社労士(社会保険労務士)さんのひとり言

最近、介護の話と食い物の話しか書いていないような気がします。それと前職の関係で薬の話も少し…。シャローシ関係が薄いな…。

医者の子供は医者になる…とは限らない。

2016年12月10日 10時15分16秒 | Weblog
T医院の話を引っ張るんですけど…。

理事長先生と院長の間の世代交代がうまくいった例だな…と。

親子関係=後継ぎでしたから…。

「院長の逝去=閉院」というケースが多いですね。


H先生逝去⇒後をS先生が継続…という例もありますが…。

これは滅多にないですな。

H先生の奥さんが2階に住んでいて1階の医院をS先生に貸す…というパターンでしたが…。

確か貸賃が100万円だったかな。

(そういえばH先生の御子息も20歳を超えているはず。今は、どうされているんだろう?)


医者の息子が事務長で入り、兄弟だか姉妹だかが跡取り…というパターン。

これも意外に多かったです。

私が知っているのは、例えば、長男が銀行員で、妹が医者。妹が医者と結婚して、その旦那が院長…てやつですけど…。

相続はどうしたんだろうね。


院長の娘が薬剤師で薬局長…というパターン。

私が知っている例では…。薬局長が「自分は偉い。」と勘違いしていたな…。

某政治家の有力な後援者の病院だったけど…。

アンタがチヤホヤされるのは院長がいるからなんだがね。

ただの薬局長だったら、そこまで下手に出るやつはいない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 逃げない鳥。 | トップ | 飲み会例会。(平成28年12月1... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。