ゴミ拾いに挑戦してて、休み中だったけど再開しました

いつの間にか浜がゴミの山に。自分自身の健康のためにもゴミ拾いを始めました。引っ越し先から戻ってきてゴミ拾い再開しました。

ゴミ拾いリスタート

2017-06-14 10:24:10 | ゴミ拾い

今更ながら
そして突然ではありますが
とりあえず、浜のゴミ拾い再び始めました。


荒れ放題です。

















まずは、拾いやすいペットボトルから始めます。
一袋でペットボトルだいたい60~65個入ります。






このゴミ袋は町役場の支所でボランティア用のものをもらいました。
ゴミ拾ってきたら役場の支所の一角の置き場に置いておくと処理してくれます。
昔は集めたゴミの置き場がありませんでしたので、楽になりました。


浜のご近所のおじさんに聞いた話ですが、昨年19頭ものイノシシが猟師によって駆除されたそうです。
19頭!!!
道理で以前は獣の気配がしていたはずです。
今は静かになったみたいです。
安心。


ウミガメは上陸する気配はありません。
本当にもう浜の砂がなくなって産卵に適した浜ではなくなっています。

コメント (4)

よしうみバラ公園

2017-06-13 23:55:21 | 伯方島・大三島
5月25日
大三島の隣の隣(大三島→伯方島→大島)の島の大島のバラ園に行ってきました。
よしうみバラ公園です。
入場は無料ですが、手入れも行き届いていてたくさんのバラの花が咲いていました。























よしうみバラ公園
コメント (3)

大三島のオオキンケイギク

2017-06-04 14:23:23 | 伯方島・大三島
大三島
多田羅しまなみ公園





その多田羅しまなみ公園のそばにも
オオキンケイギクがたくさん咲いています。
もう、それは見事と言うべきかなとも思ったりします。

が、オオキンケイギクって平成18年12月に特定外来生物に指定されています。
栽培・運搬・販売・野外に放つ事が禁止されています。
駆除されるべきなのでしょうが
こんなに一面に生えているのではもはや手の施しようが無いと言うか・・・。
今治市も何の関心もない様でオオキンケイギクは繁茂し続けその範囲を広げているみたいです。


オオキンケイギクが入ってくるまではどんな風景だったのでしょうか。














コメント (4)

船折瀬戸

2017-06-04 13:48:26 | 伯方島・大三島

徳島県の県南の海岸では潮の干満と言えば、単に干満でしかありません。
浜が広くなったり狭くなったり
港の水位が上がったり下がったり。


これが鳴門に行くと、狭い鳴門海峡を潮が行き来するというのも何となく分かります。
潮が満ちるときは太平洋から瀬戸内海に
引いていく時は瀬戸内海から太平洋に潮が流れるんだろうなあとイメージします。
(鳴門海峡には実際にはあまり行っていないので分からないので想像)


では瀬戸内海の島々ではどうなるの??
潮はどっちに流れるの??
さっぱり分かりません。


瀬戸内情報局 海の豆辞典から画像借りてきました。
なるほど、こういうふうに流れるのですね。






伯方島の船折瀬戸


地元の散歩中の奥さんが
画面の右から左は満ち潮
左から右は引き潮と教えてくれました。
ああ、びっくり。
ただの潮の満ち引きで、こんな増水した川の様に水の流れがあるなんて。
上の地図で見てもその通りです。

大潮のときとかはもっと激しいのかなぁ。
この日は5月23日火曜日 中潮 
3時40分が干潮で潮位は51cm


撮影時刻は相撲の放送が終わった6時過ぎです。




船折瀬戸
コメント

お遍路 真念道 地蔵峠越え

2017-05-30 00:01:15 | お遍路
4月25日(火)


3月に、足摺岬38番札所金剛福寺から引き返してドライブイン水車から三原村の真念道を通り
地蔵峠経由で有岡駅まで出る予定でした。
が、珍しい事に、連れ合いの足が痛みだして、ドライブイン水車までしか歩けませんでした。
なので、この日はドライブイン水車から出発します。


ドライブイン水車から有岡駅 34698歩 20.8km





お馴染みとなったドライブイン水車
現代の真念庵
と言われている、歩き遍路に恩恵を与えてもらっている場所です。
綺麗なトイレあり、休憩所あり。
ほっと一息つける場所です。


市野瀬バス停でバスを降りると、雨が降っていました。
小降りですが、このあと本格的に降り出します。
どうも足摺方面は雨にたたられる様です。





ドライブイン水車から歩いてすぐに真念道の登り口が





ところで、真念って誰?
何をした人??
あとで調べて分かったのですが、真念は平たく言うと四国遍路のガイドブックを出して
ヒットさせた人って事だと思います。
庶民にも四国遍路が出来るように道標も作ったのですね。



筍があちこちからにょきにょき出てきています。
雨後の筍と言いますが、なるほどその通り。






真念庵
昔は、ここに荷物を置いて足摺岬の先っぽの38番札所金剛福寺に行って戻ってきたらしいです。





藤の花の下を通り、アスファルトの道、県道に戻ります。




まだ三原村ではないらしい。







雨は降る。
あのピンクの木は桜なのだろうか。







こっちの道沿いにも桜が咲いています。
八重紅大島みたい。










鳥小屋のニワトリがこっちを見ている





雨の中、嬉しい屋根付きお遍路休憩所





ここから山道に入ります。




お決まりの杉林の道





山道をおりた所で道を間違えました。
30分以上反対方向に歩いていました。


やっと戻りました。
雨が激しくなってきます。





上長谷集会所の軒下を借りてお弁当を食べました。
ずぶ濡れです。
このまま降り続けば、地蔵峠を行くのは難しいです。
雨の山道は滑って危険でしょう。


けれど休憩している間に雨は止んで・・・・


真念石
真念さんの道標



さあ
どっちに行きますか?
山越えですか?
それとも距離はあるけれど舗装された道を行きますか?







山へ行っちゃうもん。
凄いムボーかも。




意外とすんなり歩ける道で






地蔵峠
え?もう地蔵峠なの??
楽勝かいな?
ここからアスファルトの道と分かれて右手の山道に入って行きます。




今気が付いたけど、上の木が落ちてきそうで危ない~~~






綺麗に整備された道ではないけれど、普通に遍路道
崖っぷちで怖い所あるけれど、今まで普通に登場してきたクラスの山道かな。
しかも下りばっかりだから楽かも。


でも雨が降ってるときは水が出て通れなくなるんだろうなと思われるちいさな谷があちこちにあったかも。
やっぱり無謀だったかも。






陽がさしてきました。
晴れてきました。






小一時間で江ノ村大師堂に着きました。





西ノ谷休憩所
トイレもあります。
有難いです。
ここで雨具を脱いで身軽になりました。
ほっとします。






目的地の有岡駅まではもう少し






有岡駅に着いて
これで高知県は全て歩けた事になりました!!!!
わぁ~~~~い やった~~~      
高知県は広かった~~~~~っっっっ


これからは途切れ途切れの愛媛県をつないで歩いていきます。
愛媛県、今年中に回れるでしょうか。
山奥の札所が残っています。
コメント