ふうるふうる・たらのあんなことこんなこと

いろんなできごとを面白がってしまおうと思っています。
日常のあれやこれや記事です。

ATMを利用するだけで共謀罪!? あなたも私も犯罪者にされちゃうわよう

2017-05-17 09:16:57 | まじめな話

 昨日(5月16日)の東京新聞「こちら特報部」で共謀罪と閣議決定について取り上げているので、簡単にまとめてみました。簡単というにはちょっと長くてごめん。

●一般市民が共謀罪の対象になる
  共謀罪法案は「テロ対策」を掲げているけど、たとえば
・写真を撮りながら歩くのは下見(準備行為)。
・ATMで現金を得るのは犯罪をおこなうための準備行為。
・キノコを山で採るのも準備行為(売って資金源になるかもって……)。

 さらに「犯罪の合意」をさぐる捜査対象に電子メールやLINE(ライン)等が含まれる。
  おまけに、警察などの恣意的な運用に歯止めがかからない。つまり権力がその気になったら今よりあからさまに、なんでもできるってこと。

●閣議決定には法的拘束力はない
 閣議決定とは、「現在の内閣はこう考えている、こういう判断をしている、ということを示すもの」なのに、昨今では「安倍首相は正しい」と宣伝する道具と化している。
 立教大の西谷修・特任教授(戦争論)は「2014年7月、集団的自衛権の行使容認を閣議決定したとき、安倍政権は閣議決定で憲法を空洞化できることに気づいた。閣議決定は今や憲法より強いかのように効力を発揮している」と指摘。
 その閣議決定で、共謀罪法案を巡る国会審議での安倍首相の“「「そもそも」には「基本的には」の意味がある”という大間違いの発言を正当化した。
 
●閣議決定から見える共謀罪法案の危険性
 このまま共謀罪が成立したらどうなるか。思想家の内田樹さんは、「市民たちは思想犯を相互に監視するのが義務と考えるようになり、安倍政権を批判する『非国民』に私刑を加えるだろう。憎しみと非寛容が支配する社会に変貌する」と危ぶむ。
  本来、閣議決定に法的拘束力はない。でも、西谷教授は次のように警告する。
 「いったん共謀罪が成立してしまうと。法的拘束力などなくても、安倍政権が閣議決定で黒を白と言ったら、それが現実になるだろう。すでに立憲体制は崩れており、民主主義が壊れつつある。国民に一人一人が本気で抵抗しないと、この国は崖を滑り落ちるように独裁国家に転落していく」


 あたしは奴隷になりたくないし、言いように使われたくないから民主主義維持を支持するぞい。
 独裁国家はいらない。戦争はいらない。原発もいらない。

 こういう発言をする人間が邪魔だから、安倍政権は共謀罪成立を急いでいるんだ。
 やだねー。話し合うこと、発言することが罪になっちゃう共謀罪はますますいらないわさ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 肉球新党を支持するぞー! | トップ | 法律と憲法はまったく違う法... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。