縄文の風

「北黄金貝塚公園」を中心に
噴火湾沿岸の遺跡情報を発信します。
個人情報と活用に配慮します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

タンポポ園だ

2017年05月17日 | 北黄金貝塚公園

晴れ間がン除いたので、北黄金貝塚に行ってみた。ここに、毎日のように来ている人がいるそうだ。朝早くに来ているという。何を観察かというと「エゾリス」のようだ。親子で5匹がいるというが、2匹までは見たが5匹はいまだにいていない。

 

丘は桜が咲いて、小川では「クレソン」が大きくなっていた。近所の人だが摘んでいるので話しかけた。縄文時代には、「クレソン」はなかったので全部でもよいので摘んでくださいと言っておいた。

 

それに、タンポポが牧草畑に変わって増えてきた。

また、これもきれいだろうと思ったが、外来種の「西洋タンポポ」であった。草刈りをするんで牧草は刈り取られるが、代わりに「タンポポ」の世界になっていったのだろう。

明日は、学校の団体が予約されている。「エゾリス」は見られるかな。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春の景色なる | トップ | 黄金小学校が縄文の学習に来る »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

北黄金貝塚公園」カテゴリの最新記事