Hunter the ExerciseRider in LA

アメリカLAで競走馬に乗る仕事をしています。
調教だけなので騎手ではありません。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

禁止薬物

2006年07月01日 | News
メジャーリーグなどのスポーツ選手たちだけでなく、
競馬の世界にも禁止薬物が存在します。

しかも国や地域によってそれは違います。
アメリカでも州によって違うので、例えば
隣の州で走らせるときにはこの薬を与えてはならない、
といったことなどよくあります。
しかもアメリカの場合はこれがなかなか曖昧で
見えないところで隠れてなにかやってるのかもしれません。
当然、投与されたほうが有利になりますから。

ここではよく、暴れて手がつけられないような危険な馬は
飲ませるタイプの鎮静剤、通称Ace、などが与えられます。
1時間くらいしたらだんだん馬が眠くなり落ち着いてきます。
そしてその馬に乗りトラックで運動させたりします。
しかしこれはレースの4日前から使用不可になります。
検査でポジティブになるからです。
で、レースが近い危ない馬はどうするかというと
ウォッカやワインなどを飲ませるわけです。
そして酔わせたところを乗るわけです。

DubaiWorldCupで2着に入ったBrassHat、
なんとレース後の検査で禁止薬物のAnti-InflammatorySteroidが
ポジティブになり、失格処分に!!
不服として裁判を起こしましたが通らず
賞金の1.2Millionも返却され、そして罰金5,400ドル。
今までの競馬史の中で一番大きい失格処分だ。
・・・これは痛すぎるね。(/≧◇≦\)
BrassHat
彼らの言い分は
28日前にそれを与えた。ガイドラインには23日前なら大丈夫とあった。
しかしまだ馬の体内にそれが残っていたので
ポジティブになったということだ。
ま、本当かどうか知らないけどね。


しかしこんなに薬が氾濫してたら
日本馬が海外で活躍できないのも無理はないかも。
とくにアメリカのダートなんかは非常に難しいでしょう。

アメリカではほとんどすべての馬がレースのまえに
Lasix(レイシックス)という薬が与えられる。
これは肺出血を抑える働きがあると言われている。
ヨーロッパから来た馬がアメリカで走るときもこれは使われる。
しかし去年シーザリオはLasixなしで圧勝。
すばらしい!
もしLasixを使ったら、その反動や次のレースへの影響もあるだろうし。
ま、強い馬は薬なんて必要ないのかもね。

アメリカの馬が日本で走ったときに結果が出ないのは
こういう薬の事情があるのかもしれない。

今週の土日にHollywoodParkで走る日本馬2頭もLasixなしだろうか。

あ、ダンスインザムードのレースではうちの厩舎からも1頭出ます。
HollywoodStory
体調は良さそうですが、このところのレース成績が良くないです。
どっちを応援したら良いものか・・・
NTRA
コメント (13)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

Barbaro

2006年05月27日 | News
アメリカの3冠レースの2冠目PreaknessStakesが先週の土曜日にあった。
このレースの注目馬はBarbaro。
1冠目のKentuckyDerbyを圧勝し、何十年ぶりかの3冠馬なるか、
と期待されていた。
NTRA PreaknessStakes
(↑Video見れます)
しかしスタートしてまもなく競走を中止した。
右後脚のAnkleの上下、3つの箇所を骨折。



これは内側だろうか、骨が大きく縦に割れてます。破片もあります。
かなりの重症です。

このレースを見て、
あんなかたちで馬が止まって
そして救急車で運ばれていったとき、
私は安楽死になってしまうと思いました。
いや、普通はそうなるでしょう。
馬は重い。そして寝たきりにはなれない。
ここまでひどいとどっちみち助からない。
苦しみながら死ぬよりは安楽死にさせたほうがいい。


しかし彼らは手術を選び、成功し、今のところ順調にいっている。
騎手のEdgarPradoは異常を感じたら
すぐに馬が走るのを止めさせ、降りて、落ち着かせた。
関係者も馬を落ち着かせ、慎重に救急車に乗せ、病院に送った。
そしてアメリカの進んだ技術。
なによりBarbaroの精神力が
良い方向に向かわせているのだろう。
MSN Barbaro
↑このページの真ん中くらいのFreeVideo
騎手のEdgarPradoとか出演してたけど
見てたら泣きそうになってきた。

手術はレースの翌日6時間ほど行われた。
離れていた骨をこのScrewsでくっつけたのがわかる。



埋め込まれたScrewsの数、27本。




アメリカは馬の義足などの技術もあるらしく
医療技術はどこの国よりも進んでいるらしい。

もうBarbaroは走ることはないけど
どうかこのまま順調にいって欲しい。

UPENN BarbaroPhotos
UPENN Barbaro
NTRA Barbaro
コメント (1)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

PreaknessStakes

2006年05月22日 | News
Oh- my god!!

Barbaroが3冠中2冠目プリークネス・ステークスの
1周目グランドスタンドの目の前で骨折発生!

こーれは馬もかわいそうだし、
ファンも落ち込むし
何より関係者の方たちが・・・。


骨折は右後脚のAnkleの上下ということらしい。
リプレイを注意深く見てみたが、
窮屈な場所にいたが他の馬とは接触していない。
自分で脚を滑らせたのだろう。

この馬、スタートではゲートが開く前にゲートを突き破り
1頭だけ走っていってしまうというハプニングがあった。
そして無事にゲートに戻り、再スタートを切った。
でもこれは関係ないだろう。

この世代では3冠の可能性も高かっただけに・・・

良かったことは安楽死の処置が取られなかったことだ。
手術をするらしい。
どうか、上手くいってほしい。
どちらにしろ彼のレースキャリアは終わりだ。

この3歳限定の3冠レースは本当にタフで
体や精神、それになんといっても脚に負担がかかる。
2週間前のKentuckyDerbyで負けた有力馬は
数週間先の最後の3冠BelmontStakesまで力を温存するのが普通だ。


勝ったBernardiniはBrotherDereckの次に怖いと思った馬だ。
わずか3戦して2勝。
こういう経験が少ない馬が実は怖い。
どれほどの能力を秘めてるのか分からないから。
BrotherDereckはスタート失敗して、Barbaroの件にも巻き込まれ、
自分のレースができなかったのだろう。

今年もアメリカ3冠馬は誕生しなかった。
Bernardini
Barbaro
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

KentuckyDerby

2006年05月08日 | Racing
アメリカのホースマンの誰の夢でもあるKentuckyDerbyが行われました。
アメリカで一番大きい、重要な、そして伝統あるレースでしょう。

KentuckyDerby NTRA

勝ったのはBarbaro。
レース展開がぴったりとはまったということもありますが
完璧な圧勝でした。
EdgarPrado騎手はスティックを入れませんでした。
こいつは強い。まだ無敗です。
これで1冠を手に入れたので残る2冠も楽しみでしょう。
ただレース後に少し歩様が乱れてたように見えたのは私だけでしょうか?
アメリカでは約1ヶ月のうちに3冠をやります。
それはタフなレースです。
脚に負担がかかると怪我する可能性も高くなります。
無事に走って欲しいです。

2着と3着は人気がない馬。
これにより3連単は5000倍。

人気のあったBrotherDerekは4着同着。
思い切って先頭に立ったほうが良かったのではないか。
18番ということもあり内に入れず、かなり外を周っていた。
でも最初の1/4Mileが22.6 HalfMile46.0
3/4Mile通過時のタイムが1:10.8。
これでは先頭に立つ勇気はないか。

そして1・1/4Mileのタイム2:01.36。

うちの厩舎のA.P.Warriorは18着。
こいつの応援馬券しか買わなかったが、
まあ終わってみればこんなもんだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

A.P.Warrior

2006年05月06日 | News
うちの厩舎からA.P.WarriorがKentuckyDerbyに向けて、月曜日に発ちました。
ちょっと苦しいレースになりそうですが、去年の50倍のGiacomoみたいなこともあります。
期待しますかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加