社労士(社会保険労務士)さんのひとり言

先日、Yさんから「アンタは人望がないから役員にしなかった」と言われました。私は役員になりたいなんて思ったことはないぞww

血糖値との闘い。

2017年06月22日 13時18分12秒 | Weblog
10年前の今日、入院2日目。

主治医が入ってきて「血糖値が高いので驚きました。」と言われました。

そのとき、ヘモグロビンA1cが14を超えていたので、そりゃあ驚くわな…と。


解せなかったのは、食事も満足に摂れない酒も飲めない状況で、何で血糖値が高かったのか…と。

私が糖尿病について「卑しい食生活が原因」と言った薬剤師を未だに許せていないのは、この件があったからです。

(その薬剤師はゲルマニウムの件で講演した人なので、病院の薬剤師とは関係ありません。)


結局、「アクトス」を飲まされたのですが…。後から、この薬を検索して、よく主治医が私に飲ませたよな…と。

アクトスの禁忌に「心不全の患者及び心不全の既往歴のある患者」と記載されてましたからね。

おそらく、入院だったから管理ができるという判断でアクトスを処方したんでしょう。

事実、心臓に影響が出たところで処方は中止。薬剤師が回収に来ましたからね。

血糖値自体はアクトスのお陰でしょうか、順調に下がって行きました。


その後、血糖値は上がったり下がったりを繰り返していまして…。

「テネリア」が処方されたり、メトホルミンが処方されたり…。

今は、メトホルミンが2錠×3/日ですわ。


目ん玉は、1年ごとにチェック。腎臓系統は、49日毎に検尿でチェック。

フットケアはやっていませんけど…。

まあ、血糖値との闘いは10年経っても終わっていませんね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 入院中の人間関係。 | トップ | 痩せたと思っていたら…。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事