北大ボートblog

北大ボート部部員による不定期更新ブログ。

ローイング・マイウェイ?

2017-08-05 11:09:13 | 日記
こんにちは、計11000字のレポート(3本)の締め切りに追われております、漕手1年目の細川です。レポートの作成は計画的に。

さて、明日から夏休みスタンバイが始まります。

僕は、4人乗りのボート、クオードに乗って練習していくのですが…皆さん、先日のブログで謎の画像が張られていたのを覚えているでしょうか。再掲します。


「ローイングマイウェイ」

そう、我がボート部1年における問題児 不思議くん(まあ、他にも不思議くんはたくさんいるんですが…)野田(1)のブログに何の脈絡もなくあらわれたこの画像‼

正体は私であります。見苦しい画像、失礼いたしました。

今日の話題は、この画像の一言、「rowing my way (我が道を漕ぐ)」についてです。

これまでも、僕は舵手付きクオードにのって練習していました。最初、僕は3番(前から2番目)で漕いでいたのですが、整調(先頭)に合わせられず、二回目の練習からは整調へ。しかし、ここでもいまいち漕ぎが合わない。原因は、僕が「rowing my way」だから。

整調適正0 その他適正マイナス

整調は、艇上の「独裁者」とよく聞きます。他のクルー(漕手)の漕ぎを決める存在だから。だけど自分の思うように漕ぐのが正しいわけじゃなくて、みんなが合わせやすい漕ぎ(our way)を追求していかなくてはならない。コックスの淳英さん(3)からたびたび艇上で言われることです。

認められる独裁者にならないといけない。

正直、クルーボートはシングル以上にうまくいかないことが多く、ストレスが溜まります。自分はどちらかというとシングルのほうが今のところ好きかもしれません。だけど、やっぱりクオードは艇速が出る。先日、上級生のクオードに少しだけ乗せていただいたときに強く実感しました。

「rowing my way」を確立して「rowing our way」を目指す。これがこの夏の課題の一つになりそうです。いや、この課題はこの先ずーっと漕手に付きまとう課題かもしれません。

あと、整調は確かに難しい。でもとても誇らしい役割であると思っています。2番、3番もできるようになりたい。ならなきゃいけない。でも、

絶対的整調を目指したい。

そのために艇上でも、それ以外でも(人間としても)まだまだ成長していかなければいけません。

夏休みスタンバイ頑張っていきたいと思います。OBさん方にもたくさん顔を出していただき、お話しきかせていただけると嬉しいです。

しかし!僕の手元にはまだ大量のレポート課題がああああああぁぁぁぁぁ

レポートもなんとかします。それでは。

No guts, no glory!!



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ST第一陣!! | トップ | 頑張ります »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。