社労士(社会保険労務士)さんのひとり言

最近、介護の話と食い物の話しか書いていないような気がします。それと前職の関係で薬の話も少し…。シャローシ関係が薄いな…。

無視された。または無視されたと同等になった条件。

2017年07月15日 09時26分18秒 | Weblog
私の出した「母の転院先の条件」。

リハビリができる。
視力を守るため眼科があるか、眼科へ行けること。
家から遠くないこと

出てきた候補が…。
前投稿で写真を載せたW病院。
中央病院からは少し遠くなるけどT病院。


まずT病院からは断られます。

理由が「整形外科医が1人しかいないから、自信が無い。」という話でした。

実は、これが大きな矛盾をはらんでいまして…。

実際に転院先となったN病院には整形外科医は居ないんですよね。

要は整形外科医の有無は、最初から条件に入っていなかったことになります。

(私はリハビリ=整形外科だと思っていました。)


W病院は、うちからは数十分かな。

歩くには少しきつい場所にあります。

私が、何故、この病院を避けたかったかというと…。

入院期間が長い人が多いこと。(最初から病院に介護をさせることには抵抗があった。)

それと母の知り合いがいて、母と折り合いが良くないと聞いていたこと。(実際は、後で母の勘違いであって、その人はI病院に長期入院していることが判明しました。)


最終的にはW病院との交渉の前に、急にN病院が浮上しました。

母の主治医になった医師が電話で交渉したとかで…。半強制的に転院させられたのですが…。

その転院が、私を苦しめることになります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 他の医療機関での診察を嫌が... | トップ | 無視された。または無視され... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。