ふうるふうる・たらのあんなことこんなこと

いろんなできごとを面白がってしまおうと思っています。
日常のあれやこれや記事です。

「慈悲」の「悲」 2/2

2017-04-18 16:48:27 | 大地震関連

●「愛」を知らない日本人は「慈悲」に生きればいい
 そもそも僕らは西洋における「love」の訳語である「愛」を正確に理解しないまま、日常語として使ってしまっています。
 僕らは「愛」という言葉を聞くとすぐに「あの人が好きだ」「一緒にいたい!」という、恋い焦がれるような感情をイメージします。こういった「恋愛」には、明らかに相手を所有しようとしたり、相手を自分と同一化し、コントロールしようとしてしまう気持ちが含まれています。
 仏教ではこうした「恋愛」は煩悩であり、捨て去るべき感情と考えられています。なぜこういった感情が否定されるかといえば、こうした「恋愛」には、相手に対する「敬意」が欠けているからです。

 日本人は「愛」という言葉を定義づけないまま、ナルシスティックな感情にまかせて「愛」という言葉を使ってしまっているのです。
 だとすれば僕ら日本人は、自分でもよくわからない「愛」などという言葉にこだわるよりも、(まだまだ理解が十分ではないにしても)自分たちの文化に根づいた「慈悲」を大切に育てるべきではないかと思います。


  なんかね、かなーり納得しました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「慈悲」の「悲」 1/2 | トップ | 「原悲」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。