Wake Up !

一人のヒーラーさんとの出会いから、私の世界が変わっていきました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

妬み 恨み 嫉み

2016-09-19 17:32:54 | 霊現象

 題を入れていて我ながらゾォ~とし昔欽どこで三つ子の名前を募集した時、「ねたみ そねみ うらみ」という名前が結構あったそうなことを番組で欽ちゃんがぼやいたが、本当にひどい名前だ。結局、「のぞみ かなえ たまえ」になってかわいらしく良かったなと思った事を思い出した。

 土地の因縁が解消された事で、今それに繋がる諸々の事も顕在化して解消されつつある。

ちょうど1週間前にお手洗いの戸を開けると、なぜか床タイルの上に茶色い汚水が溜まっていて、どうして???と思いながら拭いて片づけた。 その翌日は便器の蓋に茶色のシミがあり、室内なので上の階から落ちているのは間違いなかった。

見上げると、天井にはいくつかのシミと、左右の端は茶色く変色しているのに気づいた。

今年の春 熊本の地震の後 風呂場のタイルが浮いているので、幼児が二人いるので万が一の事があると大変なのでパネルに交換した。その時、トイレも節水型に交換して床もバリヤフリーにし、壁もパネルにした。

もしかして、工事ミスで上から汚水が漏れているのではと思い、慌てて業者に連絡を取ると、翌日すぐやって来た。

便器を外してやり直したが全く不備は見当たらないとの事で、翌日今度は上の階の床と、天井を開け配管の点検をすると、上の階の床にあった以前の排水管の処理が悪く、風呂の排水が回って来て結露になったとの事だった。

汚水ではなく、結露で管の錆と言う事で幾分安堵したが、使っていない管を切り風呂の排水を直接流す工事をするという事だった。

しかし、驚いた事に切った排水管の中に泥が3分の2くらいぐっすり詰まっていた。あまりにも妙なので水道屋さんが私たちにその管を持ってきて見せたが、みんな??? それで風呂場のお湯も流れが悪く結露になったみたいだった。

帰られた後で、気づいた。

今の住人が入居してバスタブの排水が良くないといわれ、違う水道屋に見てもらったが全く変わらず、ディノスの高価なパイプクリーナーを買っても効果がなくそのまま忘れていた。その時は以前の住人が母親含めて女の子が4人いた上、乱暴な家の使い方をしていたので、髪の毛がごっそり詰まったのだろうとしか思っていなかったが、これは嫉妬による嫌がらせだった。

 この建物は設計ミスでトイレの排水管の勾配が少ないので、ちょっとした事でトイレが詰まると思っていたが、それまでラバーでパフパフと押しながらエチレンパイプや竹で管を突いていたが、4,5年前に私がスポンジを落としてしまい業者に頼むと高水圧洗浄機を使うと、信じられないことに排水溝から、ドドドッと数十個の大きな石が落ちて来て、唖然とした。

こんな事は工事中に詰まる事を目的として、石を詰め込む悪さをされた以外はないと言われた。それ以来、トイレが詰まる事はなかったが、今回は念の入った事に3階の排水管に泥を入れていた…。開いた口がふさがらない。

建物を建ててもう40年近くなるが、その人は父の親戚になり、嫉妬深い人で工事をしている時、嫌味をされたその後間無しに、倒産して奥さんの実家へ引っ越した。

今年の2月叔父の葬式で視線を感じ、振り返るとその奥さんがじっと見ていた。お二人ともすっかり年を取り風貌の変わった姿になっていた。緑内障で失明し、奥さんは耳が遠く体が弱いということを聞いた。

数年前、そこの長女にも会ったが、まったく人相も性格も変わりおばあさんそっくりになっていて、癌のせいでリンパ浮腫になっていた。

そのおばあさんというのも厄介な人で 昔母はダイニングの椅子の背もたれが突然外れて転び、2,3日後今度は階段から転んだ。幸いけがはなかったが、体調も気分も落ち込んでいると、母の顔を見た近所の祈祷師のおばさんが気づき祓ってもらったが、

「妬けてるのね。親しい人よ。」と、名前は言わなかったが後で気づいた。

妬み 恨み 嫉みなどの感情は必ず自分に返って来ると聞いている。

今回の事は、40年近く経ってはいたが、大事になる前に気づいてよかったと思っている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 酷暑 | トップ | 巣立ち »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

霊現象」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。