うそつき村があったとさ。

村できたえられながら、発見と遊びの日々。

カルガモ親子

2017年06月18日 | 団地と周辺

 

 

 

 

 

 

仕事日。志井川沿いに自転車で下った。先日のカルガモ親子(母鳥と子ガモ1羽だった)がいないかと思ったが、姿がなかった。

 

紫川に出て、青嵐橋から可動堰のあいだ、アオサギ1羽、カルガモ1羽。

 

可動堰先周辺では中学生くらいの男の子たちが泳いでいた。

 

太い水道管近くは水が少なかった。ふだんは水をかぶっている井堰の下部を水が流れている。井堰を撮ろうとしたとき、カルガモ親子が流れに泳ぎ出た。母鳥と子ガモ9羽。子ガモはだいぶ成長していた。このあたりでカルガモの親子を見るのは初めてである。

 

太い水道管から北方大橋のあいだ、アオサギ1羽。

 

きょうも雨降らず。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 父の日 | トップ | クモとトンボ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。