帰ってきたフライング・野郎!!!

Willkommen zu meinem blog!
Benvenuto al mio blog!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

蠍団。

2009年08月18日 | 音楽
私がScorpionsを初めて聞いたのは、父の車の中で父がRock you like a hurricaneを流したときだった。
父に、

「何この曲?」

と聞いてみると、

「スコーピオンズ。ヘヴィメタルだ。」

と返事が返ってきた。
私は、嬉しくなった。
身近に同じ趣味の人間がいたなんて気づかなかった。
スコーピオンズを通して私はマイケル・シェンカーについて知り、今に至る。
父のおかげですばらしいバンド、人を発見できたことに感謝、感謝。
最近のスコーピオンズはYoutubeで見る限り元気でやってるみたい。
相変わらずクラウスはハゲ・・・帽子が似合っている。
いつ聞いても最高な声です。感動モノ。ホンモノ見たら泣いちゃう。多分。
ルドルフは相変わらずエネルギッシュ。え、60歳!?恐れ入ります。
(友人にルドルフのサングラス着用の写真見せて、この人何歳だと思う?って聞いたら30歳ぐらいって答えました)
うーん、マティアス・・・




ところで、スコーピオンズの日本公演っていつになるんでしょう?
また日本に来て、荒城の月を歌ってほしいです。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  | トップ | アーライ神、カイ・ハンセン »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
遅くなりましてすみません (ドイツ特派員)
2009-08-21 07:46:26
トラックバック有難うございます。そうか、オヤジさんが聞かせたんですか。うちの下の子供(中一)と一緒ですね。今やドリームシアターに夢中。

スコーピオンズはさしずめ爺さん、って感じですかね。
いえいえ^^ (Hunter51)
2009-08-21 12:01:50
そうですよね。もうみんな60近いですもんね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL