縄文の風

「北黄金貝塚公園」を中心に
噴火湾沿岸の遺跡情報を発信します。
個人情報と活用に配慮します。

タンポポ園だ

2017年05月17日 | 北黄金貝塚公園

晴れ間がン除いたので、北黄金貝塚に行ってみた。ここに、毎日のように来ている人がいるそうだ。朝早くに来ているという。何を観察かというと「エゾリス」のようだ。親子で5匹がいるというが、2匹までは見たが5匹はいまだにいていない。

 

丘は桜が咲いて、小川では「クレソン」が大きくなっていた。近所の人だが摘んでいるので話しかけた。縄文時代には、「クレソン」はなかったので全部でもよいので摘んでくださいと言っておいた。

 

それに、タンポポが牧草畑に変わって増えてきた。

また、これもきれいだろうと思ったが、外来種の「西洋タンポポ」であった。草刈りをするんで牧草は刈り取られるが、代わりに「タンポポ」の世界になっていったのだろう。

明日は、学校の団体が予約されている。「エゾリス」は見られるかな。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春の景色なる | トップ | 黄金小学校が縄文の学習に来る »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。