うそつき村があったとさ。

村できたえられながら、発見と遊びの日々。

明日はわからない。

2017年05月11日 | 花が咲いたよ。
 


 


ブーンブーンブーンブーンブーン

連休が終わり、団地で草刈りが始まった。このごろ草花を撮っている場所の向かいまで草刈り機が迫ってきた。

チガヤ。子どものころ、ツバナと呼んでいた。

教わってツバナのわかい穂を食べたことがあった。子どもながら、のみこむには水分(=唾=つば)が必要だと感じた。それでツバナという名前なのだろうと思った。

茅、茅萱、白茅・・・チガヤ
茅花・・・チバナ、ツバナ


 


スイバ。ギシギシと呼んでいた。

わかい茎を好んで食べる友達がいた。

名前のとおり、すっばく、これがどうしておいしいのだろうと不思議だった。

雌雄異株。画像は雌株。


 


名前がわからない。

やはり子どものころ、近所のおじさんがキセルにつめて吸っていた刻みタバコに似ているのでタバコグサと勝手に名付けた。

(12日追記、スズメノヤリという名称なり)


 


枯れだしたペンペングサ。

勤め人だったころ、西洋アンティークの好きな上司がいた。

うちの屋根にはペンペングサが生えています、と言っていた。

意味がわからなかったが、いま、30年たってわかった。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« カラスとツバメ | トップ | カメムシ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。