ひらつかを歩こう                    ひらつかウオーキング協会&写真生活

HWAにおける各種情報の発信と、最近凝りだした写真を掲載しています。

2017年4月 平塚の公園を巡る

2017年03月13日 | ウォーキングの一言

「平塚の公園を巡る」

 3月某日。たまには平塚市内を散策してみようかと思いつき、イベントで使ういつもの見附大公園に行ってみた。
 公園奥の芝生の上では、大勢の年配者の参加者を集めたゲートボール大会が開催中であった。
 大会を横目で見ながら、「さてどこを歩こうか」と思案しながら、まずは桜ヶ丘公園に向かってみた。
 通りには、上も花がチラホラと咲いているだけであり、今日のコースを検討し、平塚市南側の公園めぐりを行うことにした。
 桜ヶ丘公園
 なでしこ公園
 湘南海岸公園
 しおさい広場
 河畔スポーツ公園
 一部茅ヶ崎も入っているが、とにかくこのコースで回ろうかと。

 桜ヶ丘公園に到着したが、季節がら花の姿は見えず、高麗山が冬色の姿で公園を見下ろしている風景のみ。救いは大勢の園児たちの矯正か。
 公園を出発し、花水川の左岸を歩いてみた。桜の蕾はまだまだ固く、花が開くにはまだ相当な日数が必要な気配であり、川辺の緑もほとんどなく、さみしい限りの土手道でした。
 なにはともかく花水橋を西にわたり、花水川の右岸を相模湾方向に。
 春の日差しを受けつらつら歩くうちに、下花水橋に。この橋には、「花水川」の由来が記されており、遠い鎌倉時代に思いをはせながらさらに南に向かいます。
 平塚には、源頼朝に由来する場所が結構あり、この花水川しかり、馬入川しかり、政子さんの安産を祈願したお宮ありと、古い歴史が残っていることがしのばれます。
 花水川橋につくと、目の前が国道134号線であり、その先に広大な駿河湾が目の前に開けてきます。左手の高麗山、遠くの大山を望み、右手に駿河湾を望みながら橋を渡るとなでしこ公園となります。

 なでしこ公園は、協会のイベントではよく使用させて頂いており、古くは、協会設立時の初回イベントでも利用させて頂いた公園です。当時は、時期が早いとはいえ、チラホラとナデシコの花が見られたのですが、今回は、地元の有志の方が植えつけたパンジー一色でした。一色と言っても、色は黄色、紫、白、赤・・と咲き誇っていたのですが、なんとはなく「なでしこ公園」になでしこがないのはさみしい気持ちにもなります。

 次は湘南海岸公園です。なでしこ小学校に北側を、ズンズンと東に進んでゆきます。
平塚消防署の海岸出張所の西側でマンションに突き当たりますので南に迂回し、交差点を超えてさらに東に進みます。しばらくすると四つ角の南側に扇の松が見えてきます。巨大な松であり、相当な年代ものだろうなと思いながら、緑の葉を保ち続けている末の姿を見上げながら橋はさらに東へと進みます。
再びT路の突き当りとなりますので、南に曲がり、さらに東に進むと湘南海岸公園の手前にある松林が視界に入ってきます。

平塚湘南海岸公園に到着です。広い広い公園ですが、その昔は何があったのでしょうか。
入口の駐車場をぐるりと回って南側の松林に入ると遊歩道が整備されています。ウネウネと遊歩道を進み、公園の東の出口から134号線に出て東に進むと高浜台の交差点となります。この交差点を渡り、さらに東に行くと湘南大橋となります。
海からの南風を受けながら、大橋を渡りきると柳島の歩道橋です。歩道橋にあがり、南に進むと下水道終末処理施設の屋上に展開しているしおさい公園となります。

しおさい公園は、施設の屋上にあることもあり、どこまでも平らになっており、テニス場、サッカー場をはじめ、芝生の憩いの広場などがあり、家族連れで楽しめる広場になっていますが、木陰などがほとんど無い為、夏の日差しは厳しい公園となっています。
公園を出て、ゴルフ場の東側を北に進み、中島中学校の北側を西に進むと河畔スポーツ公園となります。

河畔スポーツ公園は、ゴルフ場の真ん中に位置しており、400メートルトラック、テニスコートなど、多くの運動施設が整ったスポーツ公園であり、このコースをイベントに使用するときには、入り口近くにある管理棟のおトイレをよく拝借している公園です。

立ち木に囲まれているゴルフ場の中を北進すると、東海道線に高架下になり、少し東に進むと国道一号線の新田入口となります。この交差点を南にわたり、馬入橋の南側を平塚に戻ってきました。橋を渡り終わり、線路際に道をとり、一気に平塚駅を目指しましたが、途中には、玄斎カレーパンを復刻した高久製パンなどもあり楽しむこともできました。

本日歩いたコースは、フラットなコースであり、どなたでも楽しめるかと思いますが、距離的には14キロ前後ありますので、厳しいと思う方は湘南海岸公園から平塚駅に向かうコースの良いと思います。また、今回は西回りで歩きましたが、平塚アリーナの馬入公園から河畔スポーツ公園に向かう東回りも楽しめると思います。もちろん、平塚駅南口から湘南海岸公園に出て、東に進むコース、西に進むコースとも、ブラットウォーキングとして十分楽しめると思いますので、皆さんもお気軽に如何でしょうか。




Canon ミラーレス一眼カメラ EOS M10 レンズキット(ホワイト) EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM 付属 EOSM10WH-1545ISSTMLK
キヤノン
キヤノン

『ウォーキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年4月 俳句 | トップ | 2017年4月 KWAイベント案内 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ウォーキングの一言」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。