北大ボートblog

北大ボート部部員による不定期更新ブログ。

12月になりました

2016-12-02 23:49:20 | 日記
こんばんは。
北大漕艇部三年目の渡邊です。

早いもので12月になりました。
雪も積もってしまい、自転車は完全にしばらくは使えそうに有りません。

12月といえば、マシンローイング選手権が開催されます。

残り三週間ほどですが、できる限りのことをしたいです。

特に今年はインフルエンザが猛威を振るうんだかもう振るっているとかなんとか聞きました。

皆さんも手洗いうがいを徹底していきましょう。
それではお休みなさい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

My soul food

2016-12-01 20:18:07 | 日記
こんにちは!かなり久しぶりの登場になります一年目教育学部の寺田です。

九月に腰を痛めてかれこれ三ヶ月…大分よくはなっているもののエルゴでのトレーニングがまだできない私。
今日は副監督の大熊さんにストレッチを教えていただいた後バイクでUTを行いました。最近は割とバイクばっかやってます。
(写真は大熊さんと一緒に1min on 1min off×10をする下畑(1))


自分でエルゴ漕いでいるとほんと辛いのに他人が漕いでいるのを見ると「あ~漕ぎてぇ~!」ってなるから不思議なものですね。
早いとこ腰を治して今後怪我しないようにしっかりストレッチしていきたいと思います!

さて、ボートに全く関係のない話になりますが私の出身地である富山県の名産品に「ますのすし」と言うものがあります。

昨日Yahoo!のトップ画面のニュースのところにこの「ますのすし」の画像があることに気付き何の記事なのだろうと思って見てみたところ近畿大学がサクラマスの完全養殖に初めて成功したため、長い間漁獲量の減少から幻の一品となっていた富山県産のサクラマスを使用した本来の「ますのすし」を復活させることに成功したとか。(該当記事 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161130-00000069-mbsnews-bus_all)

私は幼いころから「ますのすし」が大好きでおやつやご飯としてしょっちゅう親や祖父母に買ってもらい食べておりましたが、富山県産のサクラマスを使ったものではないことを恥ずかしながらこの記事で初めて知りました。残念ながら販売されるのは地元ではなく阪急百貨店のうめだ本店でかなり短い期間での限定販売になるそうですが、私もいつか真の「ますのすし」を食べて故郷の味を知りたいと思います。

富山の味に触れる機会を多くの方に与えてくださった近畿大学の研究に携わった方々本当にありがとうございます!
「ますのすし」とってもおいしいので皆さんも機会があれば是非食べてみてください!

ただのPRになってしまいましたがこれで終わります。失礼しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やりたいこと

2016-11-30 20:59:16 | 日記
こんにちは、2年目山谷です。

そろそろ乗艇しなくなってから1ヶ月がたちます。
体を動かすのは好きなのでトレセンでのトレーニングもいいんですが、やっぱりボート漕ぎたいですね…

今日はボートじゃなくて学校の話をしようかと思います。
冬練に入って使える時間も増えたのでそろそろちゃんと学校の勉強をしたいなーっと思っています。
練習後、授業に行くとちゃんと聞きたいのに気づいたらねてるんですよね(泣

授業で寝てはしまうものの、2年生になってからの専門科目っておもしろいんですよね^ ^
私は畜産を勉強しているんですが、最近は実際にバターやチーズをつくる実習があって楽しかったです。

↑北大産のバター

自分の所属する畜産科学科は北大ならではで、いろいろな貴重な体験をさせてもらえるのでありがたいです。鶏や豚を自分たちで育てたり、羊や牛の管理をしたり…と。最近は解剖とか実験も


座学も栄養学、組織学や食肉の話とかも学ぶんですが、ボートしてたり運動してたりする中で役立ちそうな知識とかもあっておもしろいなーって思ってます。

今日習って、へーって思ったのは

・卵を生で食べるとタンパク質が分解されず吸収もされないので、ちゃんと吸収したかったら加熱しないといけない
・ポリフェノールはテレビとかでは”健康に良い”みたいに言われているけれど、全然そんなことなくて消化吸収を阻害する栄養学的には良いものではない

ってことですね

最近、いろんなことを調べて知るのが楽しいのでボートのこともいろいろ調べて楽しみながらがんばりたいです!

それでは
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミーティング!

2016-11-29 00:04:33 | 日記
こんばんは。
3年目主務の岩田です。

今日は、北大ボート部全体で、監督を含め、ミーティングを行いました。


(発表する村椿(2))

(同じく寺田(1))
各自、納艇前の目標の達成度を発表し、この冬練の目標を共有しました。

1年生も2年生もしっかり自分を分析できていて、とても感心しました。
みんなえらい!(偉そうな先輩は無視してください。)

3年生として、私ももっとしっかりしないとなと思いました!3年生同期とも協力して、北大ボート部全員が主体的に取り組んで行きたいです。

そんな私は、実は冬練は漕手として復帰しています。まだまだ、2年生の秋まで漕いでいた時には戻っていませんが、自分ができることを頑張って行きたいと思います。

やっぱり、運動後に食べるご飯のが何もしてない後に食べるご飯よりおいしい!
というのが最近の私の幸せです(^^)


そういえば、この間、テレビで帯広北高校のチア部の話がやっていて、そこの監督が、「練習を参加型にするな」と叫んでました。
例えば、練習中「笑顔でいきましょう」といって声をかけても声だけで、誰も笑顔でやってなかったら、それは結局誰かが笑顔でやってくれる、誰かがそのことをまた言ってくれると、あきらかに他人任せになっている。
一人一人、よくしたいと思って主体的に動くことは本当に大切だなとしみじみ見ながら思いました。


部活の色はそれぞれですが、いいところはどんどん取り入れたいです。


それでは!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Head of the Seta

2016-11-27 21:21:47 | 日記
こんばんは。

先ほど札幌に帰ってきました、3年目漕手の杉田です。

26・27日に行われましたHead of the Setaに参加してきました!

ざっくりとレースの状況を振り返ります!!

まず一日目。

穏やかな天気の中、シングルスカルで杉田(3)・渡邊(3)・龍田(3)が出漕しました。



龍田



渡邊



杉田

前回の龍田のブログにもありましたが、橋脚が5か所ほど、コースが大きくカーブするところが3か所ほどあり、ステアリングに難航しました。
ただ、コースの途中で応援してくれる観客や、「逆走するよ!気をつけて!」と陸から声をかけてくれる人が多く、茨戸でのヘッドレースとはあまりないような、周りの人々の優しさを感じました。
前から速いクルーが迫ってくる焦り、遅いクルーを抜かす気持ちよさなど、色々なことを思いながらのレースでした。
また、前年度主将の竹中さんが応援に駆けつけて下さいました!
差し入れと様々な手伝いをして下さり、本当に助かりました。
ごっつぁんです!!

その日の晩に、ヘッド参加団体による懇親会が行われ、今回参加していた武田大作選手や海外で結果を残した選手たちの講演会がありました。
どういったことを考えながら世界選手権を戦っていたかなど、参考になる話が多く、充実した懇親会でした。
あまり海外の選手と個人的に交流しに行けなかったのが唯一悔まれるところで、積極的に英語で話しかけに行く京大の皆さんが羨ましく感じました。
英語を学習と、引け目を感じずに話しに行く勇気が大切だと痛感しました。

そして二日目。

あいにくの雨。
茨戸で漕いでおられる、瀬田漕艇俱楽部の青地さんの紹介で、滋賀大学経済学部3回生の村上くんとダブルを組みレースに臨みました。
村上がストロークだったのですが、レートに関わらず一定のリズムで漕ぎ続けてくれたので、とても合わせやすかったです。
2日目ということもあり、航路でのロスが比較的少なく漕げたと思います。



ゴール直後の2×

滋賀大経済の中ではエイトの7番を漕いでいるようで、来年のインカレに向けてお互い頑張ろうと言って別れました。
今日は本当にありがとう。



ざっくりレースのことを中心に書いてきましたが、
ヘッド期間中お世話になり、分からない部分を沢山サポートして下さった杉藤ヘッドコーチならびに京都大学漕艇部の皆様
本当にありがとうございました。
参加漕手一同、厚く御礼申し上げます。



それでは、失礼します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加