Who's The Man? - He is "Daichi Miura".

三浦大知の魅力を発信していきます

(RE)PLAY in 神奈川

2016-10-29 12:16:15 | 日記
2016年10月3日、夢が一つ叶いました。
超超神席からの観戦、しっかり目に焼き付けてきました。




今回の発見:
①女性ダンサーのギャップ萌え
②前列は香りまで嗅げる特典付き
③衣装の細かい部分(靴底が青いとか)まで凝視
④大知くんは、本当に歌って踊っている、同じくらいの割合で
⑤公演の最後に、出演者で手をつないでお辞儀する所、自分も仲間に入っている感覚になる



①女性ダンサーのギャップ萌え

越谷公演では引き目で見てたので、男性ダンサーに負けず劣らずの力強さや、女性ならではのセクシーさに魅了されていたけど、



今回、近くで顔をはっきり見てみたら、何ともキュート&めっちゃ若くてびっくり。



特に黒髪ショートで、印象的なダンスをする、まるで小春さんのようなダンサーは誰だろうと前回から気になっており、調べました。





KANATAさん、22歳とやはりお若い!
Cry&FightからDMクルー入り、FCイベント東京公演にも出演。
しかも、大知くんのファンだったらしい。
(大知くんを見て育った世代が、バックダンサーをする時代になったんだな、しみじみ)




SHOTAさん情報より↓
http://dews365.com/column/85966.html



しかも、ここ2〜3年のBoAちゃんのバックダンサーも務めていて、私が見に行ったWHO'S BACKツアーにも参加していたそう。
前から縁があったんだな。









②前列は香りまで嗅げる特典付き

特に女性ダンサーが出てくるシーンで、ふわっと香りが飛んできたので、女性ダンサーの香水かなと思いました。


カッコ良く踊れて、かつ良い匂いもするなんて最強過ぎる。





あと、密かに楽しみにしていた大知くんの汗。
4amで、ターンをしながら椅子に座った時に微かに飛んできました。
有難く受け取りました笑。










③衣装の細かい部分(靴底が青いとか)まで凝視

近くで見ると、衣装担当の方の心意気を感じます。
シンプルな白トップスにしても、近くで見ると細かい装飾が施されていて、MCの時はそっちを見るのにも集中しました。


素材とか、丈の長さとか、きっと綿密に計算されているんだろう。
洋服大好きな私はじっくり観察したい。
衣装の展示、またやって欲しい!(タワレコさん頼む)








④大知くんは、本当に歌って踊っている、同じくらいの割合で

目の前に遮るものがなく、極力瞬きもしないで見ていたけど、嘘偽りなく、大知くんは歌って踊っていました。
踊りながらでもCDの歌声と遜色ないから、信じ難くもあるけど、自分の目で事実確認。





それに、すごいのは余裕の表情。
120%の余裕を目標と以前言っていたけれど、着実に実践しています。






ダンサーはどうしても呼吸が激しくなってしまう所があったけど、常に注目の的である大知くんは2時間表情を崩さない、恐るべし。






一体、大知くんはどんな訓練をしているのだろうかと不思議に思うけど、本人曰く、特別なことはしておらず、ライブの体力はライブで鍛えるというスタンス。






ツアーがない時期も、精力的にイベントにも参加しているのは、それもありそう。




2015年にこなしたライブ数63(イベント参加も含む)
※ファンクラブ会報参照







今週水曜日のVMAJの授賞式への参加&パフォーマンス披露が割と直前に決まったのは、(ツアー中もあり)ギリギリまでスケジュールの調整をして、1曲だけでも出ることにしたのかな。







また、しれっとファンクラブからお知らせがあったけど、来月ベトナムで行われるイベントにも出ちゃうから驚き。
(まだ、ツアー中ですけど、次の週は福岡でファイナルですけど、もしかしてこのイベント参加のために、予めこの週空けていた?)





呼ばれれば海を超えてどこまでも飛んで行く大知くん。






ベトナムで三浦大知の名を広める絶好のチャンスでもあるよ。
もうちょっと先の予定だったら、私も金土日で応援に飛んでいたかもしれない。





ちなみに、LCCで航空券を調べてみたら、往復3万円くらいから行けそうだ。(JALで福岡行くのと変わらない)






大知くんが出演するイベントはこちら
http://www.japan-vietnam-festival.jp










話は神奈川に戻りまして、





⑤公演の最後に、出演者で手をつないでお辞儀する所、自分も仲間に入っている感覚になる

これは初めての体験でした。
自分も大知クルーになったような一体感。
大知くんがライブが大好きで、ステージに住みたいと言っていた気持ちが分かったような、分からないような。
とにかく、ライブの時の大知は最高に楽しそうで良い顔している。








ここからは、印象に残った曲などを書いていきます。





まず思い出したのは、MCで噛んでたこと。(いきなり歌ではない感想)

経験を重ねてきて、噛んだ後ゴニョゴニョすることで、噛んだ箇所をうやむやにする技術を身につけたそう。
(気づいたけど、確かにどこを噛んだかはわからなくなるかも)








新曲②手を振る曲
♪全てのことに意味があるというよ〜
という歌詞が、自分の心境にリンクしてハッとしました。






ダンスナンバーの後の、Ascertain
アルバムFEVERに入っているピアノソロ、越谷公演の時はあったかなぁ…







Half Of You
念願の!大知くんにライト当ててもらえました〜






(RE)PLAY
♪遊びココロ〜で、目の周りを指で⭕️を作る振りが可愛い、でも近くじゃないと分からない。






アンコールは、IT'S THE RIGHT TIME
ワンマン以外のライブでも、しょっちゅう歌うから、新鮮味はなかった(ごめん)。
よっぽど、大知くんこの曲に思い入れがあるんだろうな。
女性ダンサーも入れてのダンスバージョンでした。






そして何より、この神奈川公演のおかげで新しい出会いがありました。
大知くんのファンは本当に素晴らしい。







帰り道、駅でダンサーズに遭遇もし、つくづくラッキーな日でした。
KANATAさん、笑顔で応えてくれました、素敵。







今日はこのあたりで。
読んでくださり、ありがとうございました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (RE)PLAY in 越谷 | トップ | (RE)PLAYもいいけど »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。