北京・胡同窯変

北京。胡同歩きが楽しい。このブログは胡同のあんな事こんな事を拙文と写真で気ままに綴る胡同お散歩日記です。本日も歩きます。

第135回 北京の胡同・オヤジの「三つのお願い」

2017-04-05 11:25:42 | 北京・胡同散策
3年前に胡同会で知り合ったSさんが北京を離れることに。
そこで急遽、ささやかながら送別会を開かせていただきました。

ここしばらく胡同会でSさんのお顔を拝見していなかったので、心配していました。
そんな時、連絡をくれたので送別会を開くことが出来て嬉しかったです。


送別会の場所は后海沿い。お店は屋上から鼓楼や鐘楼、そして后海がよく見える、
こんなところ。





慶雲楼飯荘





食前の二人のイケ女。



テーブルに並べられた料理は次の通りです。











二人があっという間に料理を平らげてしまいました。
食後のお二人。



后海をバックに記念撮影。



Sさんは、心優しく、真面目で、ガンバリ屋さん。
これからは上海か日本でお暮らしになるそうです。

さて、誰言うともなく、「もう一軒!!」

入ったのは、やはり后海沿いの茶芸館。



素敵な玄関、ドア・ノッカー、鳥と鳥かご。







そして、可愛らしい螺旋階段。



この螺旋階段を上ってテラスへ。

やはり眼下に后海が広がっていました。






この店は茶芸館ですが、当日注文したのはカプチーノなど。



さてさて、ここで「三つのお願い」があります。

一つ目:行き先が上海だったら、美味しい小籠包をいっしょに食べたいです。
二つ目:行き先が日本の場合、いっしょにクリームあんみつが食べたいです。
三つ目:たとえどこで暮らそうとも、健康にだけはくれぐれも気を付け、元気
   でね、イケ女!!(★_★)

送別会で食べた料理、美味しかったですか。
オヤジにとっては、何といっても、北京を離れる前に貴女に会えたことが一番
のご馳走でした。

胡同に雪が降るとき、胡同の夜空に月が懸かるとき、胡同に花が咲くとき、
北京の胡同で出会い、胡同を共に歩きし友を懐(おも)います。


で、后海あたりで禁制品を売買してそうなこのオヤジは、いったい誰なの(汗)


  
  にほんブログ村

  にほんブログ村 海外生活ブログへ
  にほんブログ村


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第134回 北京の胡同・オヤジ... | トップ | 第136回 通州・悟仙観(その一... »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL