)からすれば、行き過ぎでしょう(弁護士法1条参照)。犯罪者や民事争訟に限ってIPからトレーシングできる現行法制で十分です。

それを超えて、匿名性を十把ひとからげにして「嫌悪」するかのような書きぶりが理解できません。自分が実名を曝しているからといって、弁護士だからできる--「何かあったら得意分野の裁判沙汰にするぞってことでしょ、先生(と言われたことがある)」という書かざる威嚇効--と言っても過言ではないでしょうから、匿名投稿を嫌悪する正当理由にはならないことはもちろんです。

一般庶民は、弁護士と違って、自分の問題を気軽に裁判に持ち込めない!という点ご理解いただければと思うのですが。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2005-04-24 00:12:39
>福田さん

レッシグをひくと小倉弁護士がますます不利になりますよ?



http://sasuket.blog7.fc2.com/blog-entry-6.html

http://makimo.to/2ch/academy3_jurisp/1109/1109064591.html
 
 
 
Unknown (Unknown)
2005-04-24 00:15:21
別に福田さんのおっしゃている論自体はそんなに疑問を感じる部分はないのですが、福田さんの考えている「右」あるいは「左」と、他の方が考えている「右」「左」は若干ずれているような気がします。なぜなら、福田さんは「そういう意味で~」という表現を用いており、自分なりの表し方で左的、右的なものがあると仮定した上で、「右」あるいは「左」という表現を用いているわけですから。

一方恐らくですが、こうさんの考えている「右」「左」は現実社会における感覚としての「右」「左」に近い気がします。例えば右翼、左翼を具体例に出して説明できる「右」「左」でしょうか。

そうすると、両者の論はどちらも的を得ているのですが、ここが曖昧になってしまうと議論自体がが平行線をたどってしまう感がいたします。もちろん本議論の争点であるのは「右左の感覚」あるいは「右左の存在」ではないのでこんなことをいうの自体間違っているかもしれませんが、今一度再考したうえで建設的な議論を展開していただけたらと、傍観者の立場ではありますが、述べさせていただきます。



駄文失礼
 
 
 
Unknown (小倉の発言)
2005-04-24 00:16:56
ただ、「コメントスクラムを起こすのはネット右翼である」という説など誰も唱えていないのに、そのような説が唱えられたことを前提に必死になってブログ主等を非難している方々とかに対しては、お気の毒な気持ちにすらなってしまいます。



当該ブログ主が「コメントスクラムを起こすのはネット右翼である」という説など唱えていないことを知っていながら、ネガティブキャンペーンのためにあえて曲解して見せている匿名さんに対しては、「卑怯」という評価を投げかけてもよいのだと思いますが。



引用ここまで



「小倉秀夫は非常識で幼稚な人間に『コメントスクラム』や誹謗中傷ばかりを受けている」なんて説など誰も信じてはいないのに、そのような妄想が支持されているという事を前提に必死になってコメントしやすい煽りだけに反応している先生に対しては、お気の毒な気持ちにすらなってしまいます。



コメントしている方々が「小倉先生は煽りばかり受けている、主旨がうやむやになって反論できないのも当たり前だ」という話など誰も信じてはいない事を知っていながら、自分と名誉と保身のためだけにあえて核心をつく質問から逃げている小倉さんに対しては、「卑怯」という評価を投げかけてもよいのだと思いますが。

 
 
 
Unknown (Unknown)
2005-04-24 00:18:32
う~ん、前半と後半が矛盾してるな。



>妄想が支持されているという事を前提に



妄想が支持されていないのを知りながらわざと支持されているという事を前提に

に変更か。
 
 
 
Unknown (こう)
2005-04-24 00:53:45
戦後民主主義と言うものが、論者によって、ニュアンスが異なるようなので、福田さんがどのような論説を指して仰っているのか良く分かりませんが、一応反論します。



自由主義思想からは、原則として他者の自由との調整の場面でのみ自己が自己の自由を制限することを正当化できると考えるので、自己の自由を制限するのは自分自身、すなわち治者と被治者の同一性が前提になっています。結局は、「自由主義のために民主主義を採用している」と言う関係に立つわけです。僕は決して、「自由主義の果てに民主主義がある」などということは考えていません。価値判断的にいうのならば、「自由」と言う価値を「民主主義」と言う価値に「優先」させています。



以上を前提に考えるのならば、むしろ、混同しているのは福田さんのように思えるます。国家が必要以上に介入をしてくると思えば、なんとなく反対するというのも許されるのが自由主義です。これは別に右・左とは全く無関係で、自己の自由が侵害されるという漠然とした不安感があれば、右でも左でも反対はします。現に人権擁護法案については、思想の右左というのはあまり関係なく反対論が主張されていると思うんですが。それが論理的かどうかはともかく。まあ、思想傾向として、左の人ほど賛成論なのかもしれませんが。



むしろ、

>国家権力に対する「漠然とした抵抗」として皆なんとなく「規制反対」と連呼しているだけのように見えます。そういう意味ではネット言論は基本的に左翼的なのでしょう。

福田さんがこのような杓子定規のような考え方で居ることのほうが驚きです。これでは、右・左の判断ありきではないでしょうか?もちろん、日本政治的実情の元において、様々な勢力図を簡略化してゆけば、福田さんの感覚も間違いではないと思いますが、別に右側の人だって、国家に反対することはあるので、そうともいえないと思いますよ。



そういうわけで、右・左ありきの議論は意味の無い、あるいはそれにこだわりすぎているのではと思う次第です。
 
 
 
Unknown (いいなぁ)
2005-04-24 01:09:25
うらやましい。小倉っちはこんなにみんなに愛されてるんですね。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2005-04-24 01:35:31
はい。「かまって君」なので、つっこみどころ満載のコメントをいただける、というわけですな。(笑)
 
 
 
Unknown (Unknown)
2005-04-24 01:55:53
福田とこうはメアド交換してメル友になれよ

もしくは自分のフランチャイズでやれ
 
 
 
Unknown (Unknown)
2005-04-24 04:24:22
先生! 切り込み隊長が500オーバーのコメントスクラムです!

弁護してやってください。
 
 
 
Unknown (福田)
2005-04-24 07:41:41
と私が長々と自由主義と民主主義の議論をするのも、本エントリの論点があまりに、コメンターの方々を刺激しすぎるのではないか、と恐れたからです。議論を本線から外すためでございます。なにとぞよろしくお願いします。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2005-04-24 09:19:56
>議論を本線から外すためでございます。



何だそりゃ
 
 
 
企画希望 (匿名希望)
2005-04-24 10:34:26
ブログの記事を弁護人と検察官に別れて討論していただき、

コメント欄では、それをもとに、判決意見を述べる場にされてはいかが?

 
 
 
Unknown (Unknown)
2005-04-24 10:42:18
>ブログの記事を弁護人と検察官に別れて討論していただき、



いや、「民衆法廷」に弁護人は不要だよ。

民衆が民衆のために法廷を開くのだから。

それとイベントだから法的根拠は不要。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2005-04-24 15:02:31
> 関係者たちが、その領域の特殊社会性を強調し、治外法権たるべきことを訴えてみても、大体うまくいきません。



という部分と、



> blog上において、匿名による誹謗中傷、差別的な言動、ある種のストーキング等の「不正義」が横行している



という主張との間には明らかな矛盾がありますね。
 
 
 
Unknown (KY)
2005-04-25 09:42:11
記事を読むと、

不正義が具体的にどういう場合を想定している

のかが分からない面があります。

その点は少し明確にすべきと思います。

その点が何なのか不明なので分からない面も

ありますが、



違法性のある書き込みなどは、

現行法でもIPなどである程度確定できるのではないでしょうか。

後は、自分のコメントにプロクシ経由のものを

経由する書き込みを受け付けないとか、個別

での対応があると思います。



それと、日本で規制した場合、規制がない海外

へ流れるだけでは?と思います。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2005-04-25 22:31:21
ネット匿名問題(?)を優先していることから、 IT法はやめて、ネット評論家への方針転換を狙っているという疑念が払拭できない。

 
 
 
Unknown (Unknown)
2005-04-25 23:39:15
都合のいいときにだけ「長文ウザイ」と言い出すのがいる件について
 
 
 
Unknown (終始)
2005-04-26 01:11:38
blog論ですか…いまさら感がぬぐえないですね。

まぁいまさらな話題を取り上げるのがマスコミの仕事ではあるのですが…



まだまだ法整備が整っていないITの事件を論じるblogだと認識していたのですが、

いつのまにかblog論のblogになってしまっていますね…

blog論なら法律家よりネット廃人のほうが良い文書くので

もっと法律家としてのお話が聞きたいです。
 
 
 
Unknown (匿名の卑怯者)
2005-04-26 07:57:37
blog論なら半角英数たんが最強でしょうね。

年がら年中、今日はどんなことを書き込もうか

考えてる人だから。



ここの弁護士さんはほかに仕事を持っているの

だろうから、ちょっと考察が足りないね。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2005-04-26 23:08:10
「不正義」っていうのが何なのか判らないなぁ、小倉先生の文を見る限り。なんか曖昧というか適当というか・・・。



そもそも、正義不義っていうのは個人に委ねられるモノであって、一色端にできるモノではないと思う。



>紛争の一方当事者が他方当事者から逃げ隠れで>きる道をふさぐ必要がある



逃げ隠れした時点で、紛争とやらの勝ち負けはハッキリすると思うんですがね。
 
 
 
無題 (ss)
2005-04-30 16:00:16
ウチのブログでは「通りすがり」さんのコメントに結構参考になるものがあったりしますけどねえ。

匿名さんからの誹謗中傷がいやならコメント欄を閉鎖すればいいんじゃないでしょうか?
 
 
 
Unknown (rona)
2006-03-19 18:35:30
なんか、すぐに十派一からげに弁護士批判する人がいるけど、弁護士っていっても十人十色でしょ。表現の自由を守ってきたのも弁護士だよ。長崎の小6女児が同級生の女児に殺害された事件で、2ちゃんねるに加害者のファンクラブじみたサイトができて、2ちゃんねる規制論を言い出す人が結構出たけど、その場合も安易な表現規制は、危険だっていって反対してた弁護士だし。今でこそ、人権保護法案反対運動で盛り上がって、表現規制反対の運動の中心はネットに移っているけど、その前は弁護士会が反対してたじゃない。ネット上の表現については規制論を打ち出す弁護士もいれば、そうでない弁護士もいる。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2006-03-19 19:47:06
表現規制ってのは、最初は緩いもんだよ。

いかなる表現も規制してはならないって立場を堅持するからこそ、表現が守られる。

だから、何らかの表現が規制され始めると、一気に瓦解する可能性がある。



規制団体は、まず何らかの表現規制を目指して活動する。それが実現すると、今度は別の標的を求める。それの繰り返しで、結局、最終的には大幅な規制が実現してしまう。
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
この他の先端人Web日記

高橋靖子の
「千駄ヶ谷スタイリスト日記」

佐々木俊尚の「ITジャーナル」
goo
Hotwired Japan