どきどき・どん!

小学生の親子の日常です。
人生を楽しめる子供になって欲しいです。
読み逃げ大歓迎!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

私の変化

2007年11月14日 | 私の思い
どんぐり倶楽部に出会って、一番救われたのは、私かもしれない。

4月のまま、大量・高速・反復学習をやらせていたら?

きっと、毎日ピリピリしていただろう。
    宿題・音読・塾のプリント・漢字検定の準備に追われていただろう。
    うちの子は、なんてとろくて、根気がなくて、幼稚なのかと、会う人会う人に触れ回っていただろう。
    よその子が、なんて出来が良くて、しっかりしているのかと思っていただろう。
    もちろん、勉強禁止デーなんて、ないだろう。

それが今は、変な宿題は、お母さんに貸しなさい。
      おやつ食べたら、外でよーく遊びなさい。
      ガンプラ?ヤスリがいるらしいよ。

どんぐり倶楽部のカコログをやっと一回読めた。

そうすると、わからん帳に、 ハート付で「宝物」と自然に書きこめた。
命令することが減った。
無理させれなくなった。
楽しい時間を、意識してつくれるようになって来た。

やっと、本当に子供を受け入れることが、できはじめたのかもしれない。

すると、子供も変化した。
「学校、休みたい」はまだ出てくる。
が、その後に、「やっぱり遊びたいから、行く!」がついてくる。

学校の勉強なんて、大した事ないんだよ。
つまらない学校を、どれだけ工夫して楽しく過ごすか。
その経験が、その後の人生で役に立つんだよ。

すごいぞ、どんぐり倶楽部。さすがだ、糸山氏。

主人は、自動宿題しますマシーンに反対ですが。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大量の勉強漬けの後遺症 | トップ | 今日は遅刻のきい »
最近の画像もっと見る

あわせて読む