うそつき村があったとさ。

村できたえられながら、発見と遊びの日々。

オニタビラコ

2017年04月18日 | 花が咲いたよ。
 


きのうは仕事の行きも帰りも大雨だった。

明けてきょうはクッキー作りをするのがもったいないような天気となった。帰りに近所をひと回りした。

背の高いオニタビラコが咲いていた。

この花をみると、なまけものは酢昆布の味を脳やら口のなかに思い浮かべる。記憶にないが、食べたことがあるのだろうか。

漢字で書くと鬼田平子、きょう調べて初めて知った。

バックの太い幹はモミジバフウ。


 


昼食のあと外に出ると、もう空はかすんでいた。

ドトールでお茶をしながら新聞の書き写しをはじめた。

なまけものの肩にちょんとソメイヨシノの花がらがついてきていた。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イチョウ、カワヅザクラ | トップ | ゼロの日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。