Who's The Man? - He is "Daichi Miura".

三浦大知の魅力を発信していきます

今日はTOTAL908

2017-04-16 21:52:05 | 日記
昨日大知くんのライブ見たばかりなのに、昨日のライブをまた見たくなる。

そんな余韻を残しつつ、今日は神奈川県民ホールへ。







アルバムタイトルにもなっている、「嘘と煩悩」を初めて聴いた時から期待大だったけど、新しいアルバムももちろん今までの定番曲を織り交ぜて、あまり詳しくない私でも楽しめる構成になってた。



アルバム曲でいうと、「FRESH MODE」がよかったな。

大知くんのバラードコーナーみたいに座らせて聴かせるパートもあって。

KREVAのしっとり系の曲も好きです。




それから、アンコールでリプレイボックスみたいなのが出てきて(中にはチケットの半券)、KREVAが引いた席の人のリクエストに応えるという企画。


大知くんのジエンタとリプレイのアンコールの掛け合わせのようで、ただ選べる曲が広かったです(featuring曲以外)。


面白いのが、このツアーに集中していたから、他の曲は歌詞を忘れている可能性ありのため、譜面台とiPadが登場。


幸運にも選ばれた人がリクエストしたのは、私もリクエストしようと思っていた「瞬間speechless」
(2010年にVMAJの最優秀ヒップホップビデオ賞を受賞していて、当時から好きだった)


KREVAが用意していた5曲の中に、この曲も入っていて、MV付きで見られました。







単独ライブは初参戦で、しかもリハーサルも見学させてもらいました。

MCも含めて緻密に作り上げられていてさすがKREVAでした。



今年はクレフェス絶対行くぞー!



今日も読んでくださり、ありがとうございます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« AbemaTV 1st ANNIVERSARY LIVE | トップ | ヒットとストップの違い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。