ハスキーのイタリア散歩道 ~neo~

神戸から送る…アルベロ料理教室での美味しい日常記&イタリア旅行記

リッカルド・マルッツィの小皿

2014-11-14 | 伊・トスカーナ州(フィレンツェ等)

フィレンツェ郊外の工房・リッカルド・マルティ(Riccardo Marzi)で造られている器達。
トスカーナの大自然を、きゅ~っと器に包み込んいます。
先日、ご質問があり、ふと思い出して、しまっておいた小皿を出してきました。
赤唐辛子が、アクセントになっていて、可愛らしいです♪。
マルティのHPには、他にも素敵な作品がいっぱい見れますよ。

Riccardo Marzi HP →  http://www.marzi.it/


この記事をはてなブックマークに追加

幸運を呼ぶ豚…☆

2011-06-20 | 伊・トスカーナ州(フィレンツェ等)

こちらは、旅行記(2010年)の番外編…☆。

Img150

トスカーナ州のグレーベ・イン・キャンティ(Greve in Chianti)で見つけた絵葉書・「幸運を呼ぶ豚(Maiale di porta fortuna)」です。

アルベロ・イタリア料理教室HPのトップページにも載せてますが、何種類かあり、あまりにも愛らしくて、数枚購入。

こちらの豚さんも、かなり気に入っています(^^)。

 

さて、明日から、北イタリアの旅に出発。

今回は、ミラノから入り、フランスとの国境沿いのアオスタ州へ。 ピエモンテ州も訪れ、ジェノヴァから帰国予定です。

帰国は、7/9(土)。

上記期間中、頂きましたメール、お問い合わせは、帰国後、順次、お返事させて頂きますので、予め、ご了承願います。

 

ハスキーブログも、少しお休み致します。また、北イタリアの旅も、帰ってきてから珍道中(?)を綴っていきますので、こちらも楽しみにしててくださいね。

それでは!行ってまいります!!


この記事をはてなブックマークに追加

夜のドゥオーモ…☆

2011-06-19 | 伊・トスカーナ州(フィレンツェ等)

今日で、6月のレッスンが終了いたしました!

今月も多くの方々にご参加頂き、本当に感謝しております。ありがとうございました。7月のレッスンは、トスカーナ州の夏のお料理をご紹介いたします。

レッスンの空き状況は、明日、アルベロ・イタリア料理教室HPに掲載いたしますので、ご興味のある方は、覗いてみてくださいね。

 

<イタリア旅行記(2010年マルケ&ウンブリア&トスカーナ)no.107:最終回>

旅の最終地・フィレンツェ(Firenze)。美味しい最後の晩餐☆も堪能し、夜のフィレンツェを歩いて帰ります。

Dh000105

夜のドォーモも、やっぱり素敵です…♪。

マルケ州から始まった、今回のイタリアの旅、ウンブリア州、そしてトスカーナ州と、3州を横断。  今回も実りある旅となりました。これで、旅行記も終了。

次回は、明後日から出発する北イタリアの旅をご紹介します。楽しみにしててくださいね…♪。


この記事をはてなブックマークに追加

フィレンツェでの夕食…☆

2011-06-18 | 伊・トスカーナ州(フィレンツェ等)

<イタリア旅行記(2010年マルケ&ウンブリア&トスカーナ)no.106>

フィレンツェ(Firenze)で、この旅、最後の夕食を頂きます。訪れたのは、フェラガモグループ経営のレストラン。ホテルと併設されているので、宿泊することも可能です。

実は、ここの女性シェフに、10年前、お料理を教えて頂く機会があり、そのお料理にすごく感動したのを覚えていて…。ちょっと、奮発をして、食べに行くことにしたのです。

お店に入ると、白を基調としたスタイリッシュな内装で、天井も高く、心地の良い空間。席に案内されて、さっそく、どれも美味しそうなメニューから、お勧めを頂きますDh000112_2

まずは、アペリティブの、リコッタチーズと豚肉の燻製(Ricotta e Maiale affumicato)からスタートです。

優しい味わいで、美味しいです。Dh000111

前菜は、手長エビのカルパッチョ・3種のソース(Carpaccio di Scampi con tre salsa)。

手前から、オレンジソース、ホワイトチョコとオリーブオイル、奥が、あさりのソースです。

こちらも、女性らしい味付けで、なんとも美味!!10年前の感動が、再び♪ですDh000110

パスタは、こちら!

ひめじとトマトのリングパスタ(Pasta rottonda con salsa di triglio e pomodoro)。

うん、美味しい…。Dh000109

メインは、リグーリア料理のひとつ、カッポン・マグロ(Cappun Magro)。

海老と、魚介類のうま味が下の、ジャガイモとパンに染み込んでいます。

すでに、お腹が一杯だったのですが、ここまできたら、デザートまで行っちゃいましょう!Dh000108

桃のセミフレッド(Semifreddo di pesca)です。

最後まで、女性らしく繊細で、美しい盛りつけと味わい。大、大満足です!

シェフにもご挨拶ができましたし、最後の晩餐☆、本当に素晴らしかったです。


この記事をはてなブックマークに追加

フィレンツェ名物・もつ入りパニーノ…☆

2011-06-17 | 伊・トスカーナ州(フィレンツェ等)

<イタリア旅行記(2010年マルケ&ウンブリア&トスカーナ)no,105>

フィレンツェ(Firenze)に来たら、是非、食べたいものがあります。それは、名物のもつ入りパニーノ(Panino con Lampredotto)です。

中央青果市場の横の道にある、この屋台で食べれます。

Dh000118

美味しいもつ煮込みのお店ですが、パンに挟んで食べることができるんですよ。

メニューは、日本語表記もあるので、大丈夫。

早速、注文します!

Dh000119

じゃ~ん、ボリューム満点で、3ユーロです。何時間も煮込んだ“もつ”の味わいが、じゅわ~っとパンにも染み込んで…、美味しいです~(´▽`)~。

店先で、立って食べてもよし、芝生が広がる広場に、座って足を延ばして食べてもよし。沢山購入して、持って帰る方もいらっしゃいました。

こういう“美味しいもの”も、見逃せません。


この記事をはてなブックマークに追加

フィレンツェのドォーモ…☆

2011-06-17 | 伊・トスカーナ州(フィレンツェ等)

<イタリア旅行記(2010年マルケ&ウンブリア&トスカーナ)no.104>

さあ、フィレンツェに到着です♪。

やっぱり、いつも最初に足を運ぶのは、こちら!

Dh000054

ドォーモ(Duomo)です。

何度訪れても、この美しい佇まいに心惹かれ、眺め続けてしまいます。

いつ来ても、この場所に、変わらない姿であるもの。ホッとしますね。


この記事をはてなブックマークに追加

キャンティでの昼食③…☆

2011-06-16 | 伊・トスカーナ州(フィレンツェ等)

<イタリア旅行記(2010年マルケ&ウンブリア&トスカーナ)no.103>

キャンティでの最後の昼食は、街を歩いていて、ちょっと気になるお店で頂くことに…。

白を基調とした店内は、明るく、気持ちの良い空間です。メニューを見ると、大好きなトスカーナ郷土料理が並んでいます。う~ん、迷います!!

でも、やっぱり、これだ!っと、まずは…

Dsc04049

リッボリータ(Ribollita)です。

たっぷりの野菜&豆で、ことこと煮込んだスープに、パンを入れて、再び煮込んだ、まさに家庭料理のひと品。ちょうど、野菜を欲していたので、胃にもやさしいお料理です。

そして、このリッボリータ。めちゃくちゃ、本当に、めちゃくちゃ美味しかったんです!。 食べきれるかな…と思うほどのボリュームだったのに、笑顔で完食…♪。あまりの美味しさに、その旨をお店の方にお伝えしたら、こちらのレストラン。家族経営で、厨房で腕を振るうのは、なんと、おばあちゃまだそうで…。

この、リッボリータは、ご家族でもよく食べられる、おばあちゃまの味。なるほど…と、納得。

Dsc04051

そして、やっぱり、お肉が食べたくて。

牛肉のタリアータ・キャンティ風(Tagliata di Manzo al chianti)。

お肉の焼き加減も抜群☆。キャンティ産赤ワインで作るソースで、美味しく頂きました。

グレーベ・イン・キャンティ(Greve in Chianti)の街の中だけでの滞在でしたが、ワイン&お料理&景色も満喫できました。

さあ、今回の旅の最終地・フィレンツェ(Firenze)に向かいましょう♪。


この記事をはてなブックマークに追加

オリーブオイルの試食…☆

2011-06-16 | 伊・トスカーナ州(フィレンツェ等)

<イタリア旅行記(2010年マルケ&ウンブリア&トスカーナ)no,102>

キャンティ滞在最終日。この日もワインセンターへ…。でも、ワインの試飲じゃありません(笑)。センターの一角にある、オリーブオイルを試食するために足を運びました!

Dsc04027

トスカーナ州もオリーブオイルの名産地。州内の美味しいオイルが、ワイン同様、試食することができます。

有料で、フランスパンのスライスがあるので、一皿購入。パンにつけて、それぞれのオイルの味を味わいました。

オイルも、こうやって、ちょっとずつ試してみると、風味、味、それぞれ違うんですよね。なかなか、これだけ一度に口にする機会は少ないので、とても有意義でした。


この記事をはてなブックマークに追加

ワイン畑…☆

2011-06-14 | 伊・トスカーナ州(フィレンツェ等)

<イタリア旅行記(2010年マルケ&ウンブリア&トスカーナ)no,101>

キャンティの街から少し出ると、ワイン畑が目の前に広がってます。

Dsc04055

Dsc04056

Dsc04058

Dsc04060

う~ん、気持ちいい!!歩いているだけでも、心がスッキリ♪。

自転車で街を行き来する方々も多いです。

レンタサイクルがあれば、活用するのも、ひとつですね。


この記事をはてなブックマークに追加

キャンティの街並…☆

2011-06-14 | 伊・トスカーナ州(フィレンツェ等)

<イタリア旅行記(2010年マルケ&ウンブリア&トスカーナ)no,100>

キャンティの街を歩いてみましょう!

Dsc04066

マッティオティ広場を少し出ると、キャンティのシンボル・黒い鶏(Gallina nera)の像がありました。空に向けて、雄たけびをあげてます!

その後ろには、塔もあり、

Dsc04065

映画館(Cinema Teatro)もあります。

Dsc04048

さすが、ワインの産地。小さいながら、ワイン博物館(Museo di Vino)もあります。

Dsc04083

裏手には、昔使っていた圧搾機なども置いてあり、覗いてみるのも面白いですよ。


この記事をはてなブックマークに追加