Husqvarna NorthTokyo ショップ通信

ハスクバーナ東京北からの情報発信Blog☆by RL-YOYO

やっぱり、何か別のオーラを感じる!Husqvarna FE501

2017年09月22日 | ハスクバーナ情報

YOです!

遂に入荷しました!ハスクバーナ最強コンペテションエンデューロマシン!
Husqvarna FE501 2018モデルです!

昨年より大きくモデルチェンジされたハスクバーナオフロードシリーズで、
701シリーズを抜いて、最大排気量を持つFE501。

しかしながら、2017年より採用されたニューボディーによって、軽量が売りであり、
最大の魅力なんです!実際に跨いでみると、250並みの車格と、車重の軽さに
ビックリするはずです!

それもそのはず!FE250の2016年モデルは107.3kg
そして、FE501の2018年モデルは何と!109.3kg!! その差2.0kgなんです!

排気量が倍で、車両重量はほぼ同じ程度!そりゃもう凄い事ですよね(笑)

しかし、そんなFE501ですが、意外と乗り易くて、トルクもたっぷりあって、軽量なので、
クルージングする事がとても快適なんです!いざとなったら怒涛の加速が待っている
のですが、アクセルを開かなければ、とても優しい優等生なんですよね。

もちろんツーリングも大丈夫ですし、ロングツーリングも2017年以降シートスポンジが
とてもしなやかなので、お尻に優しいんです。^_^。
ADVENTUREの様にシート幅が広ければ最高なのですが、その代りに走りは最高です!

ETCを装置くして、ロングツーリング仕様にカスタムなんて如何でしょうか?

実は、この車両は半年前よりオーダーを頂いている車両で、モタードへの変身を遂げます!
かなり完成度の高いモタード仕様になりますので、ご期待下さい!

 

そして、こっちはFE250 2018年モデル!車格が殆ど変わらないですよね!FE501と。
でも、更に105.8kgと軽量で、エンジントルクも使い易く、トラクションの良いエンジンの為、
林道に、アタックに、街乗りにと理想的なオフロードハスクバーナなんです。


少し車高を下げて、足付性を向上させ、セローやCRF250等からのお乗り換えなどに最適な
マシンだと思います。もちろん羊の皮を被った狼的なイメージも充分に残されていますので、
いざとなったら頼もしい相棒になると思いますよ!ローダウン仕様承ります!

 

そして、こちらはイタリアンハスクバーナ!TE450です。その当時のハスクバーナの輸入では
250が主流で、310や450等の大きな排気量のハスクバーナは、受注輸入だったので、
とても台数が少ないんです。SM450Rは比較的多めではあるのですが、TE450は希少なイタリアン!
その程度の良い中古車が入荷しました!最終輸入モデルに近いです。


年式は2010モデルで、2011登録車。距離は2.600kmと少ないです!年式的に7年前となりますが、
まだまだ現役で活躍できますし、パワフルなエンジンの為に、TE450を狙うハスクファンも多いんです。
高速道路でも余裕の走りを見せてくれますし、現行モデルより幅広のシートで更に楽チンです!

価格は車検2年取得と、劣化部品等をお取替えして、乗り出し65.0万円を予定しています!

 赤いヘッドカバーがそそりますよね!

 

 
フィニッシュも綺麗です!

 

新旧揃いました!2台共に今、その時の最強スペックを誇る、頼もしいエンデューロマシンです!

でも!本当はとっても優しいんですよ~!^_^

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Husqvarna TEシリーズにお勧... | トップ | ダンロップ月刊オートバイカ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ハスクバーナ情報」カテゴリの最新記事