もりあおがえるのつぶやき

山里の四季の移ろい、日々の暮らしをつれづれに

熱帯幻想

2017-03-06 17:55:42 | 季節
        
僕はゴーギャンを崇拝してるので熱帯というものにはるかな憧れを持っている。南海の楽園タヒチ、あのヤシの木と白い砂浜、熱帯の濃厚に甘いフルーツ、眠ったように静かな人々、おどろおどろしい不思議な神々、その片鱗でも植物園の中で確かめたかった。原色に咲き誇る花々、様々な熱帯の果物、トケイソウの花、バナナ、パパイヤ、スターフルーツ、カカオにソーセージの樹。
こんな果物がたわわに実った温暖な地なら毎日寝て暮らせる、それでいて何か神秘的なものに魔物に絶えず苦しめられて芸術家の想像を掻き立てられるところなのか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 八丈富士  | トップ | 歴史的八丈島 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

季節」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。