ふうるふうる・たらのあんなことこんなこと

いろんなできごとを面白がってしまおうと思っています。
日常のあれやこれや記事です。

「共謀罪」成立で失ったもの 4/4  人間の品位

2017-06-16 11:43:55 | まじめな話

●密告社会による人間の品位喪失
 (「共謀罪に反対する表現者たちの会」の作品で脚本を書いた)ジャーナリスト寺沢有氏は警察を暴力団の癒着を取材していた際、警察に尾行された。裁判を起こすと、警察側は理由を「オウム真理教捜査の一環」と回答し、裁判所も事実と認定したという。「こうしたでっち上げは共謀罪を使えば、一段と容易になる。共謀罪で、最初に目を付けられるのは反権力のジャーナリストなどだろう」

 寺沢氏は共謀罪が市民社会に及ぼす影響を「会社で顔を合わせる同僚すら信用できず、警察の介入を受けると、みんな雪崩を打って保身に走る」と警告する。
 密告のまん延と相互不信の増殖。それが法の名で正当化される。そうした現象は社会が歴史的に培ってきた道理や人情という不文律を破壊する。失われるのは社会や人の「品格」だ。


 「やりたいことはどんな無理をしてでもやる。国民は奴隷と同じ」って思ってるって宣言したのね……。
 うーんとさ、安倍政権や自民党なんかは北朝鮮をすごく非難して嫌ってるよね。でもそれと同じような体制にしたいからこんな法律をつくってるように見えるんだけどさ。
 「俺がやりたい体制を先に作りやがって、ああ羨ましい、キィー!」ってことかいな、と勘ぐっちゃうわぁ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「共謀罪」成立で失ったもの... | トップ | 共謀罪と国会 作家・高村薫... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。