うそつき村があったとさ。

村できたえられながら、発見と遊びの日々。

クモとトンボ

2017年06月19日 | 大体メモ帳

 

 

 

6月3日の朝日新聞「ひと」にハエトリグモの図鑑を出す須黒達巳さん(28)が登場した。

 

「生け垣などをぴょんぴょん跳ねて、虫を捕食するハエトリグモ。国内では最大でも体長1センチ強で、八つある目のうち正面の二つがくりくりと大きい」

 

わが家のベランダや時には室内でも見かけるクモもハエトリグモの一種だろうか。きょう、ベランダの日陰におらした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事場に着いて自転車置き場に入ると、ハグロトンボが奥のほうで飛んでいた。


迷い込んで困っているようにも見えた。


実際は困っているのではなかったかもしれない。ぐるりと回って明るい方へ移ってからもしばらくコンクリートの床に休んではまた飛んでまた休んだ。

 

へっぽこカメラマンの目の前でもしばらく休み、それから外へ飛んだ。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カルガモ親子 | トップ | ココアの反乱 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。