Who's The Man? - He is "Daichi Miura".

三浦大知の魅力を発信していきます

RISINGPRODUCTION MENS ~ 5月の風 ~②

2017-05-05 22:29:02 | 日記
今日はLeadから。


Leadはデビューの時から知ってるから、あのあどけなさが残る少年から、すっかり大人の青年になって。
(でもキラキラ感はそのまま、いい具合に成長した)

って、えーもう15周年だと⁈
彼ら一体いくつになったのかと思わず調べた。
(伸也は大知くんと同い年の29歳、敬多と輝はその一つ下)




全員がイケメンという稀有なグループであり、あの頃よりも歌に自信が出ていて、かつダンスも激しく難しいものになっていた。



曲調なんかを鑑みると、DA PUMPを継いでいるのはLeadかなと思った。







そして、中学生の時どハマりしたw-inds.
生で見るのはもう15年振りくらい。
(お互い大人になった)



w-inds.の最新アルバムは最近チェックしていたから、生で聴くのを楽しみにしてた。


We Don't Need To Talk Anymoreは、音を余すことなく拾った振りもカッコ良かった、また見たい。



宣材写真を見るとすっかりお洒落アーティストになっちゃったけど(彼らだけトレンチコートの後ろ姿だもんね)

龍一くんの笑顔と(八重歯が可愛い)、涼平くんのちょっと前のめりなリズムの取り方が、変わらなくて嬉しかった。



何よりとりとめのない3人のMCも、なんか懐かしかった。
(本人たちも15年間このままでいいのかずっと悩んでいたらしいけど、結果味が出てきたらしい)






そして、我らが王子大知くんの登場。

もう週3くらいで着ているDarkestの衣装で、もはや制服か。



イントロが知らない感じだったから、もしかしてアルバム曲やるのかと思いきや、(RE)PLAYでスタート。

ダンサーは、これまた週3で会っているだろうと思われる、シンゴメン、PURI、ショータ、ターボー。



そのままmusicへ。
大知くんの中でみんなで歌える曲といえば、今はこの曲なんだね。



MCでは、
「今水飲もうとして、隣の慶太くんの取りそうになりました。間接キスするところでした。ファンの方に怒られちゃう。」
と、自分のファンだけじゃない所でなかなか攻めたトーク。


「次の曲では、ぜひタオルを振ってください。フェスでは色んなアーティストの色んな色のタオルが振られると綺麗なんですよね。持っていない方は、光るものを、もしくは拳を、もしくは気持ちを」



EXICITEからCry&Fightへ。

こう流れで見てくると、大知くんの声量とダンスのしなやかさが分かるな〜。

EXICITEでは、タオルを投げずに、前列にいた女子に手渡ししていたように見えたな。



最後は、Darkest Before Dawn
だいぶ贔屓目で見ちゃいますが、ダンスナンバーあり、こういった聴かせる系もありと幅の広さも大知くんの強み。

今日の公演は、歓声の大きさからすると、大知ファンが一番多かった。
ワンマンと同じくらいホーム感あった。



何度も言うけど、パフォーマンスしたのは全部ここ2年の曲で最近の豊作っぷりを感じる。
(Right NowやI'm On Fireである意味行き着いたのかな、とも思ったけど、まだまだ行きそうだ)







明日で最終回。
今日も読んでくださりありがとうございます。







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« RISINGPRODUCTION MENS ~ 5... | トップ | RISINGPRODUCTION MENS ~ 5... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。