もりあおがえるのつぶやき

山里の四季の移ろい、日々の暮らしをつれづれに

燻製

2017-01-30 17:11:09 | 季節

冬になると燻製を食べたくなる。あの煙のにおいが口中に広がった時の何ともいえない幸福感、おいしさは格別だ。それもそのはず我らが祖先は何万年も焼いた肉を腹一杯食べるときこそが幸福の絶頂なのだ。狩猟採集民の数万年のDNAが色濃く残っているのだ。普段は木の根山菜で空腹をふさぎ,獲物が捕れたときはバンザイそれがなくなるまで骨にかぶりついたのだ。貯蔵なんてできないからなくなるまで食い尽くししばしの満足感に浸っていたのだ。その幸福感が燻製の煙のにおいでよみがえる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 集会所雪下ろし | トップ | 冷え込み »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。