Who's The Man? - He is "Daichi Miura".

三浦大知の魅力を発信していきます

ファンクラブイベント振り返り②

2017-06-13 23:21:42 | 日記
今日は1回目のMCの後から。


「今日は僕に任せて」からの
5曲目「Neon Dive」
腕を振りながら、AIちゃんが「本当はみんなやりたくないかも」と言ってたのを思い出す。
(手を振るのは嫌いじゃない。でもステージもしっかり見たいというジレンマ)



6曲目「Body Kills」
この曲だったかな、説明無しにoh〜で客席にマイク向けられたのは。
みんなで歌う曲が毎年増えるね。



7曲目「Forever&Always」
Neon Diveからのハッピーシリーズの流れで選ばれたのかな。
まさかまた聴けるとは思いませんでした。
ダンサーがPURI&shingoで去年のファンクラブイベントを思い出したよ。



8曲目「SING OUT LOUD」
ピアノの前に座って前奏を弾き始めたけど、なかなかどの曲か分からなくて。
弾き語りのイメージがなかった曲だった。
ツアーの度に新曲を習得して、大知くんは本当にえらい。



9曲目「FEVER」
ピアノの前で今度は立った状態で歌う。
ピアノを弾いていたのかは後で映像で要検証。



2回目のMC
また演台が用意されて大知先生が登場。
順序は忘れちゃったけど、アルバム「HIT」の感想で「聴きやすい」が多くて嬉しかったと。
というのは、今回のテーマで「ちょうどいい」「欲張らない」「もう一つ忘れた」を狙っていたため。



そしてこれに触れないわけにはいかないと、グッズ紹介へ。

Tシャツをスライドで紹介した後、「これだけじゃ分からないと思って」と、突然東京コレクションを始める。


今一番日本で聴かれているであろう「Dirty Work」(大知も使うなんてブルゾンちえみ流石だわ)の音楽に合わせて、ダンサーSHOTAとTabbowが登場。
二人とも背が高いから、本当にランウェイみたいになって。
一枚途中で脱いだら、中にもう一種類着ていて、表情もキメててやはりプロだった。
(笑っちゃいそうだけど)




続きはまた明日。
今日も読んでくださりありがとうございます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一種の不安 | トップ | ファンクラブイベント振り返り③ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。